フリーコンサルの単価例と高単価を目指すキャリアアップの秘訣

おいとま

★ライターさんへのフィードバック 記事執筆お疲れさまです! フリーコンサルの単価事情やキャリアアップ方法など、多角的にまとめていただきありがとうございます! 内容はとても充実していて良いのですが、2点だけ改善していただきたい箇所がありますので、以下に記載のフィードバックをご確認のうえ対応をお願いいたします! ※いずれも別記事でもフィードバックしている参考リンクブロックの対応です。 ・H2「フリーコンサル案件の単価の例」 要対応1件 ・H3「フリーコンサルがキャリアアップの年収アップに繋がる資格」 要対応1件 以上になります。 よろしくお願いいたします!

にし ちあき

(元々の記載) ”お願いしたいこと” 〜記事タイトルに関して〜 -KWDをタイトルの先頭付近に入れるようにしてください(できるだけ先頭に使用) -タイトルに同じKWDを複数入れないでください -執筆者が経験者や実務をやっている現役であることが伝わる文言を使用してください(先頭から20文字以内に使用) -タイトルは30文字以内に重要なキーワードを入れてください(30文字以降は…で省略される為) タイトルの付け方のポイントについては、こちら↓ を参考にしてみてください‼︎ https://docs.google.com/document/d/120McvUidVROpr4kjQSr-7VIpGCYjp4PzM3AoAkIOLw0/edit 〜内容に関して〜 -出来るだけ多くライターさん独自の知識や経験に基づいた内容を盛り込んで頂きたい。 (構成とずれる分にはOKです。ライター様ご自身の方が業界に詳しく正しい知識をたくさん持って いらっしゃると思うので積極的に構成や書く内容を変更して欲しいです。) -記事の中でエイジレスのメディアの他の記事に内部リンクが飛ばせそうな時はお願いします!   例1 〇〇エンジニアに必要とされるスキル というような小見出しの時は簡潔に内容をまとめて詳しい内容は それに特化した記事へリンクを貼る。   例2 文中に難解なIT用語が出てきたときは、 〇〇とは?というような記事のリンクを貼っておいて 分からない用語をGoogleで再度調べる必要がないようにしておく。 <メインKW> 発注の際のタイトルに同じ <サブKW> <ペルソナ&検索意図> ①フリーランスのコンサルタントに転身することを考えているサラリーマン ②フリーランスのコンサルタントとして実際に働いていて高単価な案件を獲得したいと考えている会社員 <文字数> 7000字程度 フリーコンサル案件の単価例(500〜1000字くらい) 視覚的に見やすいようにしてください! フリーコンサルの高単価案件を見つけられる方法〇つ(2000字くらい) 初めに○つ羅列して後からH3で深ぼる形にしてください! フリーコンサルへの転身前に必ずするべき準備(1000字程度) フリーコンサル転身後からキャリアアップを図る方法(1500字くらい) ・持っておきたいスキルを磨く(必要なスキル紹介)→内部リンクを飛ばしたいので簡潔に箇条書きで書いた後に、詳しくはこの記事!みたいな感じにするといい。 ・年収アップに繋がる勉強や資格(資格の名前と取得者の平均年収を並べて表にまとめて欲しい) ・経歴の話(何のキャリアが年収アップに貢献するか) などがあるかもしれません。他にアイデアがあれば追加お願いします。 まとめ(500字くらい) 転職ならエイジレス!!でプロモーション(300字くらい)

フリーコンサルの単価ってどれくらいなのでしょうか?

そして、高単価を目指すにはどうすれば良いのでしょうか?

