57歳で転職は難しい?パートや正社員の成功事例を多数紹介!

おいとま

★ライターさんへのフィードバック 記事執筆お疲れさまです! 57歳の転職事情について多角的にまとめていただきありがとうございます。 改善していただきたい箇所があるので、以下に記載のフィードバックをご確認のうえ、対応をお願いいたします! ・H2「57歳(50代後半)の転職体験談|成功事例・失敗事例」 要対応1件 以上になります。 よろしくお願いいたします。

しーそー

<メインKW> 57歳 転職 <サブKW> 57歳 転職 難しい <サジェストKW> 57歳 転職 女性 57歳 転職 パート 57歳 転職 ブログ 57歳 転職 年収 57歳 転職 男性 57歳 転職 正社員 <検索意図(仮説)> 以下を知りたい  57歳でも転職できるのか  57歳の転職事情  57歳の転職が難しい理由  57歳が転職を成功させるためのポイント <ペルソナ> ①転職を考えている57歳の会社員  現在の職場に限界を感じ転職をうっすらと考え始めている  57歳でも転職できるのか、転職が難しい理由、転職を成功させるポイントなどを知りたい ②企業探しや面接が思い通りに運ばない57歳の転職希望者  57歳で思い切って転職活動を始めたものの、なかなか成果が出ずに焦っている  企業が57歳の転職者をどう見ているか、転職活動を好転させるための心がけや行動を知りたい <最低文字数> 8,000

57歳で転職を考えている人の中には「57歳から転職できる職種ってあるの?」と思う人もいるでしょう。

この記事では、57歳での転職を成功させるポイントや成功事例などを解説しています。

この記事を読んで、57歳で転職するかどうかの参考にしてください。

57歳で転職を考えているなら、是非弊社エイジレスをご活用下さい。

エイジレスはIT業界が中心ですが、年齢不問の求人を多数保有しております。

もちろん利用は無料ですので、ぜひこちらから一度お申し込みください。

  • 【この記事を読んでわかること】
  • 57歳で転職する人は増加傾向にあるが求人数は少ないのが実情
  • 自身の考え方に固執して転職に失敗してしまうケースも
  • 過去の自分にこだわらず柔軟な考えで転職活動を進めるのがポイント
  • これまでの経験を活かせる未経験でも転職できる職種が多数

57歳でも転職は可能だが難しいのも事実|しっかり現実を見て行動を

しーそー

文字数:300〜400 57歳でも転職はできるが、年齢の壁は確実にあるので、現実を直視して転職活動に臨むことが大切であることを述べ、この後の具体的な解説を読みたくなるようにまとめてください。

57歳の人で、転職はもう難しいと考える人は、多いのではないでしょうか。

確かに57歳は高齢であり、年齢の壁はあるため、転職するのは難しいでしょう。

しかしながら、転職が不可能ではありません。

年齢の壁はあっても、現実を直視した上で転職活動に臨めば、転職は十分に可能です。

この記事では、57歳の人が転職を成功するために必要なポイントや、失敗しないための秘訣を解説しています。

57歳での転職が難しいとあきらめるのではなく、一歩前に踏み出して、自分を見つめ直すところからはじめてみましょう。

57歳(50代後半)の転職事情

しーそー

文字数:1,200〜1,500 57歳(50代代後半)の転職市場の動向やトレンドを、下記のような見出し3を3〜5つ設定して、公的機関や信頼できるメディア・大手企業のデータを使って解説願います。 このあとの解説と論理的な矛盾がないように注意してください。(こちらでは求人は少ないと言っているのに、別のところでは求人が多いと言っているなど) 見出し例  求人数は〇〇  転職理由は〇〇  転職で年収は〇〇  57歳の採用は〇〇重視 ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

57歳の転職は不可能ではありませんが、転職事情はどのようになっているのでしょうか。

ここでは、57歳の転職事情を以下4つの項目に分けて解説します。

  • 50代で転職する人は増加傾向にある
  • 50代の正規雇用の採用率は28.7%
  • 50代の転職活動期間は半年程度が最も多い
  • 57歳の求人は20代・30代に比べて少ない

それぞれみていきます。

50代で転職する人は増加傾向にある

50代で転職する人は増加傾向にあるのが、57歳の転職事情の一つです。

以下の表は、厚生労働省の「令和3年雇用動向調査結果の概要」結果からまとめた、中高年層の転職者の推移です。

45〜54歳(万人)55〜64歳(万人)総数(万人)
2016年5143307
2017年5042311
2018年5549329
2019年5751351
2020年5947319

