ITアーキテクトとは?仕事内容や年収、目指す方法について徹底解説

ITアーキテクトとは、企業のビジネス戦略にそって最適なシステムの企画から設計、導入や運用までを主導するエキスパートです。

クラウド・ビッグデータ・AIなどの最先端技術が市場拡大傾向にあり、これらの技術がビジネスの成長と直結しているため、ITアーキテクトの需要が拡大しています。

この記事では、ITアーキテクトの役割からはじまり、魅力や大変さ、年収や将来性などを現役のプロジェクトマネージャーが詳しく解説します。

  • 【この記事を読んでわかること】
  • ITアーキテクトとは、経営視点で顧客のビジネスモデルや要望に合わせて技術課題を解決するITシステムの設計図を作り、システム開発をリードすることでプロジェクトを成功に導く人である。
  • ITアーキテクトという職種には、やりがいや魅力に感じられるところ、大変だと感じるところがある。
  • ITアーキテクトは高年収の職種で、ITアーキテクトになるためのルート(キャリアパス)がいくつかある。
  • DXの広がりによりITアーキテクトの需要や将来性が高いことから就職・転職することをおすすめしたい。

自身の「ITアーキテクトの適性」「転職候補になり得る企業」「転職後の年収相場」に興味がある人は、弊社エイジレスにご相談ください。
丁寧にキャリアカウンセリングを行い、IT転職市場の最新動向を踏まえて具体的なアドバイスを提供します。

CTACTA

しーそー

<メインKW> ITアーキテクト <サブKW> ITアーキテクトとは <サジェストKW> <検索意図(仮説)> ITアーキテクトとは何かを知りたい ITアーキテクトの仕事内容を知りたい ITアーキテクトに必要なスキルを知りたい ITアーキテクトに役立つ資格を知りたい ITアーキテクトになる方法を知りたい ITアーキテクトのキャリアパスを知りたい <ペルソナ> ①ITアーキテクトへのキャリアアップや転職を目指しているエンジニア  エンジニアとして十分な経験を積み、アーキテクト職へのキャリアアップを模索中  ITアーキテクトの仕事内容や年収相場、必要なスキル、資格などを知りたい ②企業のIT部門の責任者  企業のIT戦略を具現化するためのIT人材として、ITアーキテクトの採用や育成を考えている  ITアーキテクトとは何か、役割、仕事内容などを知りたい ※エイジレスの記事としてのメインターゲットは① <最低文字数> 10,500

ITアーキテクトとは

しーそー

文字数:1,700〜1,900 ITアーキテクトとは何かについて、下記のような見出し3を設定して、わかりやすく解説願います。 ITアーキテクトの3つの専門分野については、下記のIPAの資料を参考にしてください。 参考:https://www.ipa.go.jp/jinzai/skill-standard/plus-it-ui/itss/ps6vr70000004x60-att/000024927.pdf#page=3 ITアーキテクトとシステムアーキテクトの違いは、ITアーキテクトは組織のシステム全体の設計、システムアーキテクトは個別システムの全体設計という趣旨でまとめてください。 見出し例  ITアーキテクトの3つの専門分野   アプリケーションアーキテクチャ   インテグレーションアーキテクチャ   インフラストラクチャアーキテクチャ  ITアーキテクトとシステムアーキテクトの違い ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

ITアーキテクトとは、経営視点で顧客のビジネスモデルや要望に合わせて技術課題を解決するITシステムの設計図を作り、システム開発をリードすることでプロジェクトを成功に導く人です。

プロジェクトに在籍する多くのITエンジニアをマネジメントする上級職であるため、幅広い専門的知識と高いスキルだけでなくコミュニケーション力も必要とされており、多くの企業から非常に需要の高い職種と言えます。

それでは、ITアーキテクトについて以下の項目に沿ってさらに深堀していきましょう。

  • ITアーキテクトの3つの専門分野
  • ITアーキテクトとシステムアーキテクトの違い

ITアーキテクトの3つの専門分野

ITアーキテクトは、以下の大きく3つの専門分野に分類されます。

  • アプリケーションアーキテクチャ
  • インテグレーションアーキテクチャ
  • インフラストラクチャアーキテクチャ

それぞれ解説します。

アプリケーションアーキテクチャ

アプリケーションアーキテクチャは、顧客のビジネスニーズやITの技術課題を分析し、機能要件として定義する役割があります。また、機能属性と仕様を明確にし、アプリケーションのアーキテクチャ(アプリケーションのコンポーネント構造、論理データ構造など)を設計することも役割のうちの一つです。

