躍動するSIer企業を一覧で紹介!売上や年収ランキングも必見!

SIerに就職したいと考えている人は非常に増えてきています。

DXが隆盛となっている現状、SIerはどんな会社がどんな活動をして売上を上げているのか、細かく知りたい人も多いです。

本記事ではSIerの主要プレイヤーを一覧で紹介し、各企業の強みや特徴をランキングなどの形式で浮き彫りにしていきます。

これからIT業界を志望している人はこの記事を活用し、業界の概観と各社の強みを把握するのがおすすめです。

また、採用されるか、しないかは、個人のスキルももちろんありますが、それだけではなく、面接や書類の書き方などテクニック的な部分も大きく影響します。

エイジレスでは面談時に各企業の面接傾向や、書類の傾向なども詳しくお答えしていますので、SIer企業への内定率を高めることが可能です!是非以下のボタンから転職サポートをさせてください!

  • 【この記事を読んでわかること】
  • SIerにはメーカー系、ユーザー系、独立系、外資系の4種類に分類される
  • 日立や富士通、野村総研、NTTデータ、大塚商会、アクセンチュアなど大手SIerはどこも著名でプレゼンスが高い
  • NTTデータは売上3兆円以上、野村総研は年収1,200万越えなど、スケールの大きい企業が勢ぞろい
  • 好きな製品やサービスがある人、安定的に成長したい人、野心がある人すべてSIerが受け皿となる

SIerとは

SIerとは” System Integrater”の略称で、システム開発の支援業務を請け負う会社を指します。

新しいシステムが欲しい一般企業などに対して、システムの設計や開発、運用保守のサポートを行うのがメインの業務です。

現代の企業ではシステムは不可欠であり、言い換えればSIerはどんな業種・サービスでも仕事を獲得できる業界横断的な販売チャネルを持つ稀有な業態です。

SIerは今後も業容拡大が見込まれる業種となっているため、新卒や第2新卒の人には特におすすめの業界となっています。

SIerは大きく4分類ある

SIerは、その企業の成り立ち方で大きく以下の4つに分類できます。

それぞれの特徴は下表のとおりです。

系統特徴
メーカー系メーカー系SIerは”親会社がメーカーのSIer”のことです。
もともと親会社のシステム部など1部門であった企業が独立・分社化し、元のメーカーを親として持つようになった企業がメーカー系と言われます。
メーカー系は親会社もSI事業を行っている場合があり、その点が特徴的です。
ユーザー系ユーザー系は”親会社が一般企業のSIer”を指します。
親会社のシステム部など1部門が独立・分社化した由来はメーカー系と同じですが、ユーザー系は親会社が一般企業なのが最大の相違点です。
ユーザー系の特徴は親会社と業務的なシナジーを創出しやすい点が挙げられます。
独立系メーカー系やユーザー系と異なり、SIerとして興された企業が独立系にあたります。
上記2つと対を成す概念として用いられる用語です。
独立系は、製品やサービスに縛られずにSI事業を行えるのが最大の特徴となっています。
外資系その名のとおり海外資本の企業にまつわるSIerで、外資系企業の日本法人がおもになっています。
日系と外資系に分類されるため、外資系の中にもメーカー系やユーザー系のSIerが存在している点は押さえておくべきです。
外資系のため本社との会議や製品仕様ドキュメントが英語であることが多く、海外志向のある人にとってはおすすめの業態となっています。

