SAPエンジニアの平均年収は610万円!年収をあげるためのスキルセット

SAPエンジニアとしてのキャリアを目指す方、または現在SAPエンジニアとして働いている方にとって、平均年収は重要な指標の一つです。

この記事では、SAPエンジニアの平均年収について詳しく解説し、さらに年収を向上させるために役立つ資格やスキルセットについても掘り下げていきます。

  • 【この記事を読んでわかること】
  • SAPエンジニアのおもな仕事内容は、システム導入とカスタマイズ、システム保守とアップデート、ユーザートレーニングとサポート、プロジェクト管理とコンサルティングなど
  • 年収アップのための戦略として、特定のSAPモジュールや業界に特化する、最新のSAP技術やトレンドに適応する、ビジネススキルとコンサルティング能力の強化
  • SAPエンジニアの年収が高い理由は、高度な専門知識の必要性、企業におけるSAPシステムの重要性、スキルと経験の市場価値の高さ
CTACTA

SAPエンジニアのおもな仕事内容

SAPエンジニアは、企業の情報システム部門やITコンサルティング会社で活躍する専門職です。

おもな仕事内容は、SAPソフトウェアの導入、カスタマイズ、保守、ユーザーサポートやプロジェクト管理とコンサルティングに関わる業務です。この章では、SAPエンジニアの仕事内容について解説します。

システム導入とカスタマイズ

SAPエンジニアの基本的な役割は、企業の特定のニーズに合わせてSAPシステムを導入し、カスタマイズすることです。

このプロセスは、まずクライアントのビジネスプロセスを詳細に分析することから始まります。

エンジニアは、企業の運営に最も適したSAPソリューションを特定し、その導入計画を立てます。この段階では、企業の現在のインフラストラクチャ、業務の流れ、および将来的な成長計画を考慮に入れることが重要です。

次に、システムのカスタマイズに移ります。特定の業務要件に合わせたカスタムモジュールの開発や、既存のシステムとの統合作業です。

システムの導入とカスタマイズというプロセスは、企業がSAPシステムを最大限に活用できるようにするため非常に重要です。

システム保守とアップデート

SAPシステムの導入後、維持と最適化はSAPエンジニアの重要な役割です。

システム保守には、定期的なパフォーマンスチェック、効率性の監視、そしてシステムの安定性を確保するための措置が含まれます。エンジニアは、システムのパフォーマンス監視を行い、問題が発生した場合には迅速にトラブルシューティングを行います。

また、ソフトウェアのアップデートやセキュリティパッチの適用も重要な業務であり、システムの安定稼働を保ち、セキュリティリスクを最小限に抑えることが可能です。

さらに、技術の進歩に伴い、新しい機能や改善が定期的にリリースされるため、これらのアップデートを適時に適用することも、システムの効率性と現代性を保つ上で不可欠です。

ユーザートレーニングとサポート

SAPシステムの成功は、エンドユーザーがシステムを適切に理解し、効率的に使用できるかどうかに大きく依存します。このため、SAPエンジニアはユーザートレーニングとサポートに重点を置いています。

トレーニングプログラムは、ユーザーがシステムの基本操作から高度な機能までを理解できるように設計されています。実践的なワークショップ、カスタマイズされたトレーニングセッション、オンラインチュートリアルなどです。

日常的なサポートでは、ユーザーからの問い合わせに対応し、問題解決を支援します。さらに、ユーザーからのフィードバックはシステムの改善に不可欠であり、エンジニアはこれらの意見を収集して将来のアップデートやカスタマイズの参考にします。

このように、ユーザートレーニングとサポートは、システムの効果的な利用と継続的な改善において中心的な役割を果たしているのです。

プロジェクト管理とコンサルティング

SAPエンジニアは、単に技術的な専門知識を提供するだけでなく、プロジェクトの管理とコンサルティングにも深く関与します。

プロジェクト管理の側面では、計画立案、進行状況の監視、リソースの割り当て、スケジュールの管理などが含まれます。プロジェクトの目標達成に向けてチームを率い、ステークホルダーとのコミュニケーションを担当することも役割のひとつです。

また、リスク管理や問題解決も重要な役割です。コンサルティングの面では、ビジネスプロセスの分析と最適化、新しい技術の導入に関するアドバイス、そして長期的な戦略計画の策定を行います。

SAPエンジニアは、クライアントのビジネス目標を理解し、達成するための最適なSAPソリューションを提案しなければなりません。このように、プロジェクト管理とコンサルティングは、SAPエンジニアにとって戦略的かつ重要な業務領域です。

