JavaScript案件の獲得方法は?高単価案件の事例を紹介!

しーそー

<メインKW> Javascript 案件 <サブKW> <サジェストKW> <検索意図(仮説)> 以下を知りたい  JavaScriptのフリーランス案件の動向  JavaScriptのフリーランス案件の単価相場  JavaScriptのフリーランス案件事例  JavaScriptのフリーランス案件獲得に必要なスキル  JavaScriptのフリーランス案件獲得方法 <ペルソナ> ①フリーランスで働くJavaScriptエンジニア  現在の案件がもうすぐ終了するので次の案件を探している  JavaScriptの好条件の案件を見つけるため、案件内容や単価などを知りたい ②JavaScriptエンジニアとしての独立を考えている会社員エンジニア  現在の会社に不満があり得意なJavaScriptのエンジニアとして独立を考えている  フリーランスJavaScript案件の動向や案件数、単価相場、必要なスキルなどを知りたい ※①は求人サイトの案件情報を探しているため、②がメインターゲット <最低文字数> 8,000

JavaScript案件で活躍しているフリーランスのエンジニアの人の中には、「高単価な案件はあるの?」と思う人もいるでしょう。

この記事では、高単価なJavaScript案件の紹介や、高単価案件を獲得できる方法などを解説しています。

この記事を読んで、高単価なJavaScript案件を探す参考にしてください。

  • 【この記事を読んでわかること】
  • JavaScriptのフリーランス案件の需要は高い
  • 習得できればWeb開発をはじめとし、さまざまな分野で活躍できる
  • JavaScript案件の平均単価は81万円
  • フリーランスのJavaScript案件を獲得するためにエージェントの活用がおすすめ
CTACTA

JavaScriptのフリーランス案件の需要は高い

しーそー

文字数:300〜400 最初にJavaScriptのフリーランス案件の需要の高さについて解説をお願いします。 他の人気言語との比較などのデータをもとに、JavaScriptの需要の高さを示してください。 参考:https://freelance.levtech.jp/project/marketprice/

JavaScript(ジャバスクリプト)は、Webブラウザ上で動作するプログラミング言語で、Webページに動きをつけたり、ユーザーのアクションに応じたコンテンツを表示したりできます。

大手フリーランスの求人サイトであるレバテックにて、言語別の単価相場を調査した結果の中から、人気言語の単価相場を以下の表にまとめました。

言語単価相場(万円)
JavaScript71
PHP72
Java68
Python76
Ruby80

JavaScriptの単価相場は71万円となっており、ほかの人気言語と同等な単価相場となっています。

このことから、JavaScriptのフリーランス案件の需要は高いといえるでしょう。

JavaScriptとは

しーそー

文字数:700〜900 JavaScriptの基本情報について、下記のような見出し3を設定して、簡潔に解説願います。 見出し例  JavaScriptの特徴  JavaScriptエンジニアのおもな仕事内容 ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

JavaScriptのフリーランス案件の需要は、高いことがわかりました。

ここでは、JavaScriptのフリーランス案件をみていく前に、JavaScriptの基本情報を以下の2つの項目に分けて解説します。

  • JavaScriptの特徴
  • JavaScriptの仕事内容

それぞれみていきましょう。

JavaScriptの特徴

JavaScriptは、Webブラウザ上で動作するプログラミング言語ですが、おもに以下の特徴があります。

  • 動的型付け言語である
  • イベント駆動型の言語
  • クライアント上で動作するスクリプト言語
  • 非同期処理が得意
  • 豊富な標準ライブラリがある

JavaScriptの大きな特徴は、クライアント上で動作するスクリプト言語であることです。

サーバーとのやり取りを最小限に抑えることができますが、各クライアントに動作が依存してしまいます。

このため、クライアント側のスペックが低いと動作が遅くなってしまうため、この点を考慮した実装が必要となります。

JavaScriptの仕事内容

JavaScriptはさまざまな開発に活用できる言語ですが、おもに以下のような開発に活用されています。

  • Web開発
  • モバイルアプリケーション開発
  • ゲーム開発
  • デスクトップアプリケーション開発
  • API開発
  • テスト自動化

Web開発が一般的な仕事内容ですが、ほかにも、ゲーム開発やテスト自動化にも活用されています。

JavaScriptは、自身のアイデア次第で、さまざまな開発に活用できるでしょう。

クライアント依存でさまざまな分野で活用されている言語

ここまで、JavaScriptの特徴などをみてきました。

JavaScriptは、サーバーサイドで駆動する言語とは違い、クライアント依存で駆動するスクリプト言語です。

このため、クライアントへの依存があることを意識した実装が必要となります。

JavaScriptは、さまざまな開発に活用されている言語であり、習得できれば多種多様な分野で活躍ができるでしょう。

次に、JavaScript案件のおおまかな分類をみていきます。

JavaScriptは汎用性が高く案件の選択肢が広い|おもな種類

しーそー

文字数:1,200〜1,500 JavaScript案件を大きく分類して、下記のような見出し3を3〜4つ設定して解説願います。 それぞれの開発でJavaScriptがどう使われるか、どのようなフレームワークが使われるかなどを交えてください。 見出し例  フロント開発  バックエンド開発  モバイルアプリ開発  ゲーム開発 ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