この表の結果から、55〜64歳の転職者数は4万人増となっており、転職者数は増加傾向であることがわかります。

また、50代全体としても、転職者数が増加傾向です。

これらの結果から、50代後半の転職は、珍しくないといえるでしょう。

50代の正規雇用の採用率は28.7%

厚生労働省の調査結果から、50代の採用率は以下のとおりです。

  • 正規雇用:28.7%
  • 非正規雇用:24.5%

正規雇用としての採用率が最も高くなる世代は30代で、20代と40代はさほど採用率に違いは見られません。

正規雇用と非正規雇用の採用率を合わせると、約半数以上の人が採用されている結果になります。

50代の採用率が最も高まっているのは、従業員数60〜299人規模の企業で、非正規雇用での採用率が一番高いのは従業員数300人以上の企業となっています。

50代の転職活動期間は半年程度が最も多い

50代の転職活動期間は、半年程度がもっとも多い結果となっています。

次いで、3ヶ月程度・1〜2ヶ月程度が、転職活動として多い期間となっています。

この傾向から、57歳転職での活動期間は、半年程度を目安とすると良いでしょう。

ただ、年齢に関わらず、一般的に転職活動には3ヶ月から半年程度かかる傾向になります。

57歳の転職活動は、長期化する可能性があることも、転職活動をはじめる前に念頭におく必要があります。

このように、転職活動が長期化することを配慮したスケジュールを立てるようにすると良いでしょう。

57歳の求人は20代・30代に比べて少ない

57歳の求人は、20代・30代に比べて少ないのが56歳の転職事情の一つです。

20代・30代の人は、育成を見据えて採用されることが多いため、企業も求人を多く出す傾向があります。

一方で、57歳の人は、育成するのではなく即戦力を求めての採用が多く、求人が少ない傾向となっています。

即戦力の場合、採用する条件が厳しくなってしまうのが、求人が少なくなってしまう原因の一つです。

転職する人は増加傾向にあるが求人数は少ないのが実情

ここまで、57歳の転職事情をみてきました。

57歳の人で転職をする人は増加傾向にありますが、求人数が少ないのが実情です。

57歳の人は、即戦力での活躍が期待されるため、採用条件が厳しくなるのが理由の一つです。

次に、57歳の転職が難しい理由をみていきます。

57歳の転職が難しい3つの理由

しーそー

文字数:900〜1,200 企業が57歳の転職が難しい理由を3〜4つあげて、下記のような見出し3を設定して解説願います。 企業がそのような対応をとる理由やそれによって転職者にどのようなデメリットがあるかを交えてください。 見出し例  そもそも求人数が少ない  残り2〜3年で定年を迎えてしまうため企業が採用をためらう  転職者の希望と企業の条件提示にギャップがある  採用されても新しい環境にうまく適応できず力が発揮できない ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

57歳の転職事情は、転職する人は増加傾向ではあるが、求人数は少ないことがわかりました。

では、57歳の転職が難しいのには、どのような理由があるのでしょうか。

ここでは、転職が難しい理由を以下3点あげて解説します。

  • すぐに定年を迎えてしまうため企業が採用をためらう
  • 転職者の希望と企業の条件提示にギャップがある
  • 採用されても新しい環境にうまく適応できず力が発揮できない