この章ではSAPエンジニアの仕事内容について解説しました。次章では年収相場について探っていきましょう。

SAPエンジニアの年収相場

SAPエンジニアの年収は、日本の平均年収と比較して高い傾向にあり、その平均は約610万円です。この金額を月給に換算すると、およそ51万円になります。業界に入る新人エンジニアの初任給は、一般的に22万円程度とされています。雇用形態による違いも見られ、派遣社員の場合の平均時給は1,772円、アルバイトやパートでは1,125円です。

属性平均年収・時給
正社員610万円/年
派遣社員1,772円/時
アルバイト・パート1,125円/時

正社員の給料分布を詳しく見ると、最も一般的な年収の範囲は591万円から692万円です。この範囲に平均年収の610万円も含まれており、多くのSAPエンジニアがこの収入レベルに位置していることがわかります。

さらに、SAPエンジニアの正社員の給与幅は389万円から1,197万円と広範囲にわたり、勤務先や個人の経験、スキルセットによって年収に大きな差が生じることが見受けられます。

次章では、最高年収について見ていきましょう。

SAPエンジニアで狙える最高年収の目安は2,460万円

SAPエンジニアとしてのキャリアを積む中で、特にフリーランスとして活動する場合、年収の上限は大きく拡がります。フリーランスのSAPエンジニアが目指すことができる最高年収の目安は、約2,460万円とされています。この金額は、正社員として働く場合の平均年収と比較して大幅に高い水準です。

フリーランスとしてこのような高収入を得るためには、高度な専門知識と豊富な経験が必要です。SAPシステムは多くの企業で広く使われており、その導入やカスタマイズ、保守に関する専門的なスキルは高い需要があります。

ただし、フリーランスのエンジニアはプロジェクトベースで働くことが多く、その報酬はスキルや経験、プロジェクトの規模や難易度によって大きく変動する点に注意が必要です。

また、フリーランスとして成功するためには、単に技術的なスキルだけでなく、ビジネススキルも重要です。顧客との交渉、プロジェクト管理、自身のマーケティングなど、独立して業務を遂行するための多面的な能力が求められます。

以上のスキルを身につけ、適切なネットワーキングを行うことで、フリーランスのSAPエンジニアとして高収入を目指すことが可能になるでしょう。

次章ではSAPエンジニアの年収が高い理由について解説します。

SAPエンジニアの年収が高い3つの理由

SAPエンジニアの年収が高い理由としては、高度な専門知識の必要性、企業におけるSAPシステムの重要性、 スキルと経験の市場価値の高さが挙げられます。この章では3つの理由を見ていきましょう。

高度な専門知識の必要性

SAPシステムは、その複雑さと多機能性から、導入・カスタマイズ・保守といった各段階で深い技術的理解を要求されます。特に、大規模な統合システムを扱う際には、ビジネスプロセスの理解、システム設計、プログラミング、データベース管理など、多岐にわたる技術的知識が必要です。

このような知識は一般的なITスキル以上のものであり、特にSAP特有の機能やモジュールに関する専門性が求められます。

市場においてこのような高度な専門知識を持つ人材は限られており、その希少性が高い報酬を正当化しています。企業は、SAPシステムの導入や運用をスムーズに行うために、これらの専門知識を持つエンジニアを高く評価し、それに見合った報酬を提供しているのです。

企業におけるSAPシステムの重要性

SAPシステムが企業において担う役割の重要性は、SAPエンジニアの高い年収を支えるもう一つの要因です。

多くの企業では、SAPシステムが業務の中核をなし、効率化、データ管理、業務プロセスの最適化に不可欠な役割を果たしています。SAPシステムは、企業の日々の運営に直接影響を及ぼすため、その運用や改善には高度な技術力と専門知識が必要です。

企業がSAPシステムに依存する度合いが高いほど、効果的に管理し、必要に応じてカスタマイズやアップデートを行うエンジニアの価値は高まります。その結果、これらのエンジニアには高い年収が支払われることになります。

特に、システム障害やダウンタイムを最小限に抑え、ビジネスの継続性を保証することは、企業にとって極めて重要です。そのため、この能力を持つエンジニアは高く評価されます。

スキルと経験の市場価値の高さ

SAPエンジニアのスキルと経験の市場価値は、彼らの年収が高い理由の中でも特に重要な要素です。

複数のプロジェクトでの経験や特定の業界における専門知識を持つエンジニアは、より多くの機会と高い報酬を得ることができます。経験豊富なエンジニアは、複雑な問題を解決し、効率的なシステムの導入や運用を実現できるため、企業にとって非常に価値が高いです。