そして最後に、設計したアーキテクチャがビジネスニーズやITの技術課題を解決するソリューションであることを精査した上で、以降のシステム開発と導入が可能であることを確認します。

インテグレーションアーキテクチャ

インテグレーションアーキテクチャは、ITシステム全体最適の観点から企業間のITシステムの統合と連携に関する要件を分析し、システムの構造や設計を担う役割です。

ITシステムの統合と連携に関する要件定義を行い、インテグレーションアーキテクチャ(フレームワーク構造およびインタオペラビリティ)を設計します。

そして最後に、設計したアーキテクチャが統合と連携に関する要件を満たすことを精査するとともに、以降のシステム開発と導入が可能であることを確認します。

なお、ITシステムの統合にはデータ消失や情報漏洩などのセキュリティリスクがあるため、安全性の高いシステムを構築するには専門的知識と高いスキルを持ったITアーキテクトが必要です。

インフラストラクチャアーキテクチャ

インフラストラクチャアーキテクチャは、顧客のビジネスニーズやITの技術課題を分析し、システム基盤要件として定義する役割があります。

また、システム属性や仕様を明確にして、インフラストラクチャアーキテクチャ(システムマネジメント、セキュリティ、ネットワーク、プラットフォームなど)を設計することも役割のうちの一つです。

そして最後に、設計したアーキテクチャがビジネスニーズやITの技術課題を解決するソリューションであることを精査した上で、以降のシステム開発と導入が可能であることを確認します。

以上、ITアーキテクトの3つの専門分野について解説しました。

次に、ITアーキテクトのほかにシステムアーキテクトという言葉も耳にしますが、その違いについて詳しく解説します。

ITアーキテクトとシステムアーキテクトの違い

ITアーキテクトと類似職種として『システムアーキテクト』の名前をよく耳にしますが、自社企業や顧客のビジネスニーズやITの技術課題を解決するソリューションのシステム設計・開発を行うと言う共通点はあります。

一方で、ITアーキテクトが顧客の経営やビジネス、つまり組織のシステム全体の設計に着目するのに対して、システムアーキテクトは個別システムの全体設計に着目するという点に違いがあります。

これまで、ITアーキテクトとは何かについて、詳しく解説しました。

次に、ITアーキテクトのおもな仕事内容について見ていきましょう。

ITアーキテクトのおもな仕事内容

しーそー

文字数:900〜1,200 ITアーキテクトの仕事内容について、下記のような見出し3を3〜4つ設定して解説願います。 見出し例  ビジネス戦略を実現するITアーキテクチャ設計  ソリューションの実現可能性の確認や明確化  技術的なリスクの事前評価  実装局面での課題整理・分析やソリューション設計 ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

ITアーキテクトの仕事内容について、大きく以下の4つが挙げられます。

  • ビジネス戦略を実現するITアーキテクチャ設計
  • ソリューションの実現可能性の確認や明確化
  • 技術的なリスクの事前評価
  • システムへの実装と現場のリーダーシップ

それぞれ解説します。

ビジネス戦略を実現するITアーキテクチャ設計

ITアーキテクトの役割のひとつとして、顧客の経営層やITコンサルタントが導き出したビジネス戦略に基づいて、提案したソリューションの技術的な実現に向けITシステム全体のデザイン・設計を担います。

また、ハードウェアやソフトウェアの関連技術を駆使して、顧客のビジネスニーズや技術課題の解決策をITシステムに反映し、自らが中心となって品質を担保できるITアーキテクチャ設計を遂行する役割があります。