それぞれみていきましょう。

すぐに定年を迎えてしまうため企業が採用をためらう

57歳の人は、すぐに定年を迎えてしまうために企業が採用をためらってしまうのが、転職が難しい理由の一つです。

すぐに定年を迎えてしまうため、採用してもその後すぐに退職してしまい、戦力にならないと思われてしまいます。

それであれば、すぐに定年を迎えてしまう人よりも、育成する価値のある20代・30代を採用した方がいいと思われるでしょう。

このような理由から、57歳の人は企業から採用をためらわれてしまい、転職が難しいです。

転職者の希望と企業の条件提示にギャップがある

転職者の希望と企業の条件提示にギャップが生まれてしまうのが、57歳で転職が難しい理由です。

転職理由は人それぞれですが、57歳の人はこれまで培ってきたキャリアから、求めるものが多くなり転職条件が厳しくなりがちです。

一方、企業は、57歳の人に対して即戦力を求める傾向が強いです。

即戦力となるためには、多くの経験や知識・スキルが必要となり、これら条件が揃った人材が求められます。

このように、転職者の希望と企業の条件提示が合わず、転職が難しくなっているのが実情です。

採用されても新しい環境にうまく適応できず力が発揮できない

57歳の転職が難しい理由の一つに、採用されても新しい環境にうまく適用できない、という理由があります。

一般的に転職すると、新しい環境に代わり人間関係も新しいものとなるケースが多いです。

しかしながら、57歳の人はこれまでのキャリアで得た経験から、自身のやり方に固執してしまいがちです。

仕事の進め方や考え方に固執してしまっていると、新しい環境にうまく適応できないでしょう。

新しい環境にうまく適応できないと、自身の力を発揮できず、企業からの評価が下がってしまいます。

この結果、自身の力を発揮できないままに、再就職をする羽目になる場合もあるでしょう。

自身の考え方に固執して転職に失敗してしまうケースも

ここまで57歳の転職が難しい理由をみてきました。

57歳の人は、これまでのキャリアで培った経験があるため、自身の考えを持って行動しがちです。

このような固執した考え方は、新しい環境へなじむための阻害要因となり、転職先での活躍ができなくなる原因となってしまいます。

新しい環境になじめず力が発揮できなければ、転職は失敗に終わってしまうでしょう。

次に、57歳が転職に失敗しないための心構えをみていきます。

57歳が転職に失敗しないための3つの心構え

しーそー

文字数:900〜1,200 57歳が転職に失敗しないために大切な心構えを3〜4つあげて、下記のような見出し3を設定して解説願います。 なぜその心構えが重要か、心構えがないとどのような失敗につながるかなどを交えてください。 見出し例  年収やポジションなどの条件にこだわりすぎない  プライドを捨て謙虚な姿勢で転職活動に取り組む  新たな職場環境や人間関係にみずから積極的に馴染もうとする ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

57歳の転職が厳しい理由をお伝えしてきましたが、転職を失敗しないためには、どのような心構えが必要なのでしょうか。

ここでは、57歳が転職を失敗しないための心構えを、以下3つ解説します。

  • 面接対策を十分に行う
  • 新たな職場環境や人間関係にみずから積極的になじもうとする
  • 年収やポジションなどの条件にこだわりすぎない

それぞれみていきましょう。

面接対策を十分に行う

57歳の人が転職に失敗しないためには、面接対策を十分に行うことが重要です。

57歳の転職では、企業からは即戦力としての活躍が期待されるため、どのようなスキルを持っているかが重要視されます。

面接では、自身の経験や知識・スキルをしっかりと面接官に伝えられるよう、事前に対策を行うことが重要です。

自身を振り返り、これまでのキャリアから得た経験や知識・スキルを整理しておきましょう。

ほかにも、前職の不満ばかり並べたり、企業のサービスを褒めすぎたりするのも控えるようにするのがポイントです。

自分の長所や経験が、転職先で活かせることをアピールするのが重要です。

新たな職場環境や人間関係にみずから積極的になじもうとする

新たな職場環境や人間環境にみずから積極的になじもうとするのが、57歳で転職を失敗しないポイントになります。

57歳の人はこれまでのキャリアから、自身の考え方や仕事の進め方が、ある程度確立できている人が多いです。

このような人は、転職先でも、今までのやり方を通そうとしてしまいがちです。

しかしながら、新しい環境では、今までのやり方が通用しない場合が多いでしょう。

今までのやり方が通用せず、新しい環境になじめなければ、即戦力として活躍するのが難しくなります。

このようなことにならないよう、今までのやり方に固執せず、新しい環境になじもうとすることが重要です。

人間関係も新しい関係になることが多いため、こだわりを捨てて積極的になじむようにすれば、新しい環境でも活躍ができるでしょう。

年収やポジションなどの条件にこだわりすぎない

57歳の転職で失敗しないために、年収やポジションなどの条件にこだわりすぎないことが重要です。

57歳の人は、これまでのキャリアで培ってきた、年収やポジションをキープしたままでの転職を望む人が多いです。

このような条件を満たす企業は少なく、転職が成功することはないでしょう。

自身の望む条件にこだわりすぎず、優先すべきことを1つだけ決めて、その条件で絞った企業を探すのがポイントです。

過去の自分にこだわらず柔軟な考えで転職活動を進めるのがポイント

ここまで、57歳が転職に失敗しないための心構えをみてきました。

57歳の人は、これまでのキャリアから得た経験から、自身の考え方や仕事の進め方に固執しがちです。

このように固執したままだと、転職活動がうまく進められません。

過去の自分にこだわることなく、柔軟に考えて転職活動を進めるのが、転職で失敗しないためのポイントです。

弊社エイジレスはIT業界中心ではありますが、もし転職することを検討されているのであれば一度、面談をして今後のプランを一緒に考えてみませんか?

