フリーランスWebデザイナーの年収をアップさせる方法を徹底解説

おいとま

★ライターさんへのフィードバック 記事執筆お疲れさまです! ライトさんはライティング基本知識をご存じなのか、トンマナに関する修正がほぼ必要なく、大変助かっております! 一点だけ、細かいのですが改善していただきたい箇所がありますので、以下に記載のフィードバックをご確認のうえ対応をお願いいたします! ・H3「事業会社におけるWebデザイナー」 要対応1件 以上になります。 よろしくお願いいたします!

しーそー

<メインKW> フリーランス webデザイナー 年収 <サブKW> <サジェストKW> <検索意図(仮説)> 以下を知りたい  フリーランスWebデザイナーの平均年収  フリーランスWebデザイナーの年収例  フリーランスWebデザイナーに必要なスキル  フリーランスWebデザイナーが高単価案件を獲得するポイント <ペルソナ> ①独立を考えているWebデザイナー  現在は会社員として働いているが、独立してフリーランスWebエンジニアになることを検討中  フリーランスWebデザイナーの平均年収や必要なスキル、高年収を得るポイントを知りたい ②現役のフリーランスWebデザイナー  フリーランスのWebデザイナーになってしばらく経つが、年収が増えずに焦りを感じている  フリーランスWebデザイナーの世間一般の年収事情や年収アップの方法を知りたい <最低文字数> 7,500

「会社員のWebデザイナーとして働いているが、フリーランスになりたい」「Webデザイナーだけど、年収がなかなか上がらない」とお考えの皆様へ。
本記事では、フリーランスのWebデザイナーが年収アップを実現させるために押さえておきたいポイントを解説します。

  • 【この記事を読んでわかること】
  • フリーランスWebデザイナーの平均年収は300〜400万円だが、600万円以上も十分可能
  • 高単価の案件を狙う場合は、高いデザインスキルと実務経験が求められる
  • 年収をアップさせるためには、幅広いWebスキルとブランディング・営業力が重要
CTACTA

フリーランスWebデザイナーの年収事情|平均年収は300〜400万円だが、600万円以上も十分狙える

しーそー

文字数:1,000〜1,200 フリーランスWebデザイナーの年収事情について、公的機関や大手転職サイトのデータを参考に、下記のような見出し3を設定して解説願います。 参考(使わなくても良いです) https://freelance-start.com/jobs/job_category-20 https://freelance-start.com/articles/62 見出し例  平均単価は〇〇万円(年収換算で〇〇〇万円)  正社員Webデザイナーの平均年収は〇〇〇万円  経験を積めば年収アップ|5年以上で〇〇〇万円 ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

Webデザイナーの年収を、Webデザイナー全体・正社員・フリーランスの3つの視点からそれぞれ解説します。

Webデザイナー全体の平均年収は約480万円

厚生労働省の職業情報提供サイト「job tag」によると、Webデザイナーの平均年収は480.6万円であることがわかりました。

国税庁の「令和4年分 民間給与実態統計調査」の結果によると、日本人全体の平均年収は458万円であるため、一般的な職業と比べてやや高収入であることがわかります。

正社員Webデザイナーの平均年収は約340万円

求人ボックスによると、正社員Webデザイナーの平均年収は340万円であることがわかりました。
月給で換算すると28万円、初任給は21万円程度が相場であることから、日本人全体の平均年収と比較すると低い傾向にあります。

しかし、全体の給与幅としては279〜739万円と比較的広いことから、スキルや実績次第で日本人全体の平均年収を超えることは十分可能です。

職業情報提供サイト「job tag」における年齢別での年収の推移においても、10代の218万円から年代ごとに上昇を続け、最高年収は55〜 59歳で585.38万円になることが分かります。

そして、企業規模による給与の変化は以下の通りです。

企業規模平均年収月収賞与
10~99人420万円31.1万円47.1万円
100~999人403万円29.1万円53.5万円
1,000人以上554万円36.8万円113.0万円

1,000人以上の企業規模になると、収入がグンと上がることがわかります。
未経験から企業規模の大きな企業に入社するのは困難かもしれませんが、スキルや実務経験を積むことで、企業規模の大きな企業への転職を実現させましょう。

