Pythonエンジニアは年収1,000万円以上も実現可能|必要なスキル・キャリアを解説

おいとま

★ライターさんへのフィードバック 記事執筆お疲れさまです! Pythonエンジニアの年収の高さや将来性など、詳細にまとめていただきありがとうございます。 根拠となるデータを示していただいているので、とてもわかりやすい内容に仕上がっていると思います。 一点、タイトルのみフィードバックを残しておりますので、対応をお願いいたします。 以上になります。 よろしくお願いいたします。

おいとま

タイトルをさらにキャッチ―なものに仕上げていただきたいです! たとえば1,000万円以上も狙える職種である点を強調し、需要や将来性について触れるなどです。 参考:タイトルの付け方|いい例・悪い例 https://docs.google.com/document/d/120McvUidVROpr4kjQSr-7VIpGCYjp4PzM3AoAkIOLw0/edit?usp=sharing

しーそー

<メインKW> Python エンジニア 年収 <サブKW> Python 年収 <サジェストKW> <検索意図(仮説)> 以下を知りたい  Pythonエンジニアの年収相場(正社員・フリーランス)  Pythonエンジニアの年収が高い理由  Pythonエンジニアの年収アップできるキャリアパス  Pythonエンジニアが年収アップするためのスキル・方法 <ペルソナ> ①年収アップを目指す現役のPythonエンジニア  今の会社の給料に不満があり、転職や独立で年収アップを目指している  Pythonエンジニアの年収相場、最高年収、年収アップできる職種や方法などを知りたい ②Pythonエンジニアへの就職・転職を考えている未経験者  Pythonという言語が高年収と知って、スキルを身につけてPythonエンジニアになることを考えている  Pythonエンジニアの年収相場、年収が高い理由、必要なスキルや経験などを知りたい <最低文字数> 8,000

「Pythonエンジニアへの就職・転職を考えている未経験者」「年収アップを目指す現役のPythonエンジニア」の皆様へ。

本記事では、Pythonエンジニアの年収事情と高収入を実現させる方法について解説します。

皆様にとって、Pythonエンジニアへのキャリアチェンジや年収アップを実現させる手助けになれば幸いです。

  • 【この記事を読んでわかること】
  • Pythonエンジニアの平均年収は、正社員:570万円・フリーランス:870万円
  • Pythonエンジニアの最高年収は、正社員:1,200万円・フリーランス:2,340万円
  • Pythonエンジニアからのキャリアアップは、AIエンジニアなどの専門スキルの習得、または上流工程を目指す
CTACTA

Pythonエンジニアの年収は高い|正社員とフリーランスの平均年収は?

しーそー

文字数:1,200〜1,500 大手転職サイトのデータなどをもとに、正社員とフリーランスの平均年収、およびほかの人気言語との比較について、下記のような見出し3を設定して解説願います。 平均年収では、全職種平均との比較や経験年数別の年収などの情報も交えてください。 参考: https://求人ボックス.com/Pythonエンジニア-正社員の仕事 https://freelance-start.com/jobs/skill-3 見出し例  正社員のPythonエンジニアの平均年収は〇〇〇万円  フリーランスのPythonエンジニアの平均年収は〇〇〇万円  ほかの人気言語と比較すると〇〇 ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

Pythonエンジニアの年収事情について、以下の3つの視点から解説します。

  • 正社員のPythonエンジニアの平均年収
  • フリーランスのPythonエンジニアの平均年収
  • ほかの人気言語との平均年収比較

それでは、一つ一つ見ていきましょう。

正社員のPythonエンジニアの平均年収は570万円

求人ボックスによると、正社員のPythonエンジニアの平均年収は570万円であることがわかりました。

国税庁の「令和4年分 民間給与実態統計調査」の結果では、日本人全体の平均年収は458万円であることから、一般的な職業と比べて高収入であると言えます。

また、年収分布が幅広く、1割弱の最上位層に入れば、年収1,000万円を狙えることもわかりました。

フリーランスのPythonエンジニアの平均年収は870万円

フリーランススタートによると、フリーランス案件の月額単価相場は、平均で72.5万円であることがわかりました。
年収で換算(=平均単価×12ヶ月)すると、870万円となります。