エイジレスでは決して押し売りはせず、親身になって相談に乗らせて頂きます。ぜひ以下から無料登録してみてくださいね。

次に、57歳の転職体験談をみていきます。

57歳(50代後半)の転職体験談|成功事例・失敗事例

しーそー

文字数:900〜1,200 SNSやブログなどから57歳(難しい場合は50代後半)の転職の成功事例と失敗事例をいくつかピックアップし、下記のような見出し3を設定して紹介願います。 Xの貼り付けやブログのポイントの要約などに対して、簡単なコメントを加えてください。 見出し例  成功事例  失敗事例 ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

57歳の転職は、実際にどのようなものなのでしょうか。

ここでは、57歳の転職体験談を成功事例や失敗事例に分けて紹介します。

  • 【成功事例】世間をよく知るために転職を決意
  • 【成功事例】年収アップした上で転職に成功できた
  • 【失敗事例】書類選考で落とされるものがほとんど
  • 【失敗事例】資格があるからと転職して失敗した

それぞれみていきましょう。

おいとま

以下ためしに最初のひとつを確認したら、クリエイト転職に寄せられた声を引用していますよね?企業のサイトに載せられているものを、引用元の記載なしで載せるのはさすがに問題になる可能性があるので、引用元をすべて明記してください! ■【エイジレスメディア】レギュレーション 該当レギュレーション:R-1~R-3 https://docs.google.com/spreadsheets/d/1NTuwdCxlnjPuXp03E88WkPYBo-JRwmhX/edit?usp=sharing&ouid=100450982661676361664&rtpof=true&sd=true

sugger4

参考リンクを追加しました!

【成功事例】世間をよく知るために転職を決意

「このままの会社でサラリーマン生活を終えるのも1つの選択肢だったと思いますが、世間をよく知るために新しい会社でキャリアを積むのも良いかと思い、57歳で転職を決意しました。60歳を超えて働くためには何が必要なのか、やりたいことは何なのかを考えるきっかけとなりました。」

世間をよく知るために、という理由で転職をした57歳の男性で、転職が自身を見つめ直すよいきっかけになったようです。

【成功事例】年収アップした上で転職に成功できた

「会社の業績の悪さや残業時間の多さから、転職を考えるようになりました。57歳ということもあり不安が多い中での転職でしたが、結果的に年収もアップした上で転職に成功しました。少しでも多くの求人案件に応募しないとチャンスが減ってしまうため、興味のある案件であれば応募すべきです。」

57歳の転職で、結果的に年収もアップした上で、転職に成功した事例です。

この人のいうように、多くの求人案件へのチャレンジが、転職成功のカギとなります。

【失敗事例】書類選考で落とされるものがほとんど

「転職では本当に仕事が見つかるのか不安でした。何度も何度もハローワークに足を運び、ときには企業説明会などにも足を運びつつ、職務経歴書を書いては応募を繰り返しました。目的の企業に提出するのはいいですが、面接も受けられずに書類選考で落とされるのがほとんどで、50代の転職状況を思い知りました。」

書類選考に挑むも、落とされることばかりだったという失敗談です。

50代は、考え方が固執していて扱いづらい印象が強いため、書類選考で落とされてしまうケースが多いです。

【失敗事例】資格があるからと転職して失敗した

「看護師の資格があるから働き始めるのは余裕だと思っていたのですが、年齢的に病院勤務の求人がほとんどありませんでした。たまたま見つけた介護関係の医療施設で働き始めましたが、病院勤務に慣れてしまっていたせいか、なかなか仕事が続かず、結局退職してしまいました。」