JavaScriptは、さまざまな開発に利用されている、スクリプト言語であることがわかりました。

この言語は汎用性が高く、案件の選択肢が広いです。

では、どのような分野で活用されているのでしょうか。

ここでは、以下、4つの分野でどのようにJavaScriptが使われているかを解説します。

  • フロントエンド開発
  • バックエンド開発
  • モバイルアプリ開発
  • ゲーム開発

それぞれみていきましょう。

フロントエンド開発

フロントエンドでの開発は、JavaScriptが最も活用されている開発です。

JavaScriptは、Webサイト上でのユーザーインストラクションを向上させるために使用されます。

ページの一部をダイナミックに更新して、ユーザーがページをリロードしなくても新しいコンテンツを取得できるのが特徴的です。

フロントエンド開発では、Angular・React・Vueなどのフロントエンドフレームワークを活用して開発を行います。

このようなフレームワークを活用すれば、SPA(Single Page Application)の構築が可能です。

SPAとは、Webアプリケーションを、単一のページで構成する設計構造のことをいいます。

Webページを選択せずに、必要な部分だけを切り替えて表示ができます。

フレームワークを利用して簡単にSPAを構築できるのが、JavaScriptのフロントエンド開発の特徴です。

バックエンド開発

バックエンド開発では、Node.jsを活用して開発を行うことが多いです。

Node.jsは、JavaScriptをサーバーサイドで実行するためのランタイム環境であり、非同期イベント駆動の特性を持っています。

非同期処理では、複数の操作を同時に処理ができるため、パフォーマンスが向上します。

バックエンド開発では、Express.jsやKaa.jsなどのフレームワークを用いて開発を行うケースが多いです。

これらのフレームワークを活用できれば、簡単にRESTful APIを構築できます。

RestFul APIを活用すれば、クライアントとサーバーの、データ双方向通信が行えます。

バックエンドをJavaScriptで実装すれば、フロントエンドもJavaScriptで実装が可能であるため、同じ言語で統一された開発が可能です。

モバイルアプリ開発

JavaScriptは、モバイルアプリ開発も可能です。

モバイル開発アプリでは、React Nativeやlonic などのフレームワークを用いて、開発を行うことが多いです。

これらのフレームワークを利用すれば、JavaScriptやTypeScriptを使って、ネイティブモバイルアプリが開発できます。

React Native や lonic などのフレームワークは、クロスプラットフォーム開発に対応しています。

クロスプラットフォームとは、1つの開発言語で異なるプラットフォーム上で、同じ仕様のアプリケーションを動作させるプログラムです。

これらのフレームワークを活用して開発すれば、iOSとAndroidを同時に開発できる点がメリットです。

同時に開発ができる一方で、それぞれのOS特有の所作に対応できない部分がある点には、注意が必要でしょう。

ゲーム開発

JavaScriptでのゲーム開発は、おもにWebブラウザ上で動作するのが特徴です。

ゲームもブラウザ上でプレイができ、ユーザーは追加のソフトウェアをインストールせずに、簡単にゲームへアクセスができるのがメリットです。

ゲーム開発で利用するフレームワークには、PhaserやThree.jsなどがあります。

これらのフレームワークは、ゲーム開発に必要な多くの機能や抽象化を提供しています。

JavaScriptでゲーム開発を行えば、アニメーションや対話性の高い要素を簡単に実装できます。

ゲームのプレゼンテーションや、ユーザーの操作感が向上したアプリケーションを作成できるでしょう。

どの分野でも活躍できるJavaScript

ここまで、JavaScriptの汎用性をみてきました。

JavaScriptは多種多様な分野で活躍できる言語で、それぞれの分野で利便性の高いフレームワークが存在しています。

それぞれの特徴を理解してフレームワークを活用できれば、効率の良い開発を行うことができるでしょう。

次に、JavaScript案件の単価相場をみていきます。

JavaScript案件の単価相場

しーそー

文字数:800〜1,000 JavaScript案件の単価相場について、下記のような見出し3を設定して解説願います。 経験年数別の平均単価は含めてください。 参考:https://freelance-start.com/jobs/skill-8 見出し例  JavaScript案件の平均単価は〇〇万円|年収換算で〇〇〇万円  経験年数別の単価相場|5年以上なら年収換算で〇〇〇〇万円 ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