また、技術の進歩に伴い、新しいスキルを習得し続けることが求められます。SAPシステムは常に進化しており、最新の技術やトレンドに適応できるエンジニアは特に重宝されます。継続的な学習と経験の積み重ねによって、エンジニアは自身の市場価値を高め、それが高い年収につながるのでしょう。

上記の理由により、SAPエンジニアの年収は一般的に高い水準にあります。専門性の高さと市場での需要が、彼らの高収入を支える主要な要因となっています。

次章では年収をあげる方法について探っていきましょう。

SAPエンジニアが年収を上げる3つの方法

前章までに見た通り、SAPエンジニアが年収を上げるための方法は、その職種特有のスキルや市場の需要に基づいています。この章では、SAPエンジニアならではの年収アップの方法を3つ見ていきましょう。

特定のSAPモジュールや業界に特化する

SAPエンジニアが年収を上げるための効果的な方法の一つは、特定のSAPモジュールや特定業界に特化することです。

SAPシステムは、その広範囲にわたるモジュールで知られており、各モジュールは特定のビジネス機能やプロセスに対応しています。例えば、財務会計(FI)、資材管理(MM)、生産計画(PP)などのモジュールは、それぞれ独自の複雑さと専門知識が必要です。

SAPエンジニアがこれらのモジュールの一つまたは複数に深い知識を持つことで、その分野の専門家として市場での需要が高まります。また、特定の業界、例えば製造業や小売業に特化したSAPソリューションの知識を持つことも、高い報酬を得るための鍵です。

業界特有の要求やプロセスを理解し、それに合わせたSAPソリューションを提供できるエンジニアは、その専門性により高い評価を受けることができます。

最新のSAP技術やトレンドに適応する

SAPはその技術を継続的に進化させており、新しいソリューションや機能が定期的に導入されています。

例えば、SAP S/4HANAは次世代のビジネススイートです。従来のSAPシステムと比べ、高速で柔軟なデータ処理を提供します。また、SAP Fioriはユーザーエクスペリエンスを改善するためのモダンなインターフェースを提供します。

新しい技術を理解し、適応することで、エンジニアは市場での競争力を高められるでしょう。新しい技術への適応は、より大きなプロジェクトや高収入の機会を獲得するために重要です。特に、企業が最新のSAPソリューションへの移行を検討している場合、これらの技術に精通したエンジニアは非常に重宝されるでしょう。

ビジネススキルとコンサルティング能力の強化

ビジネススキルとコンサルティング能力の強化は、SAPエンジニアのキャリアにおいて非常に重要です。技術的なスキルだけでなく、これらの能力を持つことで、エンジニアは顧客のビジネスニーズを深く理解し、それに基づいて最適なSAPソリューションを提案できるようになります。

たとえば、私の知人であるMさんは、SAPエンジニアとしての技術的なスキルを持ちながら、ビジネスプロセスの理解を深めるためにMBAを取得しました。この学習経験を通じて、彼は顧客の要求に対してより効果的なソリューションを設計し、提供する能力を高めることができました。

また、Mさんは顧客とのコミュニケーション能力を高めるために、プレゼンテーション技術や交渉術のトレーニングにも参加。プロジェクトの要件を正確に把握し、期待を超える結果を提供することが可能になり、プロジェクトの成功に大きく貢献したため、高い報酬につながりました。

さらに、ビジネススキルの強化は、エンジニアがより戦略的な役割を担い、組織内でのリーダーシップを発揮するための基盤となります。Mさんの例からもわかるように、ビジネスと技術の両面でのスキルを兼ね備えたSAPエンジニアは、市場で非常に高い需要があるのです。

次章ではSAPエンジニアの今後の動向について解説します。

SAPエンジニアの年収は今後も上昇していく可能性が高い

SAPエンジニアの年収は、今後も上昇していく可能性が高いと考えられます。

その根拠として、まずSAPシステムの市場需要の増加が挙げられます。多くの企業がデジタルトランスフォーメーションを進める中で、効率的なビジネスプロセス管理を実現するSAPシステムへの依存度は高まっているのです。特に、SAP S/4HANAへの移行が進むにつれ、これらのシステムを導入・運用するための専門知識を持つエンジニアへの需要は増加すると予想されます。

加えて、SAPシステムはその複雑性から、専門的な知識と経験を持つエンジニアが不可欠です。このような専門性を持つエンジニアは市場に限られており、その希少性が年収の上昇につながります。

さらに、ビジネスのグローバル化に伴い、国際的なプロジェクトへの参加機会も増えています。国際的なプロジェクトでは、より高度なスキルと経験が求められるため、これに応えることができるエンジニアはより高い報酬を得ることが可能です。