それぞれの特徴を押さえることで業界の解説などをしっかりと理解できるようになります。

続いてSIerの主要企業一覧を、上記分類にあてはめながらみていきましょう。

主要なSIer企業一覧|30社を一挙紹介

SIer業界で活躍している企業を、上場企業から外資BIG4系列まで30社取り上げて一覧にしています。

おもなプレイヤーの名前を認識するのに活用ください。

分類企業名売上高(単位:円)
独立系BIPROGY3,398億
外資系EYストラテジー・アンド・コンサルティング2兆850億(※)
独立系JBCCホールディングス581億
外資系KPMGコンサルティング1,387億(※)
ユーザー系NTTデータ3兆4,900億
外資系PwCコンサルティング約1,000億
外資系SAPジャパン4兆9,896億(※)
ユーザー系SCSK4,459億
独立系TIS5,084億
外資系アクセンチュア9兆2,400億(※)
独立系オービック894億
独立系サイバネットシステム199億
独立系テクマトリックス459億
外資系デロイト・トーマツ・コンサルティング3,129億(※)
独立系ビジネスエンジニアリング185億
ユーザー系みずほリサーチ&テクノロジーズ1,405億
独立系ユニアデックス1,383億
ユーザー系伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)5,709億
ユーザー系三菱総研1,221億
独立系大塚商会8,610億
ユーザー系電通国際情報サービス(ISID)1,290億
メーカー系都築電気1,238億
ユーザー系日鉄ソリューションズ(NSSOL)2,916億
外資系日本アイ・ビー・エム6,493億
外資系日本オラクル2,269億
外資系日本ヒューレット・パッカード2,181億
メーカー系日本電気(NEC)3兆3,113億
メーカー系日立製作所10兆8,811億
メーカー系富士通3兆7,137億
ユーザー系野村総研(NRI)6,921億
(※)外資系SIerで該当企業単独での売上を公表していない企業は日本法人全体、もしくはグループ全体の売上で記載

SIerといっても世界的に有名な企業から、日本に根を張り着実に拡大している企業もありさまざまです。

続いてそれぞれの分類での数字をランキングで見ていきましょう。

【分類別】SIer売上高ランキングTOP5

各分類でどんなSIerが隆盛を誇っているのか、売上から紐解いていきましょう。

  • メーカー系 | 第1位は日立製作所
  • ユーザー系 | 第1位はNTTデータ
  • 独立系 | 第1位は大塚商会
  • 外資系 | 第1位は日本IBM

各分野でつぶさに見ていきます。

メーカー系 | 第1位は日立製作所

メーカー系SIerの売上高ランキングは以下のとおりです。

順位企業名売上高出典
1位日立製作所10兆8,811億円有価証券報告書
2位富士通3兆7,137億円有価証券報告書
3位日本電気(NEC)3兆3,113億円有価証券報告書
4位富士通Japan5,560億円会社概要
5位日立システムズ5,062億円会社概要

日立製作所が圧倒的な売上で1位となりました。

SI分野のみならず重工業やエネルギーなどでも存在感を誇っており、総合力を見せつけた格好です。

ユーザー系 | 第1位はNTTデータ

続いてはユーザー系SIerの売上高ランキングです。

順位企業名売上高出典
1位NTTデータ3兆4,900億公式HP
2位野村総研(NRI)6,921億公式HP
3位伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)5,709億公式HP
4位SCSK4,459億23年3月期決算説明資料
5位日鉄ソリューションズ(NSSOL)2,916億公式HP

ユーザー系SIerでは、NTTを親会社に持つNTTデータがトップとなっています。

NTTの営業網を活用した日本全国へのネットワークに加え、近年は海外にも軸足を置いて活動範囲を広げている点が売上拡大の要因です。

独立系 | 第1位は大塚商会

独立系SIerの売上高ランキングは以下のとおりです。

順位企業名売上高出典
1位大塚商会8,610億有価証券報告書
2位TIS5,084億有価証券報告書
3位BIPROGY3,398億有価証券報告書
4位ユニアデックス1,383億公式HP
5位オービック894億有価証券報告書

オフィス系ECの”たのめーる”で有名な大塚商会が1位を飾りました。

”たのめーる”は、広告も打たれているので知名度は高いですが、SI事業の方が5,400億円と全体の60%以上の売上を占めており、独立系SIerとして確固たる地位を築いています。

外資系 | 第1位は日本IBM

最後は外資系の売上高ランキングをみていきましょう。

順位企業名売上高出典
1位日本アイ・ビー・エム6,493億公式HP
2位日本オラクル2,269億有価証券報告書
3位日本ヒューレット・パッカード2,181億PR TIMES
4位KPMGコンサルティング1,387億(※)PRO CARRER JAPAN
5位PwCコンサルティング約1,000億ダイヤモンドオンライン記事より概算
(※)KPMG Japan全体の売上を記載

