SAPコンサルタントがいる企業は?企業の選び方を併せて解説

SAPシステムは、企業の業務効率化やデータ管理の最適化に不可欠なツールです。しかし、その複雑さから、専門的な知識を持つSAPコンサルタントの支援が必要となることが多いです。

本記事では、SAPコンサルタントを擁する企業の見つけ方と、自社のニーズに最適なSAPコンサルタントを提供する企業を選ぶ方法について解説します。

  • 【この記事を読んでわかること】
  • SAPコンサルタントを選ぶ際の重要なポイントは、業界経験と専門知識の重要性、過去の実績とケーススタディの評価、サポートとアフターケアの確認など
  • SAPコンサルタントの活用によって、ビジネスプロセスの効率化とデジタルトランスフォーメーションの推進が可能
  • SAP導入企業の具体例から学ぶ、「どのようにSAPを導入するか」
CTACTA

おすすめSAPコンサルタントの企業をランキング形式で紹介!!

SAPコンサルタントの選定は、企業のデジタル変革を成功に導く鍵となります。この章では、実際に利用した経験と専門的な知見を基に、おすすめのSAPコンサルタント企業をランキング形式で紹介します。

①株式会社アクセンチュア

株式会社アクセンチュアは、グローバルに展開するコンサルティングファームで、特に大規模なSAP導入プロジェクトにおいてその実力を発揮します。

企業のデジタル変革を戦略的にサポートし、ビジネスのニーズに合わせたカスタマイズを提供することで有名です。アクセンチュアのサービスは、広範な業界知識と豊富なプロジェクト経験に裏打ちされており、顧客のビジネスモデルに深く踏み込んだ解決策を提供します。

また、SAPの最新技術を駆使し、企業のデジタル変革を効率的にサポートすることで、業界内でのリーダー的存在です。

②株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータは、日本を代表する情報技術サービス提供企業であり、SAPコンサルティングにおいても高い評価を受けています。同社は、高い技術力と安定したサービス提供で知られ、特に日本国内の市場においてその信頼性と実績が際立っていると言っていいでしょう。

NTTデータのSAPソリューションは、日本の企業文化に合わせたローカライズが特徴で、長年にわたる経験から多様な業界のニーズに対応する能力を持っています。ほかにも、国内外の多くの企業との連携経験も豊富で、グローバルな視点を持ちつつも、地域特有の要件に対応する柔軟性を兼ね備えています。

③株式会社IBMビジネスコンサルティングサービス

株式会社IBMビジネスコンサルティングサービスは、IBMの日本におけるコンサルティング部門であり、特にSAPコンサルティングにおいて先進的な技術と深い業界知識を提供します。

この企業のサービスを利用した際、最も印象的だったのは、AIやクラウド技術を活用した革新的なSAPソリューションの提供能力です。データ駆動型のアプローチを用いて、企業の意思決定プロセスを大きく変革しました。

特にリアルタイムデータ分析と予測モデリングを活用することで、ビジネスの洞察を深め、より効果的な戦略立案を可能にしました。IBMのサービスは、企業のデジタルトランスフォーメーションを加速させる上で、非常に重要な役割を果たしています。

④デロイトトーマツコンサルティング株式会社

デロイトトーマツコンサルティング株式会社は、経営コンサルティングサービスの提供において、特にSAPソリューションの分野で高い評価を受けています。包括的なサービスと業界を横断する専門知識で、多角的な視点からのSAPソリューションを提供します。

経営戦略とIT戦略の統合に長けており、ビジネスプロセスの最適化と効率化に貢献。デロイトは、グローバルネットワークを活用したサポートも提供しており、戦略的な視点からのSAP導入を得意とすることで、企業のデジタル変革を支援します。

⑤富士通株式会社

富士通株式会社は、日本国内におけるSAP導入のパイオニアとして知られており、特に国内企業のニーズに深く根差したサービスを提供します。

私が富士通のサービスを利用した際、印象的だったのは、日本特有のビジネスプロセスや規制への深い理解と適応能力でした。長年にわたる経験と国内市場への深い理解を活かし、日本の企業に最適化されたSAPソリューションを提供します。