この記事ではフリーランスのコンサルタントについて、単価例、高単価案件を見つける方法、フリーコンサルへの転身前に必ずするべき準備などについて解説します。

コンサル志望の方、フリーランスへチャレンジを考える方など、ぜひ参考にしてください。

  • 【この記事を読んでわかること】
  • シニアコンサルタントクラスでは、月収90万円〜130万円が相場
  • フリーコンサルが高単価案件を見つけるためには、得意分野・特価分野を重視すること、クライアントのニーズを深く理解することなどが重要
  • フリーコンサルへの転身前には、コンサルとしての専門性を整理し高めておくこと、リスクを把握し管理することなどが重要
  • フリーコンサル転身後からキャリアアップを図るための手段として、PMP、登録セキスペ、中小企業診断士などの資格取得がおすすめ
CTACTA

フリーコンサル案件の単価の例

フリーランスのコンサルタント単価はコンサル自身が持つ経験やスキル、ポジションなどのほか、プロジェクトの規模や期間など、さまざまな要因で単価は変わるため、一概に単価例を示すのは難しいです。

一つの調査結果として、「職位別のフリーランスコンサルタントの年収・月収相場」が分かるものがありましたので、ぜひご覧ください。

職位別のフリーランスコンサルタントの年収・月収相場(週5日稼働×12カ月の場合)

職種年収月収
中央値最小最大中央値最小最大
コンサルタント770万円550万円990万円70万円50万円90万円
シニアコンサルタント1210万円990万円1430万円110万円90万円130万円
マネージャー1705万円1430万円1980万円155万円130万円180万円
シニアマネージャー2365万円1980万円2750万円215万円180万円250万円
パートナー3575万円2750万円4400万円325万円250万円400万円

おいとま

別記事でもお願いていますが、参考リンクは参考リンクブロックの使用をお願いいたします! ■参考リンクブロックの挿入方法 ・WP入稿マニュアルのP21~23 https://docs.google.com/presentation/d/1LEtu8GEK1Y0HqXcTPSzPmMIQgtrDsfnWksb9tL0LKgA/edit#slide=id.g25b2866373e_0_30 ・【エイジレスメディア】レギュレーション_Ver1.2 R-1 https://docs.google.com/spreadsheets/d/1NTuwdCxlnjPuXp03E88WkPYBo-JRwmhX/edit?usp=sharing&ouid=100450982661676361664&rtpof=true&sd=true

にし ちあき

大変申し訳ありませんでした。別記事にていただいたご指摘を確認前の提出でした。 以降、失念しないように、しっかり対応いたします。

シニアコンサルタントクラスでは、月収90万円〜130万円が相場です。一方、マネージャークラスでは、月収130万円〜180万円が市場価格となります。

あくまでこの単価は一例です。ぜひあなたが希望する条件で案件を探してみてください。

ここまで、フリーコンサル案件の単価例についてみてきました。
次は、フリーコンサルの高単価案件を見つけられる方法を解説します。

フリーコンサルが高単価案件を見つけるための7つのポイント

フリーコンサル案件は、案件によって単価が異なります。高単価の案件が見つかれば嬉しいですが、なかなか見つからないのが現実です。

ここではフリーコンサルの高単価案件を見つけるためのポイントを7つ挙げてみました。参考になれば幸いです。

得意分野・特価分野を重視する

高単価案件を見つけるためには、あなたのスキルや経験に特化した分野を重視しましょう。自分が得意とする領域に集中することで、高単価の案件を見つける確率が高まります。

例えば、上流工程の経験が豊富な場合は上流工程を重視したコンサルとして、銀行システムに携わった経験が多い場合には銀行システムに特化したコンサルとして、それぞれ活動してみるのです。

そうすると、あなたの専門知識や経験を活かして、付加価値の高いサービスを提供することができるので、顧客にとって高単価でも発注したいコンサルになれます。

ネットワークを活用する

フリーコンサルの高単価案件は、公にされず特定のネットワークで流通することがあります。業界の関係者や過去のクライアントとのつながりを活かし、情報を収集しましょう。

そのようなネットワークを持たない人や、新しいつながりを作りたい人は、業界のイベントやネットワーキングの機会に積極的に参加することもおすすめです。

自身の専門知識や経験を活かし、オンラインコミュニティやブログなどで情報発信を行うことで、自身のプロフィールを高めることもできます。

ネットワークを広げる努力を惜しまず、様々な情報源からアイデアやビジネスチャンスを見つけましょう。

自己ブランディングを強化する

高単価案件を獲得するためには、あなた自身のブランド力が問われる場面が増えます。同じようなスキルと経験であれば、高単価であっても、クライアントがブランド力を感じるコンサルが選ばれるでしょう。