フリーランスWebデザイナーなら年収1000万円も実現可能

フリーランス白書の調査によると、200〜400万円・400〜600万円のゾーンが21〜22%と最も多く、一般的にフリーランスWebデザイナーの平均年収は、300〜400万円と言われています。
一方で、600万円以上の人が約40%(1000万円以上は約10%)いることからわかるように、能力次第で会社員の収入を超えることは十分可能です。

また、2023年11月25日時点での求人ボックスにおける業務委託のWebデザイナー案件の平均月収は、57.1万円・年収換算で685.2万円であることがわかりました。
そして、最高単価の案件は月給90万円であったことから、年収換算で1080万円という計算になります。

上記のような案件は、高いデザインスキルや実務経験が求められるため、副業や未経験で獲得することは困難です。
しかし、会社員などでスキルや実務経験を積んだWebデザイナーの場合は、フリーランスを目指すことで大きな収入アップが期待できることがわかります。

続いては、Webデザイナーがフリーランスで働くメリットとデメリットについて説明します。

Webデザイナーがフリーランスで働くメリットとデメリット

しーそー

文字数:1,300〜1,600 Webデザイナーがフリーランスで働くメリットとデメリットについて、それぞれ2〜3つずつあげて、下記のような見出し3を設定して解説願います。 フリーランス全般の内容だけでなく、Webデザイナー特有の事項がれば含めてください。 見出し例  【メリット①】スキルと実績次第で高年収が狙える  【メリット②】仕事選びの自由度が高い  【デメリット①】案件を獲得できなければ収入が途絶える(収入が不安定)  【デメリット②】Webデザインの仕事以外にさまざまな雑務が必要 ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

Webデザイナーがフリーランスで働くメリット・デメリットについて紹介します。
メリットは、以下のとおりです。

  • スキルと実績次第で高年収が狙える
  • 仕事選びの自由度が高い

一方、デメリットは、以下の2つが挙げられます。

  • 案件を獲得できなければ収入が途絶える(収入が不安定)
  • Webデザインの仕事以外にさまざまな雑務が必要

それでは、一つ一つ見ていきましょう。

【メリット①】スキルと実績次第で高年収が狙える

会社員では安定した収入が見込めますが、短期間での大幅な昇給は難しいでしょう。
しかしフリーランスになれば、収入は青天井になります。

求人ボックスによると、正社員Webデザイナーの平均年収は340万円であることがわかりました。
一方でフリーランスの案件を見てみると、平均年収は685.2万円で年収1,000万円も実現可能であることがわかります。

「現在の年収に満足していない」「もっと年収をあげたい」人はフリーランスとして独立することも検討してみてはいかがでしょうか?

【メリット②】仕事選びの自由度が高い

フリーランスでは、会社員とは異なり自身で自由に仕事を選ぶことができます。
自身のこれまでの経験で培った得意分野の場合は、案件を獲得しやすく、単価を上げやすい傾向になります。
そして、苦手な分野の仕事を避けることで、ストレスを軽減することも可能です。

「自分の強みのみで勝負がしたい」という人は、会社員ではなくフリーランスとして独立することも検討してみてはいかがでしょうか?

また、勤務時間や勤務場所もライフスタイルに合わせて選択可能で、年齢を問わずにチャレンジできる点もフリーランスの魅力の一つです。
「副業で収入を増やしたい」「仕事と家庭を両立したい」人にもおすすめです。

【デメリット①】案件を獲得できなければ収入が途絶える(収入が不安定)

会社から毎月決まった給料を得られる会社員とは異なり、フリーランスは自分で仕事を獲得しなければならないため、収入が不安定になるリスクがあります。
特に、駆け出しWebデザイナーの場合は、クラウドソーシングを利用することが一般的ですが、競争率が高いうえに単価が低いことから、収入が安定しにくい傾向にあります。

「仕事量が少ない」のみでなく「病気で仕事ができなくなった」などのケースに備えて、独立前に生活に困らないための蓄えを準備しておきましょう。
そして、独立後に安定して仕事が獲得できるように、社内外で人脈を築いておくこともおすすめします。