フリーランスの年収は870万円であることから、正社員の平均年収:570万円に比べて、300万円高くなる計算です。
また、年収1,000万円(月収83.5万円)を超える割合も、正社員:上位1割弱に対して、フリーランスは上位3割強であることがわかりました。

よって、年収1,000万円以上を目指すなら正社員で出世するよりも、フリーランスで独立することが有効だと言えるでしょう。

ほかの人気言語と比較すると、Pythonはもっとも高単価

フリーランススタートのデータをもとに、Python案件の単価相場を、Java・JavaScript・PHPの案件と比較しました。

まずは、「世界でもっとも使用されている言語」とよばれるJavaの月額単価相場を紹介します。

次に、フロントエンド開発でおもに使用されるJavaScriptの月額単価相場は、以下の通りです。

最後に、バックエンド開発でおもに使用されるPHPの月額単価相場を紹介します。

以上の結果から、各言語の平均単価と推定年収(平均単価×12)をPythonと比較しました。

言語平均単価推定年収Pythonとの年収比較
Python72.5万円870万円
Java64.5万円774万円− 96万円
JavaScript70.8万円849.6万円− 20.4万円
PHP67.9万円814.8万円− 55.2万円

ほかの人気言語と比較した結果、Pythonは単価水準が高い言語であることがわかりました。

続いては、​​正社員・フリーランスのPythonエンジニアが目指せる最高年収について解説します。

Pythonエンジニアが目指せる最高年収の目安は2,340万円

しーそー

文字数:600〜800 Pythonエンジニアの年収について、大手転職サイトで正社員とフリーランスの最高年収をリサーチし、下記のような見出し3を設定して紹介願います。 業務内容や必要なスキルも紹介し、高年収の理由の考察も交えてください。 見出し例  正社員のPythonエンジニアの最高年収は〇〇〇〇万円  フリーランスのPythonエンジニアの最高年収は〇〇〇〇万円 ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

​​Pythonエンジニアが目指せる最高年収について、正社員・フリーランスとを比較します。

そして、最高年収を実現するための業務内容や必要なスキルもあわせて紹介します。

正社員のPythonエンジニアの最高年収は1,200万円

求人ボックスに掲載されていた、正社員向けの高単価案件の特徴を紹介します。

Pythonエンジニア「テックリード候補」

  • 年収:700万円~1,200万円
  • 勤務地:東京都 中央区
  • 事業内容:家庭の電力使用量データを活用した分析プラットフォームの開発
  • 業務内容:プロジェクト全体のマネジメント・テックリード

そして、求められる経験は、以下の通りです。

  • Python での開発経験
  • Django などのフレームワーク / RDBMS を用いた Web アプリケーション開発経験
  • GitHub 等を利用したチーム開発経験
  • AWSの構築・運用経験
  • 技術選定およびその技術を利用したシステムの開発・運用経験
  • Web アプリケーション全体の設計・開発・運用経験
  • スケーラブルなアーキテクチャの設計・開発・運用経験
  • 大量データを加工・分析した経験
  • プロジェクトマネージャーの経験
  • フロントエンドの開発・運用経験

フリーランスのPythonエンジニアの最高年収は2,340万円

フリーランススタートに掲載されていた、フリーランス向けの高単価案件の特徴を紹介します。

生成AI×ライブ配信/新規アプリ開発(Python)

  • 年収:80〜195万円/月額 (想定年収: 960〜2,340万円)
  • 勤務地:東京都 中央区(銀座)
  • 事業内容:生成AI×ライブ配信アプリの開発
  • 業務内容:新規開発のため上流工程からプロジェクトに参画