ソリューションの実現可能性の確認や明確化

次に設計したアーキテクチャが顧客の技術課題に対するソリューションを構成できていることを精査するとともに、以降のシステム開発、導入が可能であることを確認します。

その際に、ソリューションを構成するためにITシステムが満たすべき基準を明らかにすることも重要になります。

技術的なリスクの事前評価

次に、設計したソリューションを実現するにあたり、考えられる技術的なリスクを事前に評価する役割も担います。

実際にプロジェクトがスタートした後で、システムで実現しようとしたことが技術的に不可能であることが発覚した場合、多大な損害を負う可能性があります。

そうならないためにも、プロジェクトをスタートさせる前に、技術的なリスクの事前評価が重要になるでしょう。

また、ここで事前評価した内容については、プロジェクトマネージャーにも連携して必要に応じて注意を促すこともITアーキテクトの役割です。

システムへの実装と現場のリーダーシップ

次に、選択されたハードウェアや技術を責任もってシステムに実装し、稼働させることもITアーキテクトの重要な役割になります。

そのためには、プログラマやシステムエンジニアに対して、適切な指示やサポートをおこなうなどプロジェクトメンバーをリードすることも役割の一つです。

ここまで、ITアーキテクトのおもな仕事内容について解説しました。

次に、ITアーキテクトという職種の魅力と大変さについて詳しく解説します。

ITアーキテクトという職種の魅力と大変さ(メリット・デメリット)

しーそー

文字数:700〜900 ITアーキテクトの魅力と大変さについて、下記のような見出し3を設定して、それぞれ簡潔に解説願います。 それぞれ見出し4は設定せずに、見出し3でまとめて書いてしまうボリューム感のイメージです。 見出し例  ITアーキテクトの魅力  ITアーキテクトの大変さ ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

ITアーキテクトという職種には、やりがいや魅力に感じられるところ、大変だと感じるところがあります。

  • ITアーキテクトのやりがいや魅力に感じられるところ
  • ITアーキテクトの大変だと感じるところ

それぞれ解説します。

ITアーキテクトのやりがいや魅力に感じられるところ

どんな仕事でも熱意を持って取り組むことで高いパフォーマンスを出すことができます。そこで大切になるのが、仕事に『やりがい』や『魅力』を感じれるかどうかです。

ITアーキテクトは、顧客のコスト削減や業務効率化などの経営やビジネスに直結するような重要な仕事をしています。つまり、自身が顧客のビジネスニーズや技術課題に対して提案して設計したシステムにおいて、顧客の期待する成果が得られた際にはきっと感謝されること間違いないでしょう。

プロジェクトが完了するまで顧客や開発メンバーとも連携し、数々の障害を乗り越えた状況だったのであれば、なおさら喜びや達成感は大きいはずです。

そういったところが、ITアーキテクトの大きな『やりがい』や『魅力』だと言えます。

ITアーキテクトの大変だと感じられるところ

一方で、ITアーキテクトが大変だと感じるところは、どんなところでしょうか?

ITアーキテクトで大変だと感じるところは、顧客の経営視点での課題に対する仕事がメインであることから、顧客の経営に大きな影響を与える重要な仕事であることです。

プロジェクトの規模が大きければ大きいほどやりがいを感じることができますが、一方でその分経営に与えるインパクトは大きくなります。

ただ、そこもITアーキテクトという仕事に対する熱意次第で、『やりがい』や『魅力』と感じれるか、『大変だ』と感じれるかどうか決まってくると思います。

そのほかには、携わるシステムが大きいだけに開発途中でのシステム上の問題やビジネス課題に関する問題などさまざま発生するリスクも高いと言えるでしょう。

そういった障害や問題を、顧客との交渉やプロジェクトメンバーと連携しながら解決することも大変さを感じるところですが、その経験がITアーキテクトとしての経験値となることは間違いないです。

これまで、ITアーキテクトのやりがいや魅力に感じられるところ、大変だと感じるところについて詳しく解説しました。

次に、ITアーキテクトに求められるスキルについて詳しく解説します。

ITアーキテクトに求められるスキル

しーそー

文字数:900〜1,200 ITアーキテクトに求められるスキルについて、下記のような見出し3を3〜4つ設定して解説願います。 そのスキルが必要な理由やどのような業務に役立つかを交えてください。 見出し例  組織のシステム全体を俯瞰して設計する能力  組織のビジネス戦略・IT戦略の理解  ステークホルダーとのコミュニケーションスキル ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