【デメリット②】Webデザインの仕事以外にさまざまな雑務が必要

フリーランスの場合、これまで会社がしてくれていた案件探し・契約・税金関係を全て自分で行わなければいけません。
本業の時間を確保するために効率よく進める必要がありますが、どうしても自分一人での対応が難しい場合は以下の方法をおすすめします。

  • 案件探しに、営業代行・フリーランスエージェントを利用する
  • 契約書・見積書などの各種書類の作成に、「freee」など無料から使用できる会計ツールを活用する
  • 確定申告に時間がかかる場合は、税理士に頼むことも検討する

「お金がもったいない」と考えてしまうかも知れませんが、本業に集中できる環境を作るための投資と考えて、前向きに活用しましょう。

それでは、Webデザイナーのフリーランス案件例を具体的に見てみましょう。

Webデザイナーのフリーランス案件と年収例

しーそー

文字数:400〜500 大手求人サイトからWebデザイナーのフリーランス案件をいくつかピックアップして、内容や年収を紹介願います。 類似の案件ばかりにならないようにバリエーションを持たせてください。

求人ボックスのWebデザイナー案件を一部紹介します。
それでは、見ていきましょう。

業務効率化ツールデザインの上流工程〜デザイン制作

  • 勤務地:東京都 港区
  • 月給:90万円
  • 主な作業内容:戦略・コンセプト設計、上流工程、デザイン制作など
  • 必須スキル:Webデザイナー実務経験2年以上、Illustrator・Photoshopの操作経験など

キャッシュレス決済サービスにおける加盟店向けWebアプリのデザイナー

  • 勤務地:東京都 品川区
  • 月給:月給70万円~80万円
  • 主な作業内容:ビジネス要件のヒアリング、UXUI提案・制作など
  • 必須スキル:UIUXデザイナー経験3年以上、toB向けプロダクトのUIUXの経験など

事業会社におけるWebデザイナー

  • 勤務地:東京都 千代田区
  • 月給:月給55万円
  • 主な作業内容:広告クリエイティブ(LP・バナー)のデザインなど
  • 必須スキル:Webデザイナー実務経験3年以上、デザインツール使用経験、広告クリエイティブの制作経験など

上記の求人内容を総括すると、高いスキルや実務経験が求められる分、一般的な会社員の月給よりも格段に高くなることが分かります。
会社員時代に培ったスキルや実務経験を効果的にアピールすることで、高単価の案件獲得を目指しましょう。

おいとま

1~2文程度で構わないので、求人内容の総括を追記願います!

次に、フリーランスWebデザイナーになるために必要なスキルを解説します。

フリーランスWebデザイナーに求められる4つの必須スキル

しーそー

文字数:900〜1,200 フリーランスWebデザイナーに求められる必須のスキルを3〜4つあげて、下記のような見出し3を設定して解説願います。 そのスキルが必要な理由や、具体例(ツールや言語など)を交えてください。 見出し例  デザインツールの活用スキル  フロントエンドのプログラミングスキル  グラフィックデザインやレスポンシブデザインの知識 ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

フリーランスWebデザイナーに求められる必須スキルは以下の通りです。

  • デザインツールの活用スキル
  • フロントエンドのプログラミングスキル
  • グラフィックデザインやレスポンシブデザインの知識
  • Webマーケティングの思考

それでは、一つ一つ見ていきましょう

デザインツールの活用スキル

Webサイト・アプリケーションの設計図:デザインカンプを作るためにデザインツールの活用スキルは必要不可欠です。
代表的なツールは以下の4つが挙げられます。

  • Illustrator:ロゴやイラストなどのグラフィックを作成する
    ※デザインカンプで使用されるケースもあり
  • Photoshop:写真・画像を編集・加工する
    ※デザインカンプで使用されるケースもあり
  • XD・Figma:Webサイト・アプリケーションなどのデザインカンプを作成する

デザインカンプを作成する場合は、「XD」「Figma」のみで対応可能です。
しかし、長い歴史を持つ企業では、「Illustrator」「Photoshop」を使用しているケースが多々あります。