※要件定義, 基本設計, 詳細設計, 実装, テスト, 運用・保守

そして、求められる経験は、以下の通りです。

  • Pythonの経験3年以上
  • 生成AIでの実装経験や知見
  • プロジェクトマネジメント経験
  • ライブ配信アプリの実装経験

正社員・フリーランスともに、開発におけるスキルや経験のみでなく、プロジェクトマネジメントなど上流工程を動かす能力や経験が求められることがわかりました。

次に、​​Pythonエンジニアの年収が高い理由を解説します。

Pythonエンジニアの年収はなぜ高い?4つの理由

しーそー

文字数:900〜1,200 Pythonエンジニアの年収が高い理由について、下記のような見出し3を3〜4つ設定して解説願います。 見出し例  幅広い分野で活用されており企業の需要が高い  特にAI・データ分析などの先進分野では高年収  Pythonの高度なスキルを持った人材はまだ少ない ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

Pythonエンジニアの年収が高い理由には、以下の4つが挙げられます。

  • 世界でもっとも使用されている言語のひとつである
  • 幅広い分野で活用されており企業の需要が高い
  • 特にAI・データ分析などの先進分野では高年収
  • Pythonの高度なスキルを持った人材はまだ少ない

それでは、一つ一つ見ていきましょう。

世界でもっとも使用されている言語のひとつである

Pythonは、Microsoft・Apple・Google・YouTube など多くの有名企業で利用されています。

そして、Stack Overflowの年次開発者調査によると、Pythonは世界で3番目に人気のあるプログラミング言語であることがわかりました。

Pythonスキルを身につけることで、日本企業のみでなく、海外の企業で働くチャンスが生まれます。

一般的に、日本企業よりも外資系企業の方が、年収水準が高い傾向にあります。
Pythonの高いスキルを活かして、外資系企業へのキャリアチェンジを実現することで年収アップを実現させましょう。

幅広い分野で活用されており企業の需要が高い

Pythonが使用されている代表的な分野は、以下の通りです。

  • Web開発
  • 人工知能(AI)
  • 機械学習
  • データ分析
  • ゲーム開発
  • 自然言語処理

そのため、Pythonエンジニアはさまざまな業界や企業で需要が高く、年収も比例して高くなりやすい傾向にあります。

特にAI・データ分析などの先進分野では高年収

AIやデータ分析などの先進分野は、近年急速なスピードで発展しています。
総務省の調査によると、AIの市場は今後も右肩上がりであることが分かりました。

そして、これらのデータ処理・解析・モデリングなどの処理には、おもにPythonが用いられています。

AI・データ分析の分野で企業が発展するためには、高度な専門知識・スキルを持つPythonエンジニアが必要不可欠です。

特にこれらの先進分野は、グローバル企業・大手企業が数多く参入していることから、エンジニアの年収も高くなることが期待できます。

Pythonの高度なスキルを持った人材はまだ少ない

Pythonは初学者にとって学びやすい言語と呼ばれており、初心者から上級者まで幅広く利用されています。
一方で、高度なスキルを持ったPythonエンジニアはまだまだ不足している傾向にあります。

「ライブラリなどの最新技術を習得し、豊富な実務経験を積んでいる」エンジニアは希少であり、需要に対して供給が追いついていない状況だと言えるでしょう。

次に、年収アップに役立つスキルや経験について紹介します。

Pythonエンジニアの年収アップに役立つスキルや経験

しーそー

文字数:900〜1,200 Pythonエンジニアの年収アップに役立つスキル・経験を3〜4つ挙げて、下記のような見出し3を設定して解説願います。 年収アップにつながる理由や習得のポイントも交えてください。 見出し例  関連言語や最新のフレームワーク・ライブラリの活用スキル  豊富な実務経験と開発実績  マネジメントや上流工程の経験 ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

Pythonエンジニアの年収アップに役立つスキル・経験は、以下の3つです。

  • 関連言語や最新のフレームワーク・ライブラリの活用スキル
  • 豊富な実務経験と開発実績
  • マネジメントや上流工程の経験

それでは、一つ一つ見ていきましょう。

関連言語や最新のフレームワーク・ライブラリの活用スキル

Python単体でも、多くの分野で使われる需要の高い言語です。
そして、Pythonのスキルに、他の言語や最新のフレームワーク・ライブラリの掛け合わせることで、さらなる年収アップが期待できます。