ITアーキテクトに求められるスキルについて、システム設計を行う職種であることから、設計能力が必要なのはわかります。

ただ、ITアーキテクトは設計能力以外にもさまざまなスキルが必要とされていますので、どういったスキルが求められるのかいくつかピックアップしました。

  • 組織のシステム全体を俯瞰して設計するスキル
  • 組織のビジネス戦略・IT戦略の理解スキル
  • マネジメントスキルとコミュニケーションスキル

それぞれ解説します。

組織のシステム全体を俯瞰して設計するスキル

ITアーキテクトに求められるスキルとして、組織のシステム全体を俯瞰して設計するスキルが必要です。

つまり、ハードウェアやソフトウェアの関連技術を活用し、顧客のビジネスにおけるITの技術課題の分析に基づいたITアーキテクチャを設計するスキルが必要です。

また、業務の流れやアーキテクチャを抽象化して全体を俯瞰するモデリング技法など、設計技法に関する知識も重要でしょう。

組織のビジネス戦略・IT戦略の理解スキル

ITアーキテクトに求められるスキルとして、組織のビジネス戦略・IT戦略の理解スキルが必要です。

ITアーキテクトは、システム開発の更なる上流工程に関わりながらITシステム戦略の策定やシステム企画を行い、企業の経営戦略を基にビジネスの発展に寄与するITシステムの構築、改修、運用を担当します。

一般的なITエンジニア以上に、経営やビジネス側の視点から考える能力とそれを実現するための創造的なスキルが求められます。

マネジメントスキルとコミュニケーションスキル

ITアーキテクトに求められるスキルとして、マネジメントスキルとコミュニケーションスキルが必要です。

ITアーキテクトは、システム開発のプロジェクトにおいて、開発チームを指導する役割も担っています。プロジェクトをスムーズに進行させるためのリーダーシップとマネジメントスキル、開発者に対して自身の意図を正確に伝えるコミュニケーション力、そしてモチベーターとしての役割など実践的な対人スキルが求められます。

さらに、プロジェクトを円滑に進行させるためには顧客とのコミュニケーションや交渉のスキルも必要となり、多角的なプロフェッショナルスキルが求められるでしょう。

これまで、ITアーキテクトに求められるスキルについて詳しく解説しました。

次に、ITアーキテクトは高収入と言われていますが、どれぐらいなのか?詳しく見てみましょう。

ITアーキテクトは高年収|平均年収は749万円

しーそー

文字数:300〜400 公的機関や大手転職サイトなどのデータから、ITアーキテクトの平均年収をリサーチして紹介願います。 SEやプログラマー、一般的な会社員などの年収と比べて高いことも示してください。

ITアーキテクトの平均年収は、経済産業省の『我が国におけるIT人材の動向(2021年)』によると、ITアーキテクトの年収は700~900万円が水準となっています。

また、『求人ボックス』や『平均年収.JP』によるとITアーキテクトの平均年収は749万円となり、システムエンジニア(SE)が550万円、プログラマ(PG)が426万円でした。

さらに、一般的な会社員の平均年収が443万円であることから、ITエンジニアの中でも上位職であるITアーキテクトは比較的高い年収が望める職種であることがわかりました。

ITアーキテクトの年収は、以下の記事でより詳しく解説しています。興味がある人は読んでみてください。

次に、ITアーキテクトになるためのキャリアパスには、どう言うルートがあるのか詳しく解説します。

ITアーキテクトになるための代表的な3つのルート

しーそー

文字数:900〜1,200 ITアーキテクトになるための代表的なルート(キャリアパス)について、下記のような見出し3を3〜4つ設定して解説願います。 それぞれのルートで活かせるスキルや、ITアーキテクトになるために身につけるべきスキルなどを交えてください。 見出し例  システムエンジニアからITアーキテクトへ  インフラエンジニアからITアーキテクトへ  セキュリティ専門家からITアーキテクトへ ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