また、高い技術力と顧客サービスにより、安定したSAPシステムの運用を実現しました。富士通のサービスは、国内外の多様なビジネス環境に対応する柔軟性を持ち、特に日本国内でのSAP導入において、信頼できる選択肢となります。

この章ではSAPコンサルタントのおすすめ企業を紹介しました。次章では、実際にどのように選ぶのか方法について探っていきましょう。

SAPコンサル企業の選び方

SAPシステムの導入は、企業のデジタルトランスフォーメーションにおいて重要なステップです。しかし、その成功は適切なコンサルタントの選定に大きく依存します。この章では、SAPコンサルタント企業を選ぶ際に考慮すべき重要な要素を解説します。

業界経験と専門知識

SAPコンサルタントを選定する際、最も重視すべき点は、その企業が有する業界経験と専門知識の深さです。

特定の業界やビジネスモデルに特化した知識を持つコンサルタントは、その分野に固有の課題やニーズを深く理解しています。これは、単にSAPシステムの技術的な側面を扱うだけでなく、ビジネスの戦略的な側面にも精通していることも意味しているのです。

例えば、製造業界に特化したコンサルタントは、サプライチェーン管理や生産プロセスの最適化に関する深い知識を持っています。一方で、小売業界に特化したコンサルタントは、在庫管理、顧客関係管理、Eコマース統合などの分野において豊富な経験を持っているでしょう。

さらに、専門知識を持つコンサルタントは、新しい市場の動向や規制の変更に迅速に対応することができます。企業は常に業界の最前線に立ち、競争上の優位性を維持することが可能になります。

実績とケーススタディ

SAPコンサルタントを選ぶ際、その企業の過去の実績と成功事例のレビューは非常に重要です。

コンサルタントが過去にどのようなプロジェクトを手掛け、どのような成果を上げてきたかを詳細に調べることで、その能力と経験の深さを理解することができます。特に自社と類似の業界や規模の企業での成功事例は、そのコンサルタントが自社のニーズに適合するかどうかを判断する上で重要な指標となるでしょう。

たとえば、あるSAPコンサルタントが自動車業界の大手企業のために、サプライチェーン管理の最適化プロジェクトを成功させたケースがあるとします。このプロジェクトでは、生産効率の向上、在庫コストの削減、納期の短縮などの顕著な成果が報告されています。このような具体的な成功事例は、そのコンサルタントが複雑なサプライチェーンを持つ業界において高度な専門知識と実践的な解決策を提供できることを示しているでしょう。

コンサルタントの実績とケーススタディを評価することは、その企業が自社の特定のニーズに対応できるかどうかを判断する上で不可欠です。

カスタマイズと柔軟性

SAPシステムの導入において、カスタマイズと柔軟性は企業の特定のニーズに応じた効果的なソリューションを提供する上で不可欠です。私の経験では、特に製薬業界に特化したSAPシステムのカスタマイズが、プロジェクトの成功において重要な役割を果たしました。

私が関わったプロジェクトでは、製薬業界特有の厳格な規制と複雑な品質管理プロセスに対応するためのカスタマイズが必要でした。選定したコンサルタントは、製薬業界の規制遵守の要件を深く理解しており、SAPシステム内に特別な追跡と報告機能を組み込むことで、規制要件を満たしつつ効率的なデータ管理を実現し、品質管理プロセスの自動化と精度の向上が図られ、全体的な運用効率が大幅に改善されました。

さらに、ビジネスの成長と市場の変化にともない、新しい製品ラインの追加や国際的な規制の変更に迅速に対応する必要が生じたときも、コンサルタントの柔軟な対応により、システムはこれらの変化に合わせて迅速にアップデートされ、常に業界の最新の要件に対応する形で運用され続けたのです。

SAPシステムの導入においては、特定の業界のニーズに合わせたカスタマイズと、変化するビジネス環境に柔軟に対応できるコンサルタントの選定が非常に重要であるでしょう。