例えば、Webアプリケーション開発では、JavaScriptなどのフロントエンドのスキルを習得することで、以下のメリットがあります。

  • フロントエンドエンジニアとのコミュニケーションを円滑にできる
  • フロントエンド・バックエンドの両方を担当するフルスタックエンジニアとして活躍できる
  • 開発における幅広い知識を武器に、上流工程へのキャリアチェンジを狙える

そして、DjangoやFlaskのようなPythonフレームワークのスキルを習得するメリットは、以下の通りです。

  • サーバーとの連携・データの送受信など、開発に必要な機能があらかじめ用意されているため、開発効率を向上できる
  • フレームワークのスキルを同時に求められる案件も少なくないため、応募できる案件の幅が広がる

幅広いスキルを身につけることで、市場価値の高い人材を目指しましょう。

豊富な実務経験と開発実績

Pythonエンジニアの年収は、実務経験や開発実績によって大きく変わります。
よって、Pythonエンジニアで年収を上げるためには、プロジェクトで成果を出す・成果を効果的にアピールすることが重要です。

Pythonは、幅広い用途で使用されているため、自分の得意分野をつくることをおすすめします。
Webアプリケーション・AI・機械学習のシステム開発など、興味のある分野のプロジェクトに応募しましょう。

そして、開発した成果物や実績は、GitHubやポートフォリオサイトに公開することをおすすめします。

実務経験を通じて得たスキルや実績を効果的にアピールすることで、高単価案件の獲得を実現しましょう。

マネジメントや上流工程の経験

高年収のPythonエンジニアを目指すためには、コーディングスキルのみではなく、マネジメントや上流工程の経験が重要です。

それぞれの業務内容は、以下の通りです。

  • マネジメント:プロジェクトの進行管理やメンバーの指導・育成などを行う
  • 上流工程:要件定義や設計など、開発の前段階を担当する

マネジメントや上流工程の経験は、Python以外の言語や分野にも応用できる汎用的なスキルです。
Pythonエンジニアとしてだけでなく、ITエンジニアとしてのキャリアアップを目指しましょう。

続いては、さらに高年収を狙えるキャリアパスについて紹介します。

Pythonエンジニアからさらに高年収を狙えるキャリアパス

しーそー

文字数:1,200〜1,500 AIエンジニアがキャリアアップして高年収を狙えるキャリアパスを3〜4つあげて、下記のような見出し3を設定して解説願います。 各職種の特徴やPythonエンジニアからキャリアアップする方法などを交えてください。 また、求人ボックスのデータなどを参考に、各職種の平均年収も紹介願います。 見出し例  AIエンジニア|平均年収は〇〇〇万円  データサイエンティスト|平均年収は〇〇〇万円  プロジェクトマネージャー|平均年収は〇〇〇万円  ITコンサルタント|平均年収は〇〇〇万円 ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

Pythonエンジニアからさらに高年収を狙えるおすすめのキャリアパスとして、以下の4つの職種を紹介します。

  • AIエンジニア
  • データサイエンティスト
  • プロジェクトマネージャー
  • ITコンサルタント

それでは、一つ一つ見ていきましょう。

AIエンジニア|平均年収は598万円

求人ボックスによると、正社員のAIエンジニアの平均年収は、598万円であることがわかりました。

正社員のPythonエンジニアの平均年収:570万円に比べて、28万円高くなる計算です。

AIエンジニアは、AI(人工知能)の開発・システム構築を担当するエンジニアです。
Pythonのスキルに加えて、機械学習やディープラーニングなどの専門知識やスキルが求められます。

AIを実装するための高度なスキルや知識が求められることから、「最先端の技術を学び続けたい」人におすすめの職種です。

データサイエンティスト|平均年収は654万円

求人ボックスによると、正社員のデータサイエンティストの平均年収は、654万円であることがわかりました。

正社員のPythonエンジニアの平均年収:570万円に比べて、84万円高くなる計算です。

データサイエンティストとは、ビッグデータを分析し、ビジネスに活用できる情報を提供する専門家です。
Pythonやビッグデータのスキルに加えて、ビジネスの課題解決に必要な論理的思考力やコミュニケーション能力が求められます。