ITアーキテクトになるためのルート(キャリアパス)について、以下の3つが挙げられます。

  • システムエンジニアからITアーキテクト
  • スペシャリストからITアーキテクト
  • ゼネラリストからITアーキテクト

それぞれ解説します。

システムエンジニアからITアーキテクト

ITアーキテクトのキャリアパスとして、システムエンジニアからのルートがあります。

システムエンジニアとしてシステムの設計に携わった経験を活かしてITアーキテクトへ進むというケースが一般的です。

さらに、ITアーキテクトではシステムの全体設計をするため、現場エンジニアへの作業指示などマネジメント経験が必要になります。

そういった意味で、リーダー経験も積んだ上でシステムエンジニアからのキャリアパスがおすすめです。

スペシャリストからITアーキテクト

ITアーキテクトのキャリアパスとして、スペシャリストからのルートがあります。

ITアーキテクトはIT部門におけるスペシャリストです。そのため、誰よりも専門的なIT知識に習熟している必要があります。

IT業界は目まぐるしく技術が進化し続けているため、最新のトレンドを常にアップデートしておく必要があるでしょう。

そういった意味で、専門的なIT知識を持ったスペシャリストからのキャリアパスがおすすめです。

ゼネラリストからITアーキテクト

ITアーキテクトのキャリアパスとして、ゼネラリストからのルートがあります。

ITアーキテクトは、システム全体を設計する必要があるため、多面的な視点でものごとを見るスキルが求められます。

そのため、IT技術の専門性を高めるだけでなく、専門外の分野においても幅広い知識が必要となるでしょう。

そういった意味で、専門外分野も含め幅広い知識を持ったゼネラリストからのキャリアパスがおすすめです。

ITアーキテクトへの転職は、以下の記事で詳しく解説してます。興味がある人は読んでみてください。

これまで、ITアーキテクトになるための代表的な3つのルートについて詳しく解説しました。

次に、ITアーキテクトに役立つおすすめの資格について詳しく解説します。

ITアーキテクトに役立つおすすめの資格3選

しーそー

文字数:1,300〜1,500 ITアーキテクトに役立つ資格を3つあげて、下記のような見出し3を設定して解説願います。 試験概要、難易度などの資格情報に加えて、その資格がどのように役立つかなども交えてください。 見出し例  応用情報技術者試験(AP)  システムアーキテクト試験(SA)  プロジェクトマネージャ試験(PM) ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

ITアーキテクトを目指すうえで、どういう資格が役に立つのか、おすすめの資格について以下3つ紹介します。

  • 応用情報技術者試験(AP)
  • システムアーキテクト試験(SA)
  • プロジェクトマネージャ試験(PM)

それぞれ解説します。

応用情報技術者試験(AP)

項目概要
資格の概要情報処理技術者試験のひとつで、情報処理推進機構(IPA)が主催する国家試験です。高度IT人材に必要な応用的知識とスキルを問われます。
難易度合格率:25%
出題範囲が広いため、実務経験を積んだ人でも対策なしで合格するのは困難
想定される勉強時間初学者 500時間
ITアーキテクトにどう役にたつか要件定義から設計・開発・運用までの幅広い知識と応用力が問われるため、「システムアーキテクト試験(SA)」の前に取得しておくと学習がスムーズです。業務面でも、アプリケーション開発・基盤構築など幅広い局面での活躍が期待されます。
本資格を保有していれば、ITアーキテクトを目指すために必要な前提知識・スキルを有する人材として評価されるでしょう。

システムアーキテクト試験(SA)

項目概要
資格の概要システムアーキテクト試験とは、国家試験である情報処理技術者試験の中でも最難関資格である「高度区分試験」のうちのひとつです。企業活動における情報システム戦略を正しく理解し、業務モデル全体を検討できる能力の有無が問われる試験となっています。
難易度合格率:13~15%
かなりの高難度試験
想定される勉強時間初学者 100~200時間
ITアーキテクトにどう役にたつかシステム開発の上流工程を主導する立場で、豊富な業務知識に基づいて的確な分析を行い、業務ニーズに適した情報システムのグランドデザインを設計し完成に導く、上級エンジニアを目指す方に最適です。

プロジェクトマネージャ試験(PM)

項目概要
資格の概要IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が実施する国家試験である「情報処理技術者試験」の一つです。英語名称の「Project Manager Examination」を略して「PM」と呼ばれることもあります。
難易度合格率:12~15%
情報処理技術者試験のなかで最高難度の「スキルレベル4」に相当する試験
想定される勉強時間初学者 150~300時間
ITアーキテクトにどう役にたつかプロジェクトを取り巻く環境変化やステークホルダの多様な要求に柔軟に対応しながら、プロジェクトを確実に成功に導くマネージャを目指す方に最適です。

ITアーキテクトに役立つ資格は、以下の記事でより詳しく解説しています。興味がある人は読んでみてください。

これまで、ITアーキテクトを目指すうえで役立つ資格について詳しく解説しました。

次に、ITアーキテクトが目指す代表的なキャリアパスについて見ていきましょう。

ITアーキテクトが次に目指す代表的な4つのキャリアパス

しーそー

文字数:900〜1,200 ITアーキテクトが次のステップとして目指すキャリアパスについて、次のような見出し3を3〜4つ設定して解説願います。 それぞれ、ITアーキテクトのどのようなスキルが活かせるか、キャリアアップのためにどのようなスキルが必要かなどを交えてください。 見出し例  CIO・CTOなどの経営層  ITストラテジスト  ITコンサルタント ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