JavaScriptは、さまざまな分野で活用できるスクリプト言語であることがわかりました。

では、JavaScript案件の単価相場には、どのようになっているのでしょうか。

ここでは、JavaScript案件の単価相場を、フリーランス大手求人サイトの情報からみていきます。

サイトに掲載されている求人情報のうち、JavaScriptの案件を抽出して、以下の項目に分けて検証しました。

なお、執筆時点の情報であるために掲載時点とは異なる点、ご了承ください。

  • JavaScript案件の平均単価は81万円|年収換算で972万円
  • 経験年数別の単価相場|3年以上なら年収換算で900万円

それぞれみていきます。

JavaScript案件の平均単価は81万円|年収換算で972万円

フリーランス大手求人サイトのJavaScript案件をランダムにピックアップした求人から、平均単価と年収を算出しました。

ほかにも、人気言語も同様に平均単価と年収を算出して以下表にまとめました。

言語平均単価(万円)
JavaScript81
PHP80
Java66
Ruby80
Python81

この結果から、JavaScriptの平均単価は81万円で、これは年収換算すると972万円になります。

これは、ほか言語と比べての同等か、それ以上の平均年収単価であることがわかります。

経験年数別の単価相場|3年以上なら年収換算で900万円

大手フリーランスの求人サイトでまとめている、経験年数別の単価を以下の表にまとめました。

経験年数平均単価(万円)
未経験25
1年以上3年未満50
3年以上5年未満75

JavaScriptの未経験案件での単価は25万円程度ですが、経験年数が1年以上となると、求人募集の単価が50万円となる案件も存在します。

3年以上となると75万円の単価となる案件があり、これは、年収換算すると900万円ほどとなります。

このように、経験年数を重ねれば、高単価な求人案件を獲得できるでしょう。

高単価な案件が多数掲載されている

ここまで、JavaScript案件の単価相場をみてきました。

JavaScriptの案件は、未経験の場合は単価は高くありませんが、経験を積んでいけば高単価な案件を獲得できる可能性があるでしょう。

次に、JavaScriptの案件事例を紹介します。

JavaScriptの案件事例を紹介

しーそー

文字数:400〜500 JavaScriptの案件事例を、エイジレスフリーランスからいくつかピックアップして、内容や単価などを紹介願います。 似たような案件に偏らないようバリエーションを持たせてください。 エイジレスフリーランスで案件がない場合は、大手求人サイトを参考にしてください。

JavaScript案件の単価相場は、経験年数が増えれば、高単価な案件が多数あることがわかりました。

では、具体的にどんな案件事例があるのでしょうか。

ここでは、弊社が運用している「エイジレスフリーランス」から以下2件の案件事例を紹介します。

  • Webアプリ/開発ツール運用保守
  • 電子書籍サイト画面の機能追加

それぞれみていきましょう。

Webアプリ/開発ツール運用保守

項目説明
単価(万円)60
案件概要Webアプリ/開発ツール運用保守業務で、
開発エンジニアを募集中
詳細<業務範囲>
①Webアプリの保守・追加改修
②開発支援ツールの維持管理
③開発支援ツールの移行・運用対応
④その他付帯する作業

JavaScriptを用いた、Webアプリの開発ツール保守案件です。

業務範囲は、Webアプリの保守やツールの維持管理となっています。

電子書籍サイト画面の機能追加

項目説明
単価(万円)80
案件概要電子書籍サイト画面開発プロジェクトで、
フロントエンドエンジニアを募集中
詳細<業務範囲>
①設計
②コーディング・デバッグ
③テスト
④その他付帯する作業
<開発環境>
言語 JavaScript
フレームワーク React, Next.js
DB *
OS/クラウド