「Pythonやビッグデータの知識をビジネスに活かしたい」人におすすめの職種です。

プロジェクトマネージャー|平均年収は641万円

求人ボックスによると、正社員のプロジェクトマネージャーの平均年収は、641万円であることがわかりました。

正社員のPythonエンジニアの平均年収:570万円に比べて、71万円高くなる計算です。

プロジェクトマネージャーは、「プロジェクト全体の統括者」として、「プロジェクト全体の人員管理」や「プロジェクト全体の予算・利益の管理」などを担当します。

「経営に近いポジションに興味がある人」におすすめの職種です。

ITコンサルタント|平均年収は647万円

求人ボックスによると、正社員のITコンサルタントの平均年収は、647万円であることがわかりました。

正社員のPythonエンジニアの平均年収:570万円に比べて、77万円高くなる計算です。

ITコンサルタントとは、IT技術の活用で企業の課題を解決する職種です。

「ITを活用して事業を成長させる」「IT経営を実現・最適化する」ために、ITの幅広い知識のみでなく、コミュニケーション能力・課題解決力など高いビジネス能力が求められます。

「経営に興味がある」「コミュニケーション能力・課題解決力に自信がある」人におすすめです。

次に、Pythonエンジニアが年収アップするおすすめの方法を紹介します。

Pythonエンジニアが年収アップするための3つの方法

しーそー

文字数:900〜1,200 Pythonエンジニアが年収アップする方法について、下記のような見出し3を3〜4つ設定して解説願います。 フリーランスと転職は必ず入れて、次の見出しのエイジレスの紹介につなげてください。 見出し例  副業で本業以外の収入を得る  フリーランスとして独立し高単価案件を受託する  年収の高い企業に転職する ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

Pythonエンジニアが年収アップを実現させるおすすめの方法は、以下の3つです。

  • 副業で本業以外の収入を得る
  • 年収の高い企業に転職する
  • フリーランスとして独立し高単価案件を受託する

それでは、一つ一つ見ていきましょう。

副業で本業以外の収入を得る

Pythonスキルを活かして副業をすることが、挙げられます。
求人サイトなどで、週末のみの勤務・短時間勤務可能といった案件に応募してみましょう。

本業による安定した収入を軸に低リスクで挑戦できるうえに、働いた分だけ確実に収入を得ることが可能です。

ただ、「本業に支障が出るおそれがある」「家族との時間が取れなくなる」などの点に注意が必要です。

「転職・独立などのリスクを冒せない」「隙間時間を有効に活用したい」人は、副業から始めてみることをおすすめします。

年収の高い企業に転職する

「今の会社で働き続けても昇給が期待できない」人は、年収の高い企業への転職をおすすめします。

厚生労働省の「令和4年賃金構造基本統計調査」では、企業規模が大きくなれば年収の水準も高くなることがわかりました。

スキルや実務経験を積むことで、企業規模の大きな企業への転職を目指しましょう。
また、外資系企業に転職できれば、日系企業で働くよりもさらに高収入が期待できます。

24年2月3日時点で、代表的な外資系企業の平均年収の目安は、以下の通りです。

企業名平均年収年収の範囲
日本マイクロソフト株式会社1,255万円600~3200万円
グーグル合同会社(Google)1,078万円250~5,000万円
日本オラクル株式会社857万円300~2,000万円
アマゾンジャパン合同会社733万円110~3,000万円
Apple Japan合同会社632万円250~1,800万円
ライトハウス「日本マイクロソフト株式会社」
ライトハウス「グーグル合同会社(Google)」
ライトハウス「日本オラクル株式会社」
ライトハウス「アマゾンジャパン合同会社」
ライトハウス「Apple Japan合同会社」 より