看護師の資格があるからと介護関係の仕事を始めたが、うまくいかずに退職してしまった、という事例です。

資格があるからといっても、慣れない仕事は難しく、うまく活躍できない場合が多いです。

一歩を踏み出す勇気とともに慎重さが重要

ここまで、57歳の転職の体験談をみてきました。

転職に成功している人は、今の現状に満足せず一歩前に踏み出したことで転職を成功させています。

失敗してしまった人は、自分を過信してしまいうまく活躍できなかったという結果でした。

転職するかどうか悩まずに一歩踏み出しつつ、慎重に行動することが転職成功のカギです。

次に、57歳が未経験でも転職しやすい職種をみていきます。

【男女別】57歳が未経験でも転職しやすい職種とは

しーそー

文字数:700〜900 57歳が未経験からでも転職しやすい職種について、男女別に下記のような見出し3を設定して解説願います。 男女別にそれぞれ職種を3つあげて、箇条書きや表で職種の特徴や転職しやすい理由を簡単に説明してください。 見出し例  【男性】未経験でも転職しやすい職種3選  【女性】未経験でも転職しやすい職種3選 ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

57歳の転職体験談をみてきましたが、どのような職種が転職しやすいのでしょうか。

ここでは、57歳が未経験でも転職しやすい職種を、男女別に解説します。

  • 【男性】未経験でも転職しやすい職種3選
  • 【女性】未経験でも転職しやすい職種3選

それぞれみていきましょう。

【男性】未経験でも転職しやすい職種3選

未経験男性でも転職しやすい職種は以下のとおりです。

  • 警備員
  • 運送業
  • 営業職

それぞれ解説します。

警備員

警備員は平均年齢が高く働くために必要な資格がないため、未経験からでも始めやすい仕事の一つです。

企業側も即戦力を求めているため、未経験でも採用されやすいのがポイントです。

運送業

車の運転が好きな人や長時間の運転が苦にならない人は、タクシーやトラックドライバーなどの運送業がおすすめです。

トラックドライバーは、重い荷物を運ぶ場合もあるため、体力に自信がある人にも向いています。

営業職

営業職は、未経験でもはじめやすい代表的な仕事の一つです。

これまでに培ったキャリアから得た経験や知識・スキルの中に、コミュニケーションスキルがあればより活躍できるでしょう。

【女性】未経験でも転職しやすい職種3選

未経験女性でも転職しやすい職種は以下のとおりです。

  • 清掃業
  • 介護職
  • 営業職

それぞれ解説します。

清掃業

清掃業は、掃除が好きな人や単純作業が好きな人におすすめの職種です。

年齢を選ばずに募集しているため、57歳の未経験からでも始めやすい仕事でしょう。

一人での作業が多いため、コミュニケーションが苦手な人にもおすすめです。

介護職

介護職は常に人手不足が問題となっており、未経験でも採用されやすい職種の一つです。

少子高齢化が進む現代において、ますます需要が増しています。

特に、コミュニケーションが得意な人には、おすすめの職種です。

営業職

女性におすすめなのは、カウンターセールスと呼ばれる待機型の営業です。

保険・旅行代理店の窓口や携帯電話の店頭販売などの職種がこれにあたります。

これまでの人生経験を踏まえた提案力を発揮できれば、この職種での活躍ができるでしょう。

これまでの経験を活かせる未経験でも転職できる職種が多数

ここまで、未経験でも転職しやすい職種をみてきました。

これまでの経験が活かせる職種は多数あり、こだわりがなければ、未経験でも転職は可能でしょう。

次に、57歳が転職を成功させるためのアクションをみていきます。

57歳が転職を成功させるための3つのアクション

しーそー

文字数:900〜1,200 上の心構えに加えて、57歳の転職成功のために実際に取るべきアクションについて、下記のような見出し3を3〜4つ設定して解説願います。 「転職エージェントを活用する」は必ず入れて、ここでは一般的なシニア層に強い転職エージェントのメリットを述べて、次のエイジレスを紹介する見出しにつなげてください。 見出し例  長年培ったスキルや経験を高く評価してくれる企業を選ぶ  長年積み上げた人脈を活用する  シニア層の転職に強い転職エージェントを活用する ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

57歳で未経験でも転職できる職種があることがわかりました。

では、転職を成功させるためのアクションには、どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、57歳が転職を成功させるための、以下3つのアクションを解説します。