自己ブランディングを強化するには、あなたの経歴やスキルを明確に伝えるポートフォリオやウェブサイトを作成することをおすすめします。クライアントや雇用主に対して信頼性を高めることができます。

さらに自己ブランディングを強化するためには、定期的にブログやSNSで情報発信を行い、自分の専門領域における見識や知見を共有することも効果的です。

自己ブランディングを強化することにより、より多くの機会を創出し、フリーコンサルタントとして高単価の案件獲得の可能性を高めましょう。

専門知識を深める

高単価の案件には、高い専門知識が求められることがあります。自分の分野の最新のトレンドや技術を学び、専門知識を深めておくことが重要です。

新しいトレンドや技術を学ぶことで、自身の専門知識を更に向上させることができます。業界の最新動向についての情報を定期的に収集し、自分の分野での専門性を高める努力をしましょう。

交渉力を磨く

高単価の案件を獲得するためには、交渉力を磨くことも非常に重要です。報酬や契約条件についてだけでなく、あなた自身の価値を適切に主張し、交渉を行うことが求められます。

交渉力は、ビジネスにおいて成功を収めるために欠かせないスキルの一つです。交渉力が向上すれば、契約でより有利な条件を引き出すことができるだけではなく、自信を持ってビジネスを展開することができるようになるでしょう。

クライアントのニーズを深く理解する

高単価の案件を獲得するためには、クライアントのニーズを深く理解することが求められます。クライアントが求めている価値や成果をしっかりと把握し、それらに応えるための提案をすることで高単価が狙えます。

信頼できるアドバイザーに相談する

信頼できるアドバイザーを作り、相談することも高単価の案件を獲得するのに有益です。

アドバイザーを作るためには、求人サイトや転職エージェントに登録すると良いでしょう。これらのサービスでは担当のアドバイザーがつき、あなたのスキルや経験に合った案件を見つけてくれます。高単価案件を提供している企業やクライアントを紹介してくれることも期待できるでしょう。

また、フリーコンサルタントとしての成功を追求するためのさまざまな戦略を探ることもできます。

ここまで、フリーコンサルの高単価案件を見つけられる方法についてみてきました。
次は、フリーコンサルへの転身前に必ずするべき準備について解説します。

フリーコンサルへの転身前に必ずするべき準備

フリーコンサルに転身すると自由と裁量が大きくなる一方で、不確定要素やリスクが増えます。そのため、事前にしっかりと準備しておくことが望まれます。

コンサルタントがフリーになる前に必ずしておくべき準備をみてみましょう。

コンサルとしての専門性を整理し高めておく

フリーコンサルが提供するサービスは、あなたの専門性が大きく影響します。高単価の案件を獲得するためには、専門知識やスキルが求められるからです。フリーランスになればその傾向がより高まります。

まずは、コンサルタントとしての経験や知識を棚卸し、整理しましょう。そのうえで、得意な分野や特化した分野を見つけましょう。さらにどの分野で勝負をすべきか見極めて、スキルと経験を蓄えておくことが重要です。

クライアント・見込み顧客を確保しておく

フリーランスで最も苦労する活動の1つが集客です。組織に所属している間は、その組織の実績と看板を利用できますが、フリーになった後は、あなた自身の看板で勝負しなければなりません。

コンサルタントの案件はすぐに参画できるものは多くありません。面談やクライアントとの会議を通して採用が決まるため、時間がかかります。

サラリーマンとは違い、フリーランスで稼働していない時間は無給です。できるだけ避けたいものです。

そのため、独立する3ヶ月ほど前から知人やエージェントを通して、クライアントや見込み顧客を確保しておくことをおすすめします。

独立前からクライアントがいれば、フリーコンサルとして営業してすぐに売上を上げることができますし、見込み顧客がいれば、営業活動をしやすくなります。

仕事の見込みがない期間は、フリーランスにとって地獄のように感じるので、ぜひ実践してみてください。

稼働率とスケジュールを把握しておく

フリーコンサルにとって仕事があることはありがたいことですが、稼働率を適度に保つことも重要です。

稼働率とは、稼働できる時間のうちどれだけ案件に時間を費やしているのか表わす割合です。例えば、平日が20日ある月に案件で20日稼働する場合は稼働率100%となります。10日稼働する場合は稼働率50%、30日分稼働しなければいけない場合は稼働率150%です。