ITアーキテクトが次のステップとして目指すキャリアパスについて、以下4つ挙げられます。

  • ITコンサルタント
  • フリーランス
  • CTO・CIOなどの経営層
  • プロジェクトマネージャー

それぞれ解説します。

ITコンサルタント

ITアーキテクトが次に目指すべきキャリアパスとして、一つ目のおすすめはITコンサルタントです。

ITアーキテクトはシステム全体の設計を行うため、最上流工程のクライアントへの提案も行いやすいです。また、ITアーキテクトからITコンサルタントにキャリアチェンジすることで、技術面も踏まえた設計が可能となるため、より実現性に根拠のある提案ができるでしょう。

ITコンサルタントは、ITアーキテクトより営業寄りかつ経営者目線での仕事に挑戦したい人に向いているキャリアパスです。

フリーランス

ITアーキテクトが次に目指すべきキャリアパスとして、次におすすめなのはフリーランスです。

ただし、フリーランス案件は知識やスキルだけでなく実務経験年数が条件となる場合があるため、ITアーキテクトとしての実務経験が必要になる可能性が高いです。

そのため、ITアーキテクトではなくITコンサルタントやプロジェクトマネージャーとして提案を行ったほうが現実的にフリーランス案件を獲得しやすいでしょう。

また、継続的に案件を獲得するために営業ができる人であれば、フリーランスとして案件を獲得したほうが企業で働くより自由な働きかたができ高収入も期待できます。

そういった意味で、フリーランスとして独立するキャリアパスは、比較的自由な働き方で収入アップを目指したい人に向いています。

CTO・CIOなどの経営層

ITアーキテクトが次に目指すべきキャリアパスとして、次におすすめなのはCTO・CIOなどの経営層です。CTOはChief Technology Officerの略で最高技術責任者のことを指し、CIOはChief Information Officerの略で最高情報責任者のことを指します。

いずれも企業のIT戦略を考える経営層であり、ITアーキテクトは上流工程からシステム全体の設計を考える職種のため、CTOやCIOとして企業のIT戦略を考えることができます。

なお、経営に携わりたいという志向を持つ人が、システム開発の上流工程の経験を積んでITアーキテクトを目指す傾向があるようです。

そして、ITアーキテクトの経験を積んだ上でより経営に近い立場を目指し、IT企業などのCTOに就くというキャリアパスがあります。

プロジェクトマネージャー

ITアーキテクトが次に目指すべきキャリアパスとして、次におすすめなのはプロジェクトマネージャーです。

プロジェクトマネージャーは、ITアーキテクトとITコンサルタントの中間に位置づけられている職種で、ITアーキテクトとITコンサルタントが持つマネジメント指向を極めた職種と言えるでしょう。

ITアーキテクトの役割が、「アーキテクチャ構築」や「ビジネス側とシステム側とのコミュニケーションハブ」という点であるのに対して、プロジェクトマネージャーはシステム側に位置するプロジェクトの管理全般を担っています。

そういった意味でも、ITアーキテクトで培ったスキルが、そのままプロジェクトマネージャーにも活かせるでしょう。

これまで、ITアーキテクトが次のステップとして目指すキャリアパスについて詳しく解説しました。

次に、ITアーキテクトの需要と将来性について見ていきましょう。

ITアーキテクトの需要と将来性は高い

しーそー

文字数:300〜400 ITアーキテクトの需要や将来性について、技術の進歩、システムの複雑化、DXの広がりなどの要素を踏まえて、考察願います。 公的機関などのデータを示せると尚可です。

ITアーキテクトは、現在各企業が取り組もうとしているDX(デジタルトランスフォーメーション)において、重要な役割を担っています。ITアーキテクトの需要が高い背景として、IT技術の目まぐるしい進歩とシステムの複雑化・高度化があります。

現在、各企業間の競争力を高めるためにDXを導入する動きが活発です。そのため、既存のITアーキテクチャを最適化する動きが強まってきており、ITアーキテクトの需要がさらに高まる一方です。

そういった中、IaaSやPaaSといったクラウドサービスの普及により、ITアーキテクチャの設計に必要な知識量がさらに増えています。その結果、それらのニーズを満たせるITアーキテクトの不足が深刻化している側面もあります。