平均年収の時点で1,000万円を超えている企業もあり、日系企業よりも給与水準が高いことがわかります。

日系企業と比べて「高い実績・成果が求められる」「英語を使用する機会が増える」点を押さえて、スキルアップに励みましょう。

フリーランスとして独立し高単価案件を受託する

フリーランススタートで高単価案件を調査したところ、フリーランスの最高値は月額約200万円であることがわかりました。

よって、フリーランスで高単価案件を獲得し続けることができれば、年収2,000万円以上も実現可能と言えるでしょう。

一方で、正社員の場合は、年収1,000万円を超えるためには、1割弱の最上位層に入らなければいけないことがわかりました。

「今の会社は上の世代が詰まっている」「今の会社では昇格の見込みがない」といった方は、フリーランスとして独立することも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

続いて、Pythonエンジニアの年収アップに有効なエイジレスのサービスを紹介させていただきます。

Pythonエンジニアの転職・独立はエイジレスにお任せください

しーそー

文字数:300〜400 ①エイジレスには転職者向けの「エイジレスエージェント」とフリーランス向けの「エイジレスフリーランス」の2つのサービス ②エイジレスの紹介  共通  ・年齢不問の求人のみ取り扱い  エイジレスエージェントのおすすめポイント  ・大手企業様と信頼関係があるから高い面談/内定率  ・年収大幅アップでの内定実績多数  エイジレスフリーランスのおすすめポイント  ・高単価案件が豊富、上流商流の案件しか取り扱っていない  ・40代以上のベテランIT人材の大幅年収アップ事例多数

エイジレスでは、転職者向けの「エイジレスエージェント」と、フリーランス向けの「エイジレスフリーランス」2つの求人サービスを取り扱っています。

COBOLの求人やフリーランス案件を多数取り揃えていることが大きな特徴です。
また、エイジレスでは、年齢不問の求人のみを取り扱っています。

エイジレスエージェントは、大手企業との深い信頼関係があり、高い面談/内定率が自慢です。年収大幅アップでの内定実績も多数あります。

エイジレスフリーランスは、商流の中でも上流の案件のみを取り扱い、高単価案件が豊富です。40代以上のベテランIT人材の年収大幅アップ実績も多数あります。

弊社「エイジレス」のサービスが取り扱う案件は、すべて年齢不問のため、年齢に不安がある人でも安心してご利用いただけます。

まずはお気軽にご相談ください!

CTACTA

まとめ|Pythonエンジニアは、高いスキルと実務経験で年収アップを目指そう!

しーそー

文字数:300〜400 最初に、「この記事を通して、以下のことがわかりました。」と記載したあとに、『この記事を読んでわかること』の箇条書きを再掲願います。 そのあと、ポイントの要約と締めの文を記載してください。

この記事では、以下の3つのことがわかりました。

  • Pythonエンジニアの平均年収は、正社員:570万円・フリーランス:870万円
  • Pythonエンジニアの最高年収は、正社員:1,200万円・フリーランス:2,340万円
  • Pythonエンジニアからのキャリアアップは、AIエンジニアなどの専門スキルの習得、または上流工程を目指す

Pythonエンジニアは、幅広い分野で活用され、需要が高いことから、高年収が期待できます。

一方で、Pythonに関する専門性の高いスキルや豊富な実務経験が必要です。

また、さらなる年収アップのためには、AIエンジニア・データサイエンティストなどの専門スキルの習得、PMやITコンサルタントなど上流工程へのキャリアチェンジが有効です。

高いスキルと実務経験を武器に、戦略的なキャリアパスを歩むことで、高年収を実現させましょう。

転職活動を効率的に進めるなら「エイジレスエージェント」へ、フリーランスの活動を効率的に進めるなら「エイジレスフリーランス」へ、相談することをおすすめします。
IT業界に特化したエージェントが、ひとりひとりの希望に沿ったキャリア形成をサポートします。

アバター画像
執筆者
ライト らいと
工場勤務をしながらWeb制作のスキルを習得。約半年のフリーランス活動を経て、40歳・業界未経験でフィリピン・セブ島の開発会社にてエンジニア転職に成功。 現在は、コーディング業務のみでなく、前職での管理職経験を武器に現地コーダーのディレクション業務を担当している。 また、Webライターとしては、これまでの知識や経験を活かして、プログラミング・エンジニア転職などの記事を中心に執筆しています。