稼働率が50%だったとしても、単価や他の期間の稼働率次第では、問題ないかもしれません。1日の労働時間を8時間とする場合、稼働率150%であっても16時間働くことができる日があれば、問題ないかもしれません。

しかし、一般的に稼働率は低すぎても高すぎても良くないです。暇すぎると赤字になってしまいますし、忙しすぎると経理処理や事務処理などが取れなかったり、私生活を削る必要が出たりしてよくありません。

適切な稼働率は人それぞれです。フリーランスになる前の勤務状況を参考にし、まずは目標の稼働率を設定してみましょう。そして、案件の難易度や状況を考慮しつつ、適切な稼働率を把握することが重要です。

開業資金を準備する

コンサルタントは、仕入れや立替金が少ない職業なので経費があまりかからず、飲食店などの店舗を開業させることと比べれば、多くの自己資金を必要としません。

ただ、フリーになる前にクライアントや見込み顧客が確保できていない場合は、無報酬の期間を乗り越えられるだけの資金を準備しておくことが無難です。

また、コンサルはあまり経費がかからないと思っていても、パソコンや通信費用、税金の支払いなどで想定外の出費が発生するおそれがあります。

なんらかの給付金を申請する場合や、金融機関から融資を受ける場合には、自己資金力を審査されることがあります。

ぜひ、無理のない範囲で開業資金を準備しておきましょう。

経理・税金・保険の仕組みを理解する

フリーコンサルとして独立した場合、人を雇わない限り経理業務をあなた自身でこなす必要があります。日々の経理はもちろん、確定申告もあなた自身でおこなわなければなりません。

最近はクラウド型の会計ソフトがあるため、ぜひ活用することをおすすめします。会計ソフトを使うと、簿記などの知識が無くても、必要な経理業務ができます。会計業務以外に見積書や請求書などの作成ができるものも多いです。

トライアル期間を活用して、あなたが使いやすいものを選び、契約しておきましょう。

そのほか、税金や保険なども対応する必要があります。1人で活動する場合は、さほど複雑な処理は無いですが、それでも税金や保険の仕組みを理解しておくことが重要です。事業規模が大きくなったり、人を雇い始めたり、資金に余裕ができた場合には税理士に委託する方法もあります。ただし、開業前に仕組みを理解しておくことをおすすめします。

ところで、住宅や車などの購入はあるでしょうか?即金で支払える場合は問題ないですが、もしローンを考えているならば、フリーランスになる前に契約しておきましょう。サラリーマンでも転職直後はローンの審査に通りにくくなることがありますが、フリーランスになるとなかなか審査が通りません。ぜひ念頭に置いておきましょう。

リスクを把握し管理する

フリーコンサルとして独立することには、リスクもともないます。収入の不安定性やクライアントの変動など、さまざまなリスクに対して備える必要があります。事前にリスクを洗い出し、対策を立てておくことで、安心して活動することができるでしょう。

たとえば、複数のクライアントと契約を結ぶことでリスクを分散させることがおすすめです。特定のクライアントや案件にすべての収益を頼ってしまうとかなりリスクが高いです。何らかの理由で契約が打ち切られたら収益が途絶えてしまいます。

なお、扶養家族がいるなど、あなたの収入をあなた以外の人が頼りにしている場合、あなたがもし働けなくなったらどうしますか?稼働しないと収入は途絶えてしまいます。そんなリスクを軽減するために、就業不能保険への加入がお勧めです。万が一、病気やケガで働けなくなったときに、収入の減少をカバーしてくれます。ぜひ検討してください。

税務署に開業届を提出する

最も重要なことは、税務署へ開業届を出すのを忘れないようにすることです。個人事業主としてフリーランスコンサルタントになる場合は、事業開始から1か月以内に所轄の税務署へ開業届を提出します。