外資系では日本IBMが売り上げトップとなりました。

サーバーなどのホストコンピューターから家庭用PCまで、広く電子機器を製造するメーカーのIBMですが、日本でもしっかりと盤石な地盤を作り上げている様子です。

以上、各分類ごとの売上高TOP5を紹介しました。

どのランキングでも上位の企業は知名度が高く、売上規模もかなり巨大です。

続いてはもっと気になるランキング、それぞれの分類の年収ランキングをみていきましょう。

【分類別】SIer年収ランキングTOP10

続いて、それぞれの分類でどれくらい年収を稼げるのか、ランキングTOP10の紹介です。

  • メーカー系 | 第1位は日立製作所 | 915万円
  • ユーザー系 | 第1位は野村総研 | 1,242万円
  • 独立系 | 第1位はオービック | 959万円
  • 外資系 | 第1位は日本オラクル | 1,126万円

詳しくみていきましょう。

メーカー系 | 第1位は日立製作所 | 915万円

メーカー系SIerの年収ランキングはどのようになっているか、TOP10の紹介です。

順位企業名年収(単位:円)出典
1位日立製作所915万有価証券報告書
2位富士通878万有価証券報告書
3位都築電気865万有価証券報告書
4位日本電気(NEC)842万有価証券報告書
5位富士通エフサス817万
6位日立システムズ812万
7位NECネッツエスアイ802万
8位日立ソリューションズ791万
9位NECソリューションイノベータ750万
10位東芝情報システム673万
”-”はOpenworkを参照

メーカー系は、売上高ランキングでも1位だった日立製作所が、唯一の900万円越えでこちらも首位をキープしました。

大手メーカーとして年収体系も充実しているのは非常に存在感があり、それを実現できる企業力がある点も魅力的です。

ユーザー系 | 第1位は野村総研 | 1,242万円

続いてはユーザー系のTOP10の紹介です。

順位企業名年収(単位:円)出典
1位野村総研(NRI)1,242万有価証券報告書
2位電通国際情報サービス(ISID)1,128万有価証券報告書
3位伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)1,028万有価証券報告書
4位三菱総研1,024万有価証券報告書
5位日鉄ソリューションズ(NSSOL)869万有価証券報告書
6位NTTデータ867万有価証券報告書
7位SCSK746万有価証券報告書
8位みずほリサーチ&テクノロジーズ676万
9位京セラコミュニケーションシステム(KCCS)604万
10位トヨタシステムズ575万
”-”はOpenworkを参照

ユーザー系の1位となったのは、野村総研で1,242万円でした。

ユーザー系では、平均年収が1,000万円を超える企業が4社あるのは注目ポイントです。

また、メーカー系トップの日立製作所と比較すると、野村総研は約1.35倍ほどの年収差となっています。

年収だけで考えるならば、ユーザー系はかなり好条件となりそうです。

独立系 | 第1位はオービック | 959万円

続いて独立系のSIer、平均年収ランキングを見ていきます。

順位企業名年収(単位:円)出典
1位オービック959万有価証券報告書
2位大塚商会856万有価証券報告書
3位JBCCホールディングス837万有価証券報告書
4位ビジネスエンジニアリング829万有価証券報告書
5位BIPROGY816万有価証券報告書
6位テクマトリックス786万有価証券報告書
7位TIS751万有価証券報告書
8位サイバネットシステム729万有価証券報告書
9位ユニアデックス576万
10位リンクレア480万
”-”はOpenworkを参照

独立系SIerの年収トップはオービックとなりました。

売上高だけを見れば、大塚商会の1/10ほどと大きな規模の違いがありますが、その大塚商会を押さえての1位となっているのは注目ポイントでしょう。

ビジネスモデルや収益構造にもよりますが、社員還元の意識が強く出ている点はひとつ特徴といえそうです。

外資系 | 第1位は日本オラクル | 1,126万円

最後に外資系SIerの年収ランキングを紹介します。

順位企業名年収(単位:円)出典
1位日本オラクル1,126万有価証券報告書
2位SAPジャパン1,099万
3位PwCコンサルティング951万
4位デロイト・トーマツ・コンサルティング942万
5位日本IBM916万
6位EYストラテジー・アンド・コンサルティング909万
7位KPMGコンサルティング900万
8位アクセンチュア866万
9位日本ヒューレット・パッカード821万
”-”はOpenworkを参照、外資系SIerは代表9社でランキング付け