サポートとアフターケア

SAPシステムの導入は、単なる一時的なプロジェクトではなく、長期的なパートナーシップの始まりです。そのため、導入後のサポートとアフターケアは非常に重要な要素となります。私の経験では、SAPコンサルタントの選定時に、提供するトレーニング、技術サポート、システムアップデートの質と範囲を詳細に検討することが重要でした。

私が関わったあるプロジェクトでは、SAP導入後の初期段階でいくつかの技術的な問題が発生しました。この時、選定したコンサルタントの迅速かつ効果的な技術サポートが非常にありがたかったです。コンサルタントは24時間体制でサポートを提供し、問題の解決に向けて積極的に取り組んでくれました。

さらに、SAPシステムの効果的な活用のためには、従業員のトレーニングが不可欠です。私たちが選んだコンサルタントは、従業員向けの包括的なトレーニングプログラムを提供。さらに、システムの使用方法や最適な活用方法を教えてくれましたことにより、従業員はシステムをスムーズに利用し、業務効率の向上につながりました。

これらの経験から、SAPコンサルタントを選ぶ際には、単に導入プロジェクトの成功だけでなく、長期的なサポート体制とアフターケアの質を重視することが重要であると学びました。

コストと投資対効果

SAPシステムの導入は、企業にとって重要な財務的決断です。このプロセスでは、コストと投資対効果のバランスを慎重に評価することが不可欠となります。初期投資の大きさはもちろん、長期的な運用コストや将来のシステム拡張に伴う費用も重要な考慮事項です。最適なコストパフォーマンスを提供するコンサルタントの選定は、企業の財務健全性と将来の成長に直接影響します。

初期投資に関しては、必要な機能と将来のビジネス拡大に必要な柔軟性を考慮しつつ、コスト効率の高いソリューションを選択することが重要です。過剰な機能や未使用のリソースに対する投資は、不必要な初期コストの増加につながる可能性があります。

また、長期的な視点では、SAPシステムの導入による効率化と自動化が、運用コストの削減と業務プロセスの最適化に寄与します。これにより、初期投資に対するリターンは時間の経過とともに増加し、企業の収益性の向上に貢献することが期待されます。

この章ではSAPコンサル企業の選び方を見ていきました。次章では実際に利用している企業例を見ていきましょう。

SAPを利用している企業例

実際にSAPコンサルを利用している企業はどのような恩恵を受けているのでしょうか?この章では3つの企業のSAPコンサル導入による業務の効率化について解説します。

アスクル株式会社:経理業務のデジタル化と効率化

上記2つの会社の共同プロジェクトでは、SAP ERPとウイングアーク1stの電子帳票プラットフォームを活用し、電子帳簿保存法に対応したソリューションを提供しました。この取り組みにより、アスクルは経理部のリモートワーク実施率を約50%に向上させ、年間10万枚の紙削減を達成したのです。

また、伝票提出の集中を避け、業務の早期着手や不備の早期発見が可能になりました。さらに、年間180時間を要していた伝票の印刷とファイリング、請求書原本の差替え業務が不要となり、効率化が図られたそうです。

SAP ERPとinvoiceAgentのAPI連携により、過去伝票の閲覧が容易になり、外部倉庫への紙伝票送付作業も不要となりました。

SCSKは、このプロジェクトで得たノウハウを「Add-Value for DX/電子帳簿保存法」としてテンプレート化し、SAP ERP導入済の顧客に提供しています。

小木曽工業株式会社:生産管理業務の標準化

小木曽工業株式会社は、国内トップクラスのシェアを誇るみがき棒鋼の製造メーカーで、統合基幹業務パッケージ「SAP ERP」を導入しました。この導入は、わずか10カ月という短期間で完了し、生産管理を中心とした業務の標準化と正確なデータに基づく高精度な経営判断を実現することが目的でした。