開業届の提出は無料です。記載事項も、氏名・住所・事業内容、必要ならば屋号くらいで、簡単に作成できます。

開業届が補助金などの前提条件になっているケースもあるので、必ず提出しましょう。

ここまで、フリーコンサルへの転身前に必ずするべき準備についてみてきました。 次は、フリーコンサル転身後からキャリアアップを図る方法を解説します。

フリーコンサル転身後からキャリアアップを図る方法

フリーコンサルタントに転身した後、キャリアアップを目指すためにはどのような方法があるのでしょうか?具体的にみてみましょう。

フリーコンサルがキャリアアップを図るために持っておきたいスキル

フリーコンサルタントにはさまざまなスキルや経験が求められます。例えば次のスキルは、必ず持っておきたいです。

  • 専門知識
  • コミュニケーション能力
  • プロジェクトマネジメント能力

専門知識

高単価の案件を獲得するためには、あなたの得意分野や専門知識を磨くことが不可欠です。

また、業界の最新のトレンドや技術について常に学び、自身のスキルセットを充実させましょう。

クライアントはコンサルに専門知識を求めているため、クライアントから信頼を得ることができます。

コミュニケーション能力

フリーコンサルタントとして働く上で、優れたコミュニケーション能力が重要です。クライアントとの円滑なコミュニケーションを図り、要件や課題を正確に把握する必要があります。

プロジェクトマネジメント能力

フリーコンサルの仕事はプロジェクトベースで進行します。プロジェクトマネージャとして参加していない場合でも、タスクの管理やスケジュールの調整、リソースの最適化などを効果的に行うことができます。

フリーコンサルがキャリアアップの年収アップに繋がる資格

フリーコンサルがキャリアアップするための手段として、資格取得を取るのも有益です。ただし、資格を持っているだけでは意味がありません。資格は目的ではなく、あくまでも手段です。

スキルや経験を証明するための手段として、ぜひ活用してください。

フリーコンサルのキャリアアップと年収アップは、努力と継続的な学びが求められます。あなたの目標を明確にし、着実にステップアップしていくことで、成功への道を切り拓いていきましょう。

フリーコンサルにとって有益な資格が多くありますが、ここではおすすめの資格を3つ紹介します。

おいとま

以下の資格それぞれの公式サイトを、各H4見出しの最後に参考リンクブロックを用いて追加願います!

にし ちあき

なるほど!たしかにその方が読者に優しいですね。 今後同様に対応いたします。ありがとうございます。

PMP

まずおすすめしたい資格はPMPです。PMP(Project Management Professional)はプロジェクトマネージャー向けの国際的な資格であり、幅広い業種や分野で認められています。

PMPを取得するためには、一定の条件を満たし、試験に合格する必要があります。PMP試験は、プロジェクトマネジメントの知識領域やプロセス、ツールとテクニック、プロジェクトライフサイクルなどに関する問題が出題されます。試験は複数の選択肢から正しい答えを選ぶ形式で行われます。

PMP資格を取得することで、プロジェクトマネジメントの専門知識やスキルを証明できます。PMPは、プロジェクトの計画・実行・監視、などのプロジェクトの各フェーズを効果的に管理できる能力を証明できます。

フリーコンサルとしての信頼性や専門性が高まり、キャリアの幅を広げることができます。また、PMP資格は国際的に認知されているため、海外での仕事やプロジェクトにも活かすことができます。

情報処理安全確保支援士

情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)もフリーコンサルにおすすめの資格です。この資格は、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が実施する試験に合格し、一定の検収をクリアすることで得られる国家資格です。情報セキュリティにおける知識やスキルを持つことを証明するものであり、高単価の案件獲得に繋がる可能性があります。

情報処理安全確保支援士には、情報セキュリティの専門家として、企業や組織の情報システムのセキュリティを確保するための支援が求められます。セキュリティ対策の計画立案や実施、リスク評価や脆弱性診断、セキュリティ意識向上など、ITセキュリティ全般に対して高度な専門性を持つことが証明可能です。