応募できる案件の幅を広げるためにも、「Illustrator」「Photoshop」のスキルもあわせて習得しましょう。

フロントエンドのプログラミングスキル

デザインカンプのデザインを、Webサイトで表示させるための言語:HTML・CSSの学習をおすすめします。
コーディングの基礎知識がないと、「複雑なデザインをHTML・CSSでどう実現させるか」が分からず、コーダーの負担が大きいデザインをつくってしまう恐れがあるからです。
また、企業によってはWebデザイナーがコーディングを兼務することもあるため、注意が必要です。

そして、クライアント目線でみると、デザインからコーディングを一人に任せることができれば、コストの削減・納期の短縮を実現できます。
クライアントの幅広い要望に応えることで、受注成功率・平均単価の向上を実現しましょう。

グラフィックデザインやレスポンシブデザインの知識

グラフィックデザインとは、一般的にポスターやチラシなどの印刷物のデザインのことを言います。
ジャンルは違いますが、「一目で相手の目を引くデザインを作る」「世の中のトレンドを意識する」などの部分はWebデザインと共通です。

レスポンシブデザインとは、パソコン・スマートフォンやタブレットなど、さまざまなデバイスサイズに自動的に最適化されるWebデザインです。
近年では、パソコンよりもスマートフォンやタブレットで見る人が増えていることから、モバイル端末での見やすさ・使いやすさを優先する「モバイルファースト」が導入されています。

トレンドの知識や技術を学び続けることで、長期的に活躍できるWebデザイナーを目指しましょう。

Webマーケティングの思考

Webデザイナーの目的は、「おしゃれなWebサイトを作ること」ではなく、「Webサイトを通じて、集客・売上・利益を向上させること」です。
Webサイトをデザインする際には、「ターゲットの設定」「購買意欲を上げるための仕掛け」など、さまざまなマーケティング目線でのアイデアが求められます。

そして、マーケティングの知識があれば、SEO対策・アクセス解析などWebサイトの効果を高めるための提案が可能になります。
Webサイトを納品した後の運用・保守を同時に獲得することで収益の安定化を実現しましょう。

続いては、高単価案件を獲得するためのポイントを解説します。

フリーランスWebデザイナーが高単価案件を獲得する4つのポイント

しーそー

文字数:900〜1,200 フリーランスWebデザイナーが高単価案件を獲得するためのポイントを3〜4つあげて、下記のような見出し3を設定して解説願います。 高単価案件につながる理由や、実践するコツなどを交えてください。 見出し例  さまざまな案件の経験を重ねスキルの幅を広げる  トレンドの技術やツールを習得し最新の案件に対応できるようにする  SNSやブログでポートフォリオを公開し自己ブランディング ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

フリーランスWebデザイナーに求められる必須スキルは以下のとおりです。

  • さまざまな案件の経験を重ねスキルの幅を広げる
  • トレンドの技術やツールを習得し最新の案件に対応できるようにする
  • SNSやブログでポートフォリオを公開し自己ブランディング
  • エンドクライアントに直接営業をする

それでは、一つ一つ見ていきましょう。

さまざまな案件の経験を重ねスキルの幅を広げる

Webデザインでも、バナーデザイン・ランディングページ・企業サイト・ECサイトなど様々なジャンルに分かれます。
さまざまな案件の経験を重ねることで、自分の得意分野を作ると同時にスキルの幅を広げましょう。

また、コーディング・マーケティングなどの他のスキルを掛け算することで、更なる収益アップが期待できます。
Webデザインのみでなく、「Webのことなら何でも相談できるフリーランス」になることで、クライアントの収益アップに貢献しましょう。

トレンドの技術やツールを習得し最新の案件に対応できるようにする

近年では、STUDIO・Snow Monkeyなど、ノーコードツールも多数リリースされているため、コーディングスキルなしでもホームページ制作ができるようになりました。

また、アプリケーションのデザインを担当するUI/UXデザイナーも需要が高くなっています。
UI/UX(Use Interface・User Experience)と呼ばれる「見やすさ」「使いやすさ」を通じてユーザーの満足度を高めるための取り組みについても、知識・スキルを習得しましょう。