JavaScriptのフレームワークである、ReactやNext.jsを利用した、電子書籍サイト画面の機能追加案件です。

フレームワークの知識や経験があれば、このような高単価な案件を獲得できる可能性もあるでしょう。

フレームワークの経験があればより高単価な案件獲得も可能

ここまで、JavaScript案件事例を紹介してきました。

JavaScriptのフレームワークの経験があれば、より高単価な案件を獲得できるでしょう。

次に、JavaScript案件を獲得するために最低限必要なスキルをみていきます。

JavaScript案件を獲得するために最低限必要なスキル

しーそー

文字数:900〜1,200 JavaScriptのフリーランスエンジニアとして案件を獲得する際に最低限必要となるスキルについて、下記のような見出し3を3〜4つ設定して解説願います。 なぜそのスキルが最低限必要か、ないとどうなるかなどを交えてください。 見出し例  JavaScriptとHTMLやCSSなど周辺技術の知識  少なくとも1つのJavaScriptフレームワークやライブラリの活用スキル  チーム開発やバージョン管理のスキル ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

JavaScript案件を獲得するために、どのようなスキルが必要となるのでしょうか。

ここでは、最低限必要なおもなスキルを以下3つ、解説します。

  • 基本的なJavaScriptの理解
  • HTML/CSSの基礎知識
  • フロントエンドフレームワークの経験

それぞれみていきましょう。

基本的なJavaScriptの理解

JavaScriptの案件を獲得するためには、基本的なJavaScriptの理解が必要です。

JavaScriptの基本構文や、コアの概念を理解しましょう。

たとえば、変数・データ型・条件分岐・ループ・関数などへの理解が求められます。

HTML/CSSの基礎知識

HTML/CSSの基礎知識の理解が、JavaScript案件を獲得するために、最低限必要なスキルです。

Web開発において、JavaScriptは、HTMLとCSSとともに利用されることが多いです。

このため、JavaScriptを活用するために、HTML構造やCSSスタイリングの知識が必要とされます。

フロントエンドフレームワークの経験

フロントエンドフレームワークの経験が、JavaScript案件を獲得するために必要なことです。

JavaScriptの主要なフロントエンドフレームワークである、React・Angular・Vueなどのフレームワークの経験があるとよいでしょう。

フレームワークを活用できれば、モダンで効率的なフロントエンド開発が可能となります。

基本的な理解に加えてフレームワークの知識が必要

ここまで、JavaScript案件を獲得するために、最低限必要なスキルをみてきました。

JavaScript案件で活躍するためには、まずはJavaScriptの基本的な理解が必要です。

それに加え、HTML/CSSの基礎知識も理解しておく必要があるでしょう。

さらに、フロントエンドフレームワークの経験があるとなおよいです。

次に、JavaScriptの高単価案件を狙うなら身につけたいスキルをみていきます。

JavaScriptの高単価案件を狙うなら身につけたいスキル

しーそー

文字数:900〜1,200 JavaScriptのより高単価な案件を獲得するために役立つスキルについて、下記のような見出し3を3〜4つ設定して解説願います。 高単価案件につながる理由や、スキルがあるとどのような案件が狙えるかなどを交えてください。 見出し例  複数のフレームワークの深い知識・活用スキル  バックエンドも含めたフルスタック開発の能力  上流工程やリーダーの経験・スキル ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