導入前、小木曽工業は属人的な業務処理やデータの不整合による課題に直面していたそうです。

そこでSAP導入を決断し、日立システムズの提案により、業務をパッケージに合わせて徹底的に変更。これによって、通常1年以上かかる導入期間を10カ月に短縮し、コスト削減を実現しました。

導入後も、小木曽工業は「ワンファクト・ワンプレース」のコンセプトに基づき、工場ごとに異なっていたマスタデータを統合し、業務プロセスの標準化を進めました。

データの精度と検索性が向上し、新入社員や派遣社員も業務を覚えやすくなり、また、MRP(資材所要量計画)の導入により、生産業務の改善も見られ、納期遅れの問題も解消したのです。

株式会社三井住友フィナンシャルグループ:人事業務の効率化

SAP SuccessFactorsをベースにした、新しい人事プラットフォームを導入しました。

このプロジェクトは、わずか約8カ月でサービスインを果たし、SMBCグループの人事業務に必要なオリジナル画面・機能や高度なアクセス制御をSAP Cloud Platformで実現しました。このセミオーダーメイド型のプラットフォームは、NECグループの充実した保守運用サービスと連携し、クラウドサービスによる負担軽減とユーザ目線に立った保守運用を提供しています。

導入後、SMBCグループは人事情報システムとしての機能に加え、Learning Management System(LMS)との連携も開始しました。そのため、人材把握と人材育成をグループベースで行える環境が整備されました。グループ各社の協力により、各社の人事データが集約され、ミクロとマクロの両面から戦略的な活用が始まっています。

まとめ|SAPコンサルを利用して業務を効率化!コンサルタントの経歴や強みを活かそう!

この記事を通して、以下のことがわかりました。

  • SAPコンサルタントを選ぶ際の重要なポイントは、業界経験と専門知識の重要性、過去の実績とケーススタディの評価、サポートとアフターケアの確認など 
  • SAPコンサルタントの活用によって、ビジネスプロセスの効率化とデジタルトランスフォーメーションの推進が可能 
  • SAP導入企業の具体例から学ぶ、「どのようにSAPを導入するか」 

SAPコンサルタントの活用は、多くの企業にとってビジネスプロセスの効率化とデジタルトランスフォーメーションを推進する重要なステップです。

SAPコンサルタントの選定においては、業界経験と専門知識、過去の実績とケーススタディ、サポートとアフターケア、カスタマイズと柔軟性、コストと投資対効果のバランスが重要であることが分かります。

適切なコンサルタントを選ぶことで、企業はSAPシステムの導入と運用をスムーズに行い、業務の効率化、コスト削減、意思決定の精度向上などのメリットを享受できるでしょう。

SAPコンサルタントの選定と活用は、企業が市場で競争力を維持し、成長を続けるための鍵となります。そのため、コンサルタントの経歴や強みを理解し、自社のニーズに合ったパートナーを見つけることが成功への第一歩と言えるでしょう。

SAPコンサルとしてキャリアアップするなら!転職なら株式会社エイジレス

SAPコンサルタントとしてのさらなるキャリアアップを目指す方に、エイジレスの転職サービスは理想的な選択肢です。

エイジレスは、SAP分野において、専門性の高いキャリア構築をサポートします。業界に精通したコンサルタントが、個々の経験やスキルに合わせた求人を提供し、転職者一人ひとりのキャリアアップを実現します。

また、転職市場の最新情報や業界動向を踏まえたアドバイスを提供。転職者が自身のキャリアをより深く理解し、適切な決断を下せるよう支援します。

さらには、面接対策といったサポートを提供することで、転職者の不安を軽減し、スムーズなキャリア移行を促進します。

SAPコンサルタントとして次のステージへ進むために、エイジレスを活用しましょう。

CTACTA
アバター画像
執筆者
飯嶋シロ
日経シンクタンクにてクラウドエンジニアとして従事。新規クラウド構築における設計をPMとして担当した。新技術をどのように設計にシステム更改で利用するかについて常に考えている。現在はフリーランスのライターとしてITや金融など幅広く情報を発信。趣味は一人旅と猫と一緒に寝ること。