多くの企業は、情報セキュリティの重要性が高まる現代社会において、安全な情報システムを構築することを求めています。そのため、情報処理安全確保支援士の資格は、高い専門性と信頼性を持つフリーコンサルタントとしての価値を高めることができるでしょう。

中小企業診断士

中小企業診断士は経済産業省が所管する国家資格で、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家と位置付けられています。

中小企業に対する専門家とされますが、企業経営理論、財務・会計、経営情報システム、法務などコンサルとして身に着けておきたい知識と理論が詰まっており、フリーコンサルのキャリアアップや年収アップにつながる資格の一つです。

中小企業診断士の資格取得には、1年に1回開催される試験(1次試験と2次試験)の合格が必要になります。

資格取得までのハードルは高いですが、チャレンジしがいがある資格です。

フリーコンサルの望ましい実績と経歴

あなたが培ってきたこれまでの実績や経歴は、スキルや知識を証明する手段の1つになります。クライアントが求めるニーズや要件に対応できるということを、あなたの強みや専門分野に合わせてアピールすることが重要です。

フリーコンサルの望ましい実績

高単価の案件を受注し、クライアントから高い評価を得た経験があることが望ましいです。例えば、特定の業界で成功したプロジェクトを達成したり、売上や利益を大幅に向上させた実績を持っていたりすると良いでしょう。さらに、クライアントの顧客満足度を向上させたりするなど、具体的な成果物や効果を提供できることがあるとなお良いです。

フリーコンサルの望ましい経歴

フリーコンサルとしての経歴や職歴も重要です。例えば、大手企業でのマネージャー経験やコンサルティングファームでの勤務経験がある場合、それらの経験を強調すると良いでしょう。他の顧客からの信頼や推薦状を持っている場合は、それらをアピールしてあなたの信頼性や専門性を証明するのもよいでしょう。

まとめ|フリーコンサルに挑戦し高単価案件の獲得をめざそう!

この記事を通して、以下のことがわかりました。

  • シニアコンサルタントクラスでは、月収90万円〜130万円が相場
  • フリーコンサルが高単価案件を見つけるためには、得意分野・特価分野を重視すること、クライアントのニーズを深く理解することなどが重要
  • フリーコンサルへの転身前には、コンサルとしての専門性を整理し高めておくこと、リスクを把握し管理することなどが重要
  • フリーコンサル転身後からキャリアアップを図るための手段として、PMP、登録セキスペ、中小企業診断士などの資格取得がおすすめ

フリーコンサルタントになるまで高いハードルを感じる方もいるかもしれません。

決して簡単ではありませんが、高収入や高い裁量を求めるのであれば、ぜひフリーコンサルタントを目指してみてください。

あなたのチャレンジを応援しています!

フリーコンサルで高単価を探すならエイジレス!!

フリーランスのコンサルタントとして高単価を目指すあなたには、転職サイト「エイジレス」をおすすめします。

エイジレスは、IT系を中心にコンサルタント案件を数多く取り扱っていますので、スキルや経験を活かせる案件がきっと見つかるでしょう。

エイジレスでは、「エイジレスエージェント」「エイジレスフリーランス」2つのサービスを提供しており、ご希望に応じて使いわけ可能です。

エイジレスエージェントでは、大手企業との深い信頼関係があり、高い面談や内定率を誇っています。また、年収が大幅にアップする内定実績も多数あります。

エイジレスフリーランスは、発注元により近い案件に特化し、高単価の案件が豊富です。

まずはお気軽にご相談ください!

CTACTA

にし ちあき

[CV地点]の挿入、次回以降失念しないようにいたします。
執筆者
にし ちあき
銀行システムのSEやPM、監査法人でITアドバイザリを経験後、フリーランスのITアドバイザーとして活動しています。アセンブラからpythonまで。床を剥がしてネットワーク敷設から、お客様に代わっての報告まで。さまざまな立場と角度で、長年ITに関わっています。「ITは難しくない!」がモットーです。利用する人に喜ばれるシステムを提供することに喜びを感じます。趣味はネットと近所を散歩すること。