これらの要因を総合すると、SAPエンジニアの市場価値は今後も高まり続けると予想され、それにともない年収も上昇する可能性が高いと考えられます。

次章では年収アップに役立つ資格について見ていきましょう。

SAPエンジニアの年収アップに役立つ資格3選

SAPエンジニアの年収アップとして、以下の3つの資格が有効でしょう。

  • SAP Certified Application Associate
    SAPアプリケーションの基本的な知識とスキルを証明します。おもにSAPの各アプリケーションモジュール(例えば、財務会計、資材管理など)に関する理解度を測るもので、SAPシステムの実務運用に関わるエンジニアに適しています。
  • SAP Certified Development Associate
    SAPソフトウェア開発に関する専門知識を証明するものです。SAPのカスタマイズや拡張、新規開発に関する技術的なスキルを評価し、開発者や技術コンサルタントに最適な資格です。
  • SAP Certified Technology Associate
    SAPの技術的な側面、特にシステム管理やデータベース管理に関する知識を証明します。SAPシステムのインフラストラクチャやデータベースの運用、保守に関わる技術者に適した資格です。

項目SAP Certified Application AssociateSAP Certified Development AssociateSAP Certified Technology Associate
実施時期年間を通じて年間を通じて年間を通じて
試験時間3時間3時間3時間
出題方式選択式多肢選択式多肢選択式
難易度中~高中~高中~高
前提資格なしなしなし
受験料217米ドル217米ドル217米ドル
目安勉強時間200~300時間200~300時間200~300時間
維持要件なし(※)なし(※)なし(※)
(※)新しいバージョンがリリースされると旧バージョンの資格は有効ではなくなるので、新しいリリースに対応した資格を取得する必要あり

上記の資格を取得することで、SAPエンジニアは自身の専門性をさらに高め、市場価値を向上させることができます。資格は、特定のSAPモジュールや技術領域における深い理解と実践的なスキルを証明するものです。これにより、エンジニアはより複雑で高度なプロジェクトに参加する機会を得ることができます。

また、これらの資格は、キャリアアップの道を開くだけでなく、企業内での昇進や高い報酬を得るための重要なステップとなり得るでしょう。

次章ではSAPエンジニアにおすすめの転職サイトを紹介します。

SAPエンジニアの年収アップはエイジレスにご相談ください

SAPエンジニアのキャリアと年収アップを目指すなら、転職サイト「エイジレス」をおすすめします!

エイジレスは、SAPエンジニア専門の転職支援を提供し、あなたのスキルと経験に最適な職場を見つけるお手伝いをします。私たちは、業界の最新トレンドや市場の需要を深く理解し、あなたのキャリアを次のレベルへと導くための豊富な情報とサポートを提供可能です。

また、個々のキャリア目標に合わせた求人の紹介だけでなく、履歴書や面接のアドバイスや年収交渉のサポートまで、一貫した転職サポートを行います。

SAPエンジニアとしてのあなたの価値を最大限に引き出し、理想の職場での成功を実現するために、エイジレスが全力でサポートします!

CTACTA

まとめ|SAPエンジニアとして専門的な知識をつけて年収アップに役立てよう!

この記事を通して、以下のことがわかりました。

  • SAPエンジニアのおもな仕事内容は、システム導入とカスタマイズ、システム保守とアップデート、ユーザートレーニングとサポート、プロジェクト管理とコンサルティングなど 
  • 年収アップのための戦略として、特定のSAPモジュールや業界に特化する、最新のSAP技術やトレンドに適応する、ビジネススキルとコンサルティング能力の強化 
  • SAPエンジニアの年収が高い理由は、高度な専門知識の必要性、企業におけるSAPシステムの重要性、スキルと経験の市場価値の高さ 

SAPエンジニアとしてのキャリアを成功させ、年収をアップさせるためには、専門的な知識とスキルの継続的な向上が不可欠です。

SAPの各アプリケーションモジュールや技術領域に関する深い理解を持つことは、市場価値を高め、より高度なプロジェクトへの参加や昇進、高い報酬を得るための鍵となります。

資格取得は、SAPの専門性を証明し、自己のスキルを客観的に示す有効な手段です。SAP Certified Application Associate、SAP Certified Development Associate、SAP Certified Technology Associateなどの資格は実務運用能力の向上にも寄与します。

SAPエンジニアとしての専門性を高め、市場での競争力を強化することで、年収アップにつなげましょう。

アバター画像
執筆者
飯嶋シロ
日経シンクタンクにてクラウドエンジニアとして従事。新規クラウド構築における設計をPMとして担当した。新技術をどのように設計にシステム更改で利用するかについて常に考えている。現在はフリーランスのライターとしてITや金融など幅広く情報を発信。趣味は一人旅と猫と一緒に寝ること。