さらに今現在は、ITアーキテクトは大手SIerやITコンサルティング企業などが活動の中心ですが、一般企業においてもITアーキテクトを採用する動きが出てきている状況です。

また、企業の再編も増えて来ていることから複数ITシステムの統合や整理といったニーズも高く、今後もITアーキテクトへの大きな期待があり将来性が高い職種と言えるでしょう。

ここでひとつ、『パーソナルホールディングス』の『DX推進について、取り組みの障壁は何か』の調査結果を見てみましょう。

その調査結果によると、大手企業の6割、中小企業の4割がDX推進に課題をもっていることがわかります。その中で、最も回答数が多かったのは『推進のためのスキルをもった人材を社内で育成できない』でした。

これからもわかるとおり、DXの推進において重要な役割を担っているITアーキテクトの現在および将来への需要の高さが伺えます。

出典:DX推進における取組の課題|パーソナルホールディングス

以上、ITアーキテクトの需要と将来性が高いことについて解説しました。

つづいては、エンジニアの案件を豊富に取り扱っている、弊社エイジレスのサービスを紹介させていただきます。

ITアーキテクトの転職・独立はエイジレスにお任せください!

しーそー

文字数:300〜400 ①エイジレスには転職者向けの「エイジレスエージェント」とフリーランス向けの「エイジレスフリーランス」の2つのサービス ②COBOLの求人やフリーランス案件を多数取り揃えている ③エイジレスの紹介  共通  ・年齢不問の求人のみ取り扱い  エイジレスエージェントのおすすめポイント  ・大手企業様と信頼関係があるから高い面談/内定率  ・年収大幅アップでの内定実績多数  エイジレスフリーランスのおすすめポイント  ・高単価案件が豊富、上流商流の案件しか取り扱っていない  ・40代以上のベテランIT人材の大幅年収アップ事例多数

エイジレスでは、エンジニア向けのキャリア相談や独立時の案件紹介をさせて頂いております。

以下のような人向けに、手厚くサポートさせていただきます。

  • ITアーキテクトへのキャリアアップや転職を目指しているエンジニア
  • 企業のIT部門の責任者

IT転職支援サービスの「エイジレスエージェント」は、以下の2つが強みです。

  • 大手企業との信頼関係による高い面談/内定率
  • 年収大幅アップでの内定実績多数

また、フリーランス独立を支援する「エイジレスフリーランス」も運営しており、転職と独立の両方をサポートできます。
エイジレスのサービスはすべて無料で利用可能なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

CTACTA

まとめ|エンジニアとして十分な経験を積みITアーキテクトへのキャリアアップを目指そう

しーそー

文字数:300〜400 最初に、「この記事を通して、以下のことがわかりました。」と記載したあとに、『この記事を読んでわかること』の箇条書きを再掲願います。 そのあと、ポイントの要約と締めの文を記載してください。

この記事を通して、以下の4つのことがわかりました。

  • ITアーキテクトとは、経営視点で顧客のビジネスモデルや要望に合わせて技術課題を解決するITシステムの設計図を作り、システム開発をリードすることでプロジェクトを成功に導く人である。
  • ITアーキテクトという職種には、やりがいや魅力に感じられるところ、大変だと感じるところがある。
  • ITアーキテクトは高年収の職種で、ITアーキテクトになるためのルート(キャリアパス)がいくつかある。
  • DXの広がりによりITアーキテクトの需要や将来性が高いことから就職・転職することをおすすめしたい。

これまで解説したように、DXの広がりによりITアーキテクトの需要や将来性が高いことから就職・転職することをおすすめします。

ITアーキテクトへの就職や転職を考える際は、ぜひこの記事を参考にしていただければ幸いです。

また、IT転職や独立の際には、IT業界に詳しいエージェントの活用がおすすめです。
エイジレスでは、IT転職に強みを持つ2つのサービスを展開しています。

エイジレスが取り扱う案件はすべて年齢不問なので、年齢に不安がある人でも安心してご利用いただけます。

ぜひお気軽にご相談ください。

アバター画像
執筆者
かず
大手IT企業の九州・関東・札幌3拠点にて150名規模の現役プロジェクトマネージャー。大手ハード機器メーカ様の組込系開発と大手製造メーカー様の工場IoTプロジェクトのマネジメントを約16年行っており、ITシステム開発やDX関連などが得意ジャンル。