  • 長年培ったスキルや経験を高く評価してくれる企業を選ぶ
  • 長年積み上げた人脈を活用する
  • シニア層の転職に強い転職エージェントを活用する

それぞれみていきましょう。

長年培ったスキルや経験を高く評価してくれる企業を選ぶ

57歳の転職を成功させるためには、長年培ったスキルや経験を、高く評価してもらえる企業を選ぶのがポイントです。

57歳の人は、これまでのキャリアで培ったスキルや経験を豊富に持っている人が多いです。

しかしながら、自身の経験やスキルが発揮できる企業でなければ、うまく活躍ができないでしょう。

自身の経験やスキルを高く評価してくれる企業を選べば、その企業で活躍ができ、企業からの評価も上がります。

長年積み上げた人脈を活用する

長年積み上げた人脈を活用することは、57歳の転職を成功させるためのポイントです。

57歳の人は、これまでのキャリアからさまざまな人との付き合いがあり、人脈の広い人が多いです。

これまで付き合ってきた人には、さまざまな業界や職種に携わっている人が多いでしょう。

このような人脈を活用して、転職活動するのが、転職を成功するためのポイントです。

自身のことをわかっている知人であれば、自身にあった求人を紹介してもらえる可能性が高いでしょう。

シニア層の転職に強い転職エージェントを活用する

57歳の転職を成功させるために、シニア層の転職に強い転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントを活用できれば、自身にあった求人を多数紹介してもらえるでしょう。

あとで詳しく紹介させていただきますが、弊社エイジレスが運用している「エイジレスエージェント」と「エイジレスフリーランス」では、年齢不問の求人を多数扱っています。

57歳で転職が可能な求人も多数扱っているため、ぜひご活用ください。

転職を成功させるために転職エージェントの活用がおすすめ

ここまで、57歳で転職が成功させるためのアクションをみてきました。

57歳の人が転職を成功させるためには、転職エージェントの活用がおすすめです。

エイジレスなら50代後半の転職実績も豊富|お気軽にご相談を

しーそー

文字数:300〜400 ミドル・シニア層の転職に強みを持つエイジレスの特徴を紹介し、利用を促してください。

エイジレスでは、「エイジレスエージェント」と「エイジレスフリーランス」という2つの求人サービスを取り扱っています。

エイジレスエージェントのおすすめポイント

  • 年齢不問の求人のみを取り扱い
  • 大手企業との信頼関係があるため高い面談/内定率がある
  • 年収大幅アップでの内定実績多数

エイジレスフリーランスのおすすめポイント

  • 年齢不問の求人のみを取り扱い
  • 高単価案件が豊富、上流商流の案件しか取り扱っていない
  • 40代以上のベテランIT人材の大幅年収アップ事例多数

57歳でIT業界での転職を目指すのであれば、IT業界に詳しい求人エージェントへの相談がおすすめです。

弊社エイジレスであれば、転職・フリーランスどちらの支援もできるため、ぜひご活用ください。

まとめ|57歳の転職ではこだわりを捨て、柔軟な考えで臨むのがポイント

しーそー

文字数:300〜400 最初に、「この記事を通して、以下のことがわかりました。」と記載したあとに、『この記事を読んでわかること』の箇条書きを再掲願います。 そのあと、ポイントの要約と締めの文を記載してください。

今回は、57歳の転職に関することで、以下のことがわかりました。

  • 57歳で転職する人は増加傾向にあるが求人数は少ないのが実情 
  • 自身の考え方に固執して転職に失敗してしまうケースも 
  • 過去の自分にこだわらず柔軟な考えで転職活動を進めるのがポイント 
  • これまでの経験を活かせる未経験でも転職できる職種が多数 

57歳の転職は、転職人数が増加傾向にありますが、求人数が少ないのが実情です。

自身の考え方に固執して、転職に失敗してしまうケースもあるため、注意しましょう。

このため、過去の自分にこだわらず、柔軟な考えで転職活動を進めるのがポイントです。

57際の未経験でも転職できる職種は多数あり、求人を探すには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

弊社エイジレスが運用している「エイジレスエージェント」と「エイジレスフリーランス」では、57歳でもチャンスのある求人を多数掲載しているため、ぜひご活用ください。

アバター画像
執筆者
sugger4
独学でPHPを勉強し、Web業界へ。プログラマーを経てSE、管理職の道を歩む。転職を何度も経験しており、過去には大手企業への業務委託や自社サービスの運用、ゲーム開発にも携わった経験がある。現在は、管理職として複数プロジェクトの補佐を行いながら、過去の経験を活かし執筆活動も続けている。