SNSやブログでポートフォリオを公開し自己ブランディング

自身のブランド力を高めるためには、自分の作品集であるポートフォリオを充実させることをおすすめします。
ポートフォリオを充実させるために押さえておきたいポイントは、以下のとおりです。

  • プロフィールを記載する:自分のスキル・経験など
  • 作品の詳細を説明する:作品の内容・使用ツール・こだわりポイントなど
  • 自信作を厳選する:10作品程度から、多くても20作品が目安
  • 無料サービスを利用する:Foriio・RESUMEなど

一目で採用担当者・クライアントの目を惹くポートフォリオで、スキルや実績をアピールしましょう。

エンドクライアントに直接営業をする

クラウドソーシングなどのサービスを利用する場合、価格競争が激しいことから、収入が頭打ちになるおそれがあります。
また、求人サイトで募集されている案件においては、高いスキルや実務経験を求められるケースが多いことから、なかなか選考に通らない場合があるかも知れません。

その場合は、個人商店や企業に直接ホームページの制作を提案することをおすすめします。
具体的な方法は、以下のとおりです。

  • 行きつけのお店に声をかける
  • 地元の商工会議所に参加する
  • Yentaなど、ビジネスマッチングアプリを活用する
  • Googleマップに出てきたお店で、ホームページが無い(古い)お店を探す

事業の代表者として経営者たちに向き合うことから、高い営業力が求められます。
Webデザイン・マーケティングなどあらゆる知識を駆使して、顧客にとっての「ホームページを導入するメリット」をアピールしましょう。

続いては、年収アップに役立つ資格について紹介します。

フリーランスWebデザイナーの年収アップに役立つ資格4選

しーそー

文字数:1,200〜1,500 フリーランスの年収アップに役立つ資格を3〜4つあげて、下記のような見出し3を設定して解説願います。 資格の概要に加えて、役立つ場面やおすすめな人などを交えてください。 見出し例  ウェブデザイン技能検定  HTML5プロフェッショナル認定資格  Webクリエイター能力認定試験-エキスパート ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

フリーランスWebデザイナーの年収アップに役立つ資格は、以下のとおりです。

  • ウェブデザイン技能検定
  • HTML5プロフェッショナル認定試験
  • Webクリエイター能力認定試験
  • アドビ認定プロフェッショナル

それでは、一つ一つ見ていきましょう。

ウェブデザイン技能検定

Webデザイン・フロントエンド関連における唯一の国家資格です。

1級〜3級に分かれており、筆記試験・実技試験で、Webデザイン・コーディングに関する知識やスキルが問われます。
誰でも受験できるのは3級のみで、2級では2年以上、1級では7年以上の実務経験が必要です。
また、2級以上ではPhotoshopやデータベースなど幅広い内容が出題されます。

「デザイナーとしての高いスキルを客観的に証明したい」人におすすめの資格です。

HTML5プロフェッショナル認定試験

HTML5、CSS3、JavaScriptなどの技術と知識を認定する資格です。

Level.1とLevel.2に分かれており、Level.1では、スマートフォンなどマルチデバイスに対応したコンテンツ制作の知識が問われます。
Level.1はそれほど難易度が高くないため、初心者でも挑戦しやすいでしょう。
しかし、Level.2では、JavaScript についての深い知識や技術が出題されることから難易度が高くなります。

デザインだけでなく、コーディングのスキルを身につけたい人におすすめの資格です。

Webクリエイター能力認定試験

Webサイト制作で求められる実践スキルを測定する試験で、スタンダードとエキスパートの2つに分かれています。

スタンダードでは、HTML・CSS、Webデザインの知識・スキルが問われ、初心者でも挑戦しやすい内容となっています。
エキスパートでは、ユーザビリティやアクセシビリティを考慮したWebデザイン、マルチデバイス対応など、スタンダードよりも一段上のスキルが必要です。