外資系SIerでは日本オラクルが首位を獲得しました。

唯一の有価証券報告書公開企業であり、そのほかOpenworkから年収を引用した会社を含めても1位となっている点から高収入な会社だと分かります。

外資系といえば高給、そんなイメージがありそうですが、意外にも1,000万円越えは2社にとどまっており、ユーザー系SIerの方が高給企業が多いようです。

以上、各分類での年収ランキングを細かく見てきました。

続いてはそのなかでも人気の企業を紹介します。

人気のSIer企業10社の特徴や強みを紹介

SIerがたくさんあって、どの企業が自分に向いているのかわからない、そんな人も多いです。

この章ではSIerの中でも人気の高い以下10社の特徴や強みを紹介します。

  • メーカー系:日立製作所
  • メーカー系:富士通
  • メーカー系:日本電気(NEC)
  • ユーザー系:野村総研(NRI)
  • ユーザー系:NTTデータ
  • ユーザー系:電通国際情報サービス(ISID)
  • 独立系:大塚商会
  • 独立系:オービック
  • 外資系:日本オラクル
  • 外資系:アクセンチュア

順番に見ていきましょう。

メーカー系:日立製作所

まずはメーカー系から日立製作所です。

日立製作所は全社で10兆円と莫大な売上を稼いでおり、ここ数年は『Lumada』という大規模サービス群の展開に注力しています。

SI事業の売上は2.3兆円ほどで、単体で見ても国内トップクラスです。

また、日立はLumadaをベースとしてオール日立の組織横断的なサービス展開にも尽力しており、ほかの事業とのシナジーを生み出せる地盤が整っています。

スケールのある仕事をしたい場合、日立はその願望を叶えてくれるでしょう。

メーカー系:富士通

続いてもメーカー系から富士通です。

富士通も日立と同様、サービス群をパッケージした『Fujitsu Uvance』を筆頭に世界展開を推進しています。

富士通は機器メーカーとして世界的なプレゼンスを誇っているため、海外に機器製品も絡めたサービス提案をしたい人、システム開発を行いたい人にとってぴったりの企業です。

メーカー系:日本電気(NEC)

3つ目もメーカー系、NECの紹介です。

NECも日立や富士通と同様に、巨大なグローバルメーカーで、昨今では海外展開を強く推進しています。

NECは、携帯電話などのネットワークインフラとなる基地局関連機器に強みを持っているため、通信分野でのソリューション提案をしたい人などに向いている企業です。

ユーザー系:野村総研(NRI)

続いてはユーザー系、野村総研の紹介です。

野村総研は、ITコンサルティングにも強みを持っており、特に金融領域で多額の売上を計上しています。

銀行や証券など、金融系のITコンサルティングのスキルを伸ばしていきたい人にとって、ここ以上に向いている会社はないでしょう。

1,200万円を超える高年収も魅力的です。

ユーザー系:NTTデータ

続いてはNTTデータです。

ユーザー系で唯一3兆円越えの売上を誇る企業であり、SI事業単体の売上を見れば日本企業トップとなっています。

NTTの営業網を駆使した日本全国への営業に加え、近年はNTT Limitedなど海外企業を含めた組織改編を行うなど、世界への展開も加速させようとしているマンモス企業です。

安定感のあるユーザー系SIerとして右に出る企業はないでしょう。

ユーザー系:電通国際情報サービス(ISID)