JavaScript案件を獲得するためには、基本的な知識とフレームワークの習得が必要であることがわかりました。

では、高単価案件を狙うためには、どのようなスキルが必要なのでしょうか。

ここでは、JavaScriptの高単価案件を狙うために、身につけたい以下3つのおもなスキルを解説します。

  • フレームワークやライブラリの深い理解
  • パフォーマンスの最適化方法の取得
  • 上流工程やリーダーの経験やスキル

それぞれみていきましょう。

フレームワークやライブラリの深い理解

JavaScriptの高単価案件を狙うためには、フレームワークやライブラリの深い理解が必要です。

特に、React・Angular・Vueなどの、主要なフロントエンドフレームワークやライブラリに深い知識があるとよいでしょう。

これらのフレームワークを活用できれば、大規模で複雑なプロジェクトでも対応が可能です。

パフォーマンスの最適化方法の取得

パフォーマンスの最適化方法の取得は、JavaScriptで高単価案件を獲得するのに必要です。

フロントエンドおよびバックエンドのパフォーマンス最適化に関する知識が、企業から求められます。

たとえば、コードの効率化・リソースの最適利用・レンダリングの最適化など、パフォーマンス向上に関する対応ができることが重要です。

上流工程やリーダーの経験やスキル

JavaScriptの高単価案件を狙うためには、上流工程やリーダーの経験・スキルが必要となります。

上流工程の経験があれば、JavaScriptを用いたシステムでの設計が可能です。

さらに、リーダー経験があれば、JavaScriptでの開発チームのマネジメントも担当できるでしょう。

このような作業は、高単価な案件となるケースが多く、獲得できれば年収アップも狙える可能性があります。

JavaScriptへのより深い知識があれば高単価案件が狙える

ここまで、JavaScriptの高単価案件を狙うなら身につけたいスキルをみてきました。

高単価な案件を狙うためには、フレームワークやライブラリの深い理解が必要となります。

ほかにも、パフォーマンスの最適化方法の習得も重要です。

さらに、上流工程やリーダーの経験があれば、さらなる高単価案件が狙えるでしょう。

次に、フリーランスがJavaScript案件を獲得する方法をみていきます。

フリーランスがJavaScript案件を獲得する3つの方法

しーそー

文字数:900〜1,200 JavaScript案件を見つける方法について、下記のような見出し3を3〜4つ設定して解説願います。 フリーランスエージェントの活用は必ず入れて、エイジレスのプロモーションしてください。 見出し例  求人サイトやクラウドソーシングサイトで探す  人脈を介して案件情報を入手する  フリーランスエージェントを活用する|エイジレスフリーランスへ ※見出し例は参考です。例にこだわらず、読者が知りたい内容をご自身で考えてください。

JavaScriptの高単価案件を獲得するためには、JavaScriptへの深い理解が必要であることがわかりました。

では、フリーランスがJavaScript案件を獲得するためには、どのような方法が良いのでしょうか。

ここでは、JavaScript案件を獲得する以下3つの方法を解説します。

  • クラウドソーシングプロジェクトへの参加
  • 人脈を介して案件情報を入手する
  • フリーランスエージェントを活用する|エイジレスフリーランスへ

それぞれみていきましょう。

クラウドソーシングプロジェクトへの参加

フリーランスがJavaScript案件を獲得する方法で、クラウドソーシングプロジェクトへの参加があります。

クラウドソーシングプロジェクトに参加すれば、小規模なプロジェクトからスタートして実績を積めるでしょう。

さらに、この小規模なプロジェクトが、将来的な大規模プロジェクトの入り口になることもあります。

人脈を介して案件情報を入手する

人脈を介して案件情報を入手することは、フリーランスがJavaScript案件を獲得する方法の一つです。

リファラルと呼ばれる、人脈を介した案件情報の入手は、自身にとって有益な案件が多いです。

これは、知り合いからの案件紹介は、自身のことをよくわかった人からの案件紹介であるために、高単価となる案件が多い傾向があります。

このため、自身にあった案件を獲得できる可能性が高いでしょう。

フリーランスエージェントを活用する|エイジレスフリーランスへ

フリーランスがJavaScript案件を獲得する際、フリーランスエージェントを活用するのがおすすめです。

フリーランスエージェントは、自身にあった高単価な案件を見つけられる可能性があります。

弊社エイジレスが運用している「エイジレスフリーランス」では、年齢不問の高単価案件を多数掲載しています。

JavaScript案件も多数掲載しているため、ぜひご活用ください。

CTACTA

フリーランスのJavaScript案件を獲得するためにエージェントの活用がおすすめ

ここまで、フリーランスがJavaScript案件を獲得する方法をみてきました。

フリーランスがJavaScript案件を獲得するために、「エイジレスフリーランス」などのフリーランスエージェントの活用がおすすめです。

まとめ|JavaScriptを習得できれば開発のどの分野でも活躍ができる

しーそー

文字数:300〜400 最初に、「この記事を通して、以下のことがわかりました。」と記載したあとに、『この記事を読んでわかること』の箇条書きを再掲願います。 そのあと、ポイントの要約と締めの文を記載してください。

今回は、JavaScript案件に関することをみてきて、以下のことがわかりました。

  • JavaScriptのフリーランス案件の需要は高い 
  • 習得できればWeb開発をはじめとし、さまざまな分野で活躍できる
  • JavaScript案件の平均単価は81万円 
  • フリーランスのJavaScript案件を獲得するためにエージェントの活用がおすすめ 

JavaScriptのフリーランス案件の需要は高く、習得できれば開発のどの分野でも活躍ができます。

JavaScript案件の平均単価は81万円であり、高単価な案件では、年収が1,000万円を超える案件もあります。

これら高単価なフリーランスのJavaScript案件を獲得するためには、フリーランスエージェントの活用がおすすめです。

弊社エイジレスが運用している「エイジレスフリーランス」では、JavaScript案件を多数掲載しているため、ご活用ください。

アバター画像
執筆者
sugger4
独学でPHPを勉強し、Web業界へ。プログラマーを経てSE、管理職の道を歩む。転職を何度も経験しており、過去には大手企業への業務委託や自社サービスの運用、ゲーム開発にも携わった経験がある。現在は、管理職として複数プロジェクトの補佐を行いながら、過去の経験を活かし執筆活動も続けている。