Webデザイン・コーディングなどWebサイト制作の知識・スキルを幅広く身につけたい人におすすめの資格です。

アドビ認定プロフェッショナル

アドビ社(Adobe Inc.)が開催する、Adobe Creative Cloud 2021/2022/2023に対応する資格試験で、試験科目はPhotoshop・Illustrator・Premiere Proに分かれています。
難易度は「エントリーレベル:入門者向け」で、国際資格のため海外の企業にもアピール可能です。

「デザインツールの知識・スキルを証明したい」人におすすめの資格です。

次では、Webデザイナーのフリーランス案件獲得に活用していただける、エイジレスのサービスを紹介させていただきます。

Webデザイナーのフリーランス案件はエイジレスにご相談を

しーそー

文字数:300〜400 ①エイジレスには転職者向けの「エイジレスエージェント」とフリーランス向けの「エイジレスフリーランス」の2つのサービス ②COBOLの求人やフリーランス案件を多数取り揃えている ③エイジレスの紹介  共通  ・年齢不問の求人のみ取り扱い  エイジレスエージェントのおすすめポイント  ・大手企業様と信頼関係があるから高い面談/内定率  ・年収大幅アップでの内定実績多数  エイジレスフリーランスのおすすめポイント  ・高単価案件が豊富、上流商流の案件しか取り扱っていない  ・40代以上のベテランIT人材の大幅年収アップ事例多数

エイジレスでは、転職者向けの「エイジレスエージェント」と、フリーランス向けの「エイジレスフリーランス」2つの求人サービスを取り扱っています。

COBOLの求人やフリーランス案件を多数取り揃えていることが大きな特徴です。
また、エイジレスでは、年齢不問の求人のみを取り扱っています。

エイジレスエージェントは、大手企業との深い信頼関係があり、高い面談/内定率が自慢です。年収大幅アップでの内定実績も多数あります。

エイジレスフリーランスは、商流の中でも上流の案件のみを取り扱い、高単価案件が豊富です。40代以上のベテランIT人材の年収大幅アップ実績も多数あります。

弊社「エイジレス」のサービスが取り扱う案件は、すべて年齢不問のため、年齢に不安がある人でも安心してご利用いただけます。

まずはお気軽にご相談ください!

CTACTA

まとめ|フリーランスWebデザイナーは実務経験とスキルで年収アップを目指そう

しーそー

文字数:300〜400 最初に、「この記事を通して、以下のことがわかりました。」と記載したあとに、『この記事を読んでわかること』の箇条書きを再掲願います。 そのあと、ポイントの要約と締めの文を記載してください。

この記事では、以下の3つのことがわかりました。

  • フリーランスWebデザイナーの平均年収は300〜400万円だが、600万円以上も十分可能
  • 高単価の案件を狙う場合は、高いデザインスキルと実務経験が求められる
  • 年収をアップさせるためには、幅広いWebスキルとブランディング・営業力が重要

フリーランスのWebデザイナーの平均年収は300〜400万円と言われていますが、年収600万円を超えることは可能です。
そのためには、高い能力が求められる高単価案件を獲得する必要があります。
スキル・実績など会社員時代の経験を武器に、自分の強みを積極的にアピールしましょう。

また、デザインスキルのみでなく、コーディング・マーケティングなどの幅広い知識に加え、自己プロデュース力や営業力も必要です。
軸となるデザインスキルにさまざまなスキル・能力を掛け合わせることで、長期的に活躍できるフリーランスを目指しましょう。

フリーランスの活動を効率的に進めるなら「エイジレスフリーランス」へ、相談することをおすすめします。
IT業界に特化したエージェントが、ひとりひとりの希望に沿ったキャリア形成をサポートします。

アバター画像
執筆者
ライト らいと
工場勤務をしながらWeb制作のスキルを習得。約半年のフリーランス活動を経て、40歳・業界未経験でフィリピン・セブ島の開発会社にてエンジニア転職に成功。 現在は、コーディング業務のみでなく、前職での管理職経験を武器に現地コーダーのディレクション業務を担当している。 また、Webライターとしては、これまでの知識や経験を活かして、プログラミング・エンジニア転職などの記事を中心に執筆しています。