続いてはISIDです。

大手広告代理店の電通を親会社に持つ企業であり、電通が抱える幅広い顧客へのSIサービス提供が可能となっています。

広告とSIは親和性も高く、近年は電通で獲得した顧客へタッグを組んでSI販売も実施中です。

広告業界に興味のある人はぜひ検討してみるとよいでしょう。

独立系:大塚商会

続いて7社目は大塚商会です。

独立系SIerとして巨額の売上を誇っており、たのめーるで知名度も高く人気も上がってきています。

ECに携わりたい人はもちろん、独立系の強みを活かしたさまざまな企業の製品やサービスを組み合わせたソリューション提案を行いたい人におすすめです。

独立系:オービック

続いては勘定奉行で耳なじみのあるオービックです。

厳密には奉行シリーズを取り扱っているのはOBCなため別会社ですが、特徴的なCMから社名を記憶している人の多い企業となっています。

ほかにもOBIC7などのERPソフトを展開するなど、自社製品の開発力をベースにSI事業に携わりたい人に向いている企業のひとつです。

外資系:日本オラクル

外資系の1社目は日本オラクルです。

オラクルといえば、データベースやアプリケーションサーバーのミドルウェアに非常に強みをもっており、エンジニアすべてが関わりをもつ企業といって過言ではないでしょう。

世界的にもOracle Databaseはシェアトップなため、データベース領域などでプレゼンスを武器に仕事をしたい人は日本オラクルを選ぶのが正解かもしれません。

外資系:アクセンチュア

最後はSI事業の世界的なトップ企業、アクセンチュアです。

グローバルで10兆円規模のビジネスを展開しており、世界中に拠点を持っています。

そのためスケールの大きい仕事ができるのは間違いなく、また社内のナレッジや事例も非常に多いため知見を深めるのにこれ以上の環境はないでしょう。

圧倒的なスケールを感じながら仕事を進めたい人はアクセンチュアを検討してみてください。

以上、SI事業を行う人気企業10社を紹介しました。

続いてはどんな人がSIerに向いているのかカテゴライズしてみましょう。

どんなSIerに向いている?分類別と規模別に解説

転職先としてどのSIerに行くべきか迷っている、そんな人は以下を参考に会社選びをしてみるのもよいでしょう。

  • 分類別
    • メーカー系SIerに向いている人
    • ユーザー系SIerに向いている人
    • 独立系SIerに向いている人
    • 外資系SIerに向いている人
  • 規模別
    • 大手SIerに向いている人
    • 小~中規模SIerに向いている人

それぞれ解説します。

分類別

メーカー系SIerに向いている人

まずメーカー系SIerに向いているのは”好きな製品がある人”です。

メーカー系SIerは、その名のとおり機器を製造している会社が含まれており、それをメインにサービスが展開されます。

逆に自社製品以外をサービスとして提供するのは原則不可です。

そのため、”この会社の製品が好き”や”この会社の考え方に共感できる”など、その会社そのものを選択する強い決め手が求められます。

昔からよく使っていて愛着がある製品や、ラインを武器に社会人としてSIを行っていきたい、そんな思いがある人にとってメーカー系SIerは非常に働き甲斐のある会社となるでしょう。

ユーザー系SIerに向いている人

ユーザー系SIerは、”その業界やサービスが好き”な人にとても向いています。

たとえばSCSKなら商社関連、ISIDなら広告関連などです。

大学時代に経営学を専攻していたなら、商社が展開するサービスに魅力を感じるかもしれませんし、広告研究会に携わっていたら広告代理店業務に大きな興味を抱くでしょう。

ユーザー系SIerの武器は親会社が手掛ける業務とのシナジーによる価値の増幅です。

自身の興味のある業務やサービスをITの力で広げていく、普及させる、そんなポイントに魅力を感じるならばユーザー系SIerは魅力的な選択肢となります。

独立系SIerに向いている人

独立系SIerには、”自由にソリューションを提案したい”人にこそおすすめです。

独立系はメーカー系の製品縛り、ユーザー系の業務縛りがなく、自由なソリューション提案が可能となります。

IBM社製のサーバーを買ってそこにLumadaを組み込み、iPadで社員が環境にアクセスできるようにするなど柔軟な構成も組めるでしょう。

自由なソリューションを組めるのは、言い換えれば”真に顧客に最適な提案ができる”ことにほかなりません。

予算や顧客の性質、業務をすべて踏まえたうえで顧客に寄り添った提案ができる、そこに魅力を感じる人は独立系のSIerで活躍できるでしょう。

外資系SIerに向いている人

外資系SIerには、”向上心旺盛な野心家”が向いています。

外資系SIerは、場合によっては本国の法人と接触する機会もあり、現地に駐在するプロジェクトなどにも参画可能です。

若いうちから外国人や海外企業の考え方や文化、組織を知りたい人にとってこれ以上ない環境となるでしょう。

外資系であれば、業務で用いるドキュメントや言語は英語が多くなるため、業務を通じて語学を学んでいけるのも自身の市場価値を高めてくれます。

日本企業のトップに外国人が据えられることはあれど、外資系企業のトップに日本人が据えられる例はあまりありません。

外資系SIerから外資系企業トップを目指す、そんな野心を持つ人は外資系SIerを選んでみてください。

規模別

大手SIerに向いている人

大手SIerに向いているのは、”着実に安定的に成長したい人”です。

大手SIerは上場企業も多く、セキュリティやコンプライアンスの意識が高いほか、ガバナンスもしっかりと効かせているため心理的安全性が高い状態で働けます。

また福利厚生が充実している企業も多く、しっかりと腰を据えて長期間働くことが可能です。

そのため自分がまだなにをやりたいか分からない人や、いろいろなプロジェクト経験を積んでから専門分野を見つけたい、そんな風に考える人は大手企業を選んだら間違いありません。

大手SIerであれば、基本情報などの資格取得の補助も充実している企業が多いです。

若いうちにじっくりと知識や経験を貯めつつ、幅広い仕事で経験を積んで成長したい人は大手を選ぶのがおすすめとなります。

小~中規模SIerに向いている人

”若いうちから裁量を持って働きたい”人は小~中規模のSIerも十分選択肢になりえます。

大手企業は安定感こそありますが、大きくなったゆえの弊害も多いです。

その最たる例が意思決定の遅さです。

なにかプロジェクトをやるにも、厳密な予算管理と数多くの部署の承認が必要であり、実際の検討段階からプロジェクトの開始まで数カ月空くこともザラにあります。

規模が巨大になれば関係者も増え、その中に変化を嫌う人が含まれていたらこのリードタイムはさらに伸びてしまうことでしょう。

小~中規模でも類似の悩みはありますが、それでもやりたいと思ったことを裁量を持ってスピーディに実施できるのは中小規模の強みです。

責任感を養いながら仕事にコミットしていく、そんなワークスタイルを好む人は小~中規模のSIerも検討してみてください。

以上、分類別・規模別で、どんな人にどんなSIerが向いているか紹介してきました。

かなりざっくりとしたカテゴライズなので参考程度となりますが、なんとなくでもイメージを持ってもらえたら幸いです。

次はSIerへの転職を考えている人に向けたサービスを紹介します。

SIerへの転職をお考えならエイジレスへ

SIerへの転職を考えている人は、ぜひエイジレスをご活用ください。

エイジレスでは、”エイジレスエージェント”と”エイジレスフリーランス”の2つのサービスを提供しています。

それぞれ多数の案件を取り揃えており、あなたの志向にあったものが見つかるはずです。

また、年齢を問わずチャレンジできる環境を整備するため、大手企業と確かな関係を築きながら多種多様なエンジニアをサポートする体制を整えています。

低単価の案件は取り扱わないポリシーのため、高収入・高単価案件の獲得が可能です。

今後どういったキャリアを考えているにせよ、多くの案件を見ておくことは確実にプラスにはたらきます。

自身のキャリアをしっかりと検討したい人、年収アップを狙いたい人は、ぜひエイジレスサービスの活用をご検討ください。

まとめ | SIerはバラエティ豊富、各社の特徴を捉えて自身とのマッチング度を測ろう

この記事をとおして、以下のことがわかりました。

  • SIerにはメーカー系、ユーザー系、独立系、外資系の4種類に分類される
  • 日立や富士通、野村総研、NTTデータ、大塚商会、アクセンチュアなど大手SIerはどこも著名でプレゼンスが高い
  • NTTデータは売上3兆円以上、野村総研は年収1,200万越えなど、スケールの大きい企業が勢ぞろい
  • 好きな製品やサービスがある人、安定的に成長したい人、野心がある人すべてSIerが受け皿となる

SI業界は続伸基調なため、今後も採用数や市場規模は拡大していくことでしょう。

その中で新たな独立系SIerが生まれたり、大手企業がユーザー系SIerを生み出すことも予想されます。

SIer業界は群雄割拠の時代に突入していきますが、そんな中でもしっかりと各社の特徴を見きわめ、自分に合った企業がどこかを選んでいくことが必要です。

数が多くてわからない、どの会社が自分に向いているのか見当もつかない、そうなったときはぜひエイジレスを頼ってください。

皆さんがよいSIerでのキャリアを築けるよう、精一杯サポートさせていただきます。

アバター画像
執筆者
shin_zo
大手銀行システム会社で9年のシステムエンジニア歴を経てITコンサルタントへ。2023年3月よりライター業をスタート。金融市場商品、特に外国為替予約(FX)とリーブオーダーに強み。IT領域では要件定義からリリース・保守まで各工程を一貫して経験。金融やITの記事を得意とし、株やETF、投資信託などの資産形成方法も楽しく勉強中。特技はドラム、趣味は愛猫と